研究者
J-GLOBAL ID:201501051664199350   更新日: 2021年09月29日

増井 啓太

Masui Keita
所属機関・部署:
職名: 講師
研究分野 (3件): 教育心理学 ,  臨床心理学 ,  社会心理学
競争的資金等の研究課題 (1件):
  • 2015 - 2019 関係への所属はわれわれに何をもたらすか-他者との関係の行動科学的検討
論文 (21件):
もっと見る
MISC (1件):
書籍 (3件):
  • 情動と犯罪
    2019
  • 脳画像でみる精神疾患
    新興医学出版社 2013
  • Psychology of Rewards
    Nova Science Publishers 2012
講演・口頭発表等 (35件):
  • ネット荒らしに及ぼす主観的社会経済的地位と社会的孤立の影響
    (日本犯罪心理学会第56回大会 2018)
  • 誰が、いつインターネットを荒らすのか?-ネット荒らしに及ぼすDark Tetrad傾向と社会的孤立の影響-
    (日本心理学会82回大会 2018)
  • 毒をもって毒を制す-「ダークな」人たちがリーダーに選ばれる時-
    (日本社会心理学会第56回大会 2018)
  • サディズム傾向とネット荒らしとの関係性に及ぼす正当化の影響
    (日本パーソナリティ心理学会第27回大会 2018)
  • Social isolation facilitates internet trolling in individuals with high psychological entitlement
    (The 23rd World Meeting of the International Society for Research on Aggression 2018)
もっと見る
学歴 (2件):
  • 2010 - 2012 広島大学 総合科学専攻
  • 2008 - 2010 広島大学 総合科学専攻
学位 (1件):
  • 博士(学術) (広島大学)
経歴 (11件):
  • 2016/04/01 - 2019/03/31 追手門学院大学 心理学部 心理学科 特任助教
  • 2018/09 - 2019/03 大阪経済大学 人間科学部 非常勤講師
  • 2016/04 - 2018/09 早稲田大学 文化構想学部 非常勤講師
  • 2015/10 - 2016/03 千葉大学 文学部 非常勤講師
  • 2013/04 - 2016/03 日本学術振興会 特別研究員(PD)
全件表示
受賞 (3件):
  • 2021/09 - 日本パーソナリティ心理学会第30回大会優秀大会発表賞 デマツイート拡散意図に関わる不確実さ不耐性と自己への関与の影響
  • 2013/10 - 日本パーソナリティ心理学会第22回大会優秀大会発表賞 不公正な状況への非介入に及ぼすサイコパシー特性と賞罰の影響
  • 2012/09 - 日本グループ・ダイナミックス学会第59回大会優秀大会発表賞 死の顕現化に伴う脳内処理過程と文化的世界観防衛の関連
所属学会 (7件):
日本心理学会 ,  日本認知心理学会 ,  Association for Psychological Science ,  Society for Personality and Social Psychology ,  日本社会心理学会 ,  日本パーソナリティ心理学会 ,  日本犯罪心理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る