研究者
J-GLOBAL ID:201501053564670121   更新日: 2015年02月05日

垣花 京子

カキハナ キョウコ | Kakihana Kyoko
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (1件): https://kaken.nii.ac.jp/d/r/50248754.ja.html
研究分野 (2件): 科学教育 ,  教育工学
研究キーワード (30件): コンピュータ ,  科学教育 ,  テクノロジー ,  グラフ電卓 ,  不確実性 ,  証明 ,  測定値 ,  幾何 ,  中学生 ,  実験・観察 ,  Dynamic Geometry ,  表,グラフ,式 ,  表計算ソフト ,  関数的な考え ,  統合的学習環境 ,  数学教育 ,  動的図形環境 ,  高校生 ,  統計的活動 ,  資料の活用 ,  関数センス ,  電子教科書 ,  実験数学 ,  式とグラフデータ ,  知の創造 ,  モデル化 ,  文科系学生 ,  統計的思考の育成 ,  eラーニング ,  幾何(Geometry)
MISC (70件):
  • 垣花 京子, 松岡東香, 佐野司. 統計的活動をとりいれたデジタルテキストの開発と検討 : iPad の活用を目指して. 筑波学院大学紀要. 2014. 9. 47-55
  • 垣花 京子. 統計的活動における創造性の育成のための教材研究. 筑波学院大学紀要. 2013. 8. 25-31
  • 垣花 京子. 1A2-D1 数学教育におけるテクノロジー活用の将来像の考察2 : 「創造性の育成のための活用」と「基礎基本の育成のための活用」 : 自主企画課題研究趣旨説明(数学教育におけるテクノロジー活用の将来像の考察2-「創造性の育成のための活用」と「基礎・基本の育成ための活用」,課題研究,次世代の科学力を育てる : 社会とのグラウンディングを実現するために). 年会論文集. 2011. 35. 74-75
  • 垣花 京子. 1A2-D2 創造性の育成を視座に入れた「統計的思考の育成」におけるテクノロジーの活用(1)(数学教育におけるテクノロジー活用の将来像の考察2-「創造性の育成のための活用」と「基礎・基本の育成ための活用」,課題研究,次世代の科学力を育てる : 社会とのグラウンディングを実現するために). 年会論文集. 2011. 35. 76-79
  • 垣花 京子. 特集「科学教育における統計的思考力育成のための理論と実践」にむけて. 科学教育研究. 2011. 35. 2. 67-68
もっと見る
経歴 (1件):
  • 2011 - 2013 筑波学院大学 経営情報学部 教授
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る