研究者
J-GLOBAL ID:201501050363995740   更新日: 2020年09月16日

藤井 雅留太

Fujii Garuda
所属機関・部署:
職名: 准教授
ホームページURL (1件): http://www.kankyo.shinshu-u.ac.jp/~garudalab/html/index.html
研究分野 (2件): 計算科学 ,  設計工学
研究キーワード (2件): メタデバイス ,  トポロジー最適化
競争的資金等の研究課題 (18件):
  • 2020 - 2025 CMA-ESによる非線形トポロジー最適化の開発と超弾性メカニカルクロークへの応用
  • 2018 - 2021 流体迷彩構造の設計を指向した非定常問題に対するトポロジー最適化の開発
  • 2017 - 2020 CMA-ESを用いたマルチフェーズトポロジー最適化法の開発と光デバイス応用
  • 2019 - 2020 熱伝導メタデバイスのテーラーメイドトポロジー最適化
  • 2016 - 2019 メタサーフェスを用いた新機能音響デバイスの最適設計法の開発
全件表示
論文 (33件):
  • Garuda Fujii, Youhei Akimoto. Cloaking a concentrator in thermal conduction via topology optimization. International Journal of Heat and Mass Transfer. 2020. 159. 120082-120082
  • Garuda Fujii, Youhei Akimoto. dc electric cloak concentrator via topology optimization. Physical Review E. 2020. 102. 3
  • Garuda Fujii, Youhei Akimoto. Optimizing the structural topology of bifunctional invisible cloak manipulating heat flux and direct current. Applied Physics Letters. 2019. 115. 17. 174101
  • Garuda Fujii, Youhei Akimoto. Topology-optimized thermal carpet cloak expressed by an immersed-boundary level-set method via a covariance matrix adaptation evolution strategy. International Journal of Heat and Mass Transfer. 2019. 137. 1312-1322
  • Garuda Fujii, Youhei Akimoto. DC carpet cloak designed by topology optimization based on covariance matrix adaptation evolution strategy. Optics Letters. 2019. 44. 8. 2057-2060
もっと見る
講演・口頭発表等 (25件):
  • CMA-ES Based Topology Optimization for Thermal-Electrical Bifunctional Devices
    (The 42nd PIERS, Session 4A10b, SC2: Recent Advances in Thermal Meta-devices, Swiss Grand Xiamen, China 17-20 December 2019 2019)
  • CMA-ESを用いたトポロジー最適化によるクローク・カムフラージュ・イリュージョン
    (日本応用数理学会研究部会「数理設計」第21回研究集会, 愛知県立大学サテライトキャンパス(愛知県産業労働センター15階) 2019)
  • Thermal Electrical Bifunctional Cloak Designed by Topology Optimization Based on CMA-ES
    (ICMAT 2019 2019)
  • Topology Optimization for Acoustic Cloak Incorporating Acoustic-Elastic Coupling
    (ICMAT 2019 2019)
  • トポロジー最適化の基礎と最新展開
    (第87回 形の科学シンポジウム「生物と医学にまつわる形と物理法則」,東京慈恵会医科大学 2019)
もっと見る
学歴 (3件):
  • - 2012 名古屋大学大学院 機械理工学専攻
  • - 2009 名古屋大学大学院 機械理工学専攻
  • - 2007 名古屋大学 機械・航空工学科
学位 (3件):
  • 博士(工学) (名古屋大学)
  • 修士(工学) (名古屋大学)
  • 学士(工学) (名古屋大学)
経歴 (4件):
  • 2019/04 - 現在 信州大学 学術研究院(工学系) 准教授
  • 2014/04 - 2019/03 信州大学 学術研究院(工学系) 助教
  • 2013/10 - 2019/03 信州大学 工学部 環境機能工学科 助教
  • 2012/04 - 2013/09 秋田県立大学 システム科学技術学部 機械知能システム学科 助教
委員歴 (4件):
  • 2019/04 - 現在 日本機械学会 北陸信越支部 長野県運営会議委員
  • 2019/04 - 現在 日本機械学会 設計工学・システム部門 企画活動活性化委員会
  • 2015/08 - 2016/03 日本機械学会 北陸信越支部 第53期 総会・講演会 講演会 運営委員
  • 2014/02 - 2015/09 日本機械学会 設計工学・システム部門 第25回 設計工学・システム部門講演会 運営委員(幹事)
受賞 (3件):
  • 2017/09/14 - 日本機械学会 設計工学・システム部門 奨励業績表彰
  • 2011/12 - 日本計算数理工学会講演賞
  • 2011/03 - 名古屋大学 学術奨励賞
所属学会 (4件):
日本機械学会 ,  日本計算数理工学会 ,  Metamorphose ,  ISSMO
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る