研究者
J-GLOBAL ID:201501055145817948   更新日: 2021年07月16日

山﨑 貴史

Takashi Yamasaki
所属機関・部署:
研究キーワード (2件): スポーツ社会学 ,  障害者スポーツ
論文 (9件):
  • 山崎貴史, 植田俊. 障害者スポーツ・ボランティアに関する社会学的研究-スポーツ実践者とボランティアの関わりに着目して-. 北海道大学大学院教育学研究院紀要. 2021. 138. 427-440
  • 植田俊, 山崎貴史. ブラインドマラソンの社会学的研究(その2)-ブラインドランナーの〈視覚〉の社会的構成ー. 北海道大学大学院教育学研究院紀要. 2021. 138. 407-426
  • 植田俊・山﨑貴史. ブラインドマラソンの社会学的研究(その1)-伴走者からみたスポーツ実践の「意味」-. 東海大学国際文化学部紀要. 2020. 12. 47-65
  • 山﨑貴史. 2020年東京オリンピック・パラリンピックの開催と公園の再整備. 北海道大学教育学研究院紀要. 2019. 135. 113-128
  • 山﨑 貴史, 石井 克. 障害者スポーツに関する新聞報道の変容-競技間格差に着目して-. 北海道大学教育学研究院紀要. 2019. 134. 117-130
もっと見る
MISC (10件):
  • 山﨑 貴史. 障害者スポーツの世界とできない身体の創造性. 2019年度北海道大学公開講座全学企画テキスト. 2019. 27-30
  • 山﨑 貴史. 障害者と健常者の協同的スポーツ活動に関する研究. 日本スポーツ社会学会第27回大会抄録集. 2018. 40-41
  • 山﨑 貴史. 福祉・教育としてのスポーツの可能性. 全国障害者福祉センター編 戸山サンライズ. 2015. 268. 10-12
  • 山﨑 貴史. 研究委員会企画学生会員フォーラム報告. 日本スポーツ社会学会会報. 2013. 57. 32-34
  • 渡 正, 川西正博, 山﨑, 貴史, 黒須, 朱莉, 鈴木楓太. 「障害者スポーツ」の社会学に向けて-スポーツ/日常における「障害」をめぐって. 日本スポーツ社会学会第22回福山大会. 2013
もっと見る
書籍 (1件):
  • ともに生きるための教育学へのレッスン40-明日を切り開く教養
    明石書店 2019
講演・口頭発表等 (18件):
  • パラリンピックによる開催都市のバリアフリー化とそのジレンマ
    (日本スポーツ社会学会第30回大会 2021)
  • 障害者スポーツにおける〈支援〉の生成ーブラインドマラソンにおけるランナーー伴走者関係を事例として
    (日本スポーツ社会学会第30回大会 2021)
  • ブラインドマラソンランナーにおける〈視覚〉の構築プロセス
    (第25回日本アダプテッド体育・スポーツ学会 2020)
  • Sociological Study of the Visually Impaired Sport(No.1): Social construction of the Blind Marathon Runner’s “Vision”
    (The 2020 Yokohama Sports Conference 2020)
  • Sociological Study of the Visually Impaired Sport(No.2): A study on the organization of daily sports activities for the visually impaired.
    (The 2020 Yokohama Sports Conference 2020)
もっと見る
学位 (1件):
  • 博士(学術) (筑波大学)
委員歴 (2件):
  • 2019/04 - 現在 日本スポーツ社会学会 電子ジャーナル委員
  • 2017/04 - 2019/03 日本スポーツ社会学会 電子ジャーナル委員
受賞 (1件):
  • 2017/01 - 北海道大学 北海道大学教育総長賞奨励賞
所属学会 (2件):
国際スポーツ史学会 ,  日本スポーツ社会学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る