研究者
J-GLOBAL ID:201501055244437138   更新日: 2020年08月25日

渡邉 貴樹

Watanabe Takaki
所属機関・部署:
職名: 助教
研究分野 (1件): 神経科学一般
研究キーワード (11件): シナプス刈り込み ,  包括脳ネットワーク ,  チャネル ,  活動電位 ,  ゼブラフィッシュ ,  シナプス ,  プルキンエ細胞 ,  小脳 ,  マウス ,  分子生物学 ,  神経科学
競争的資金等の研究課題 (2件):
  • 2016 - 2018 小脳全域のプルキンエ細胞特異的CRISPR/Cas9スクリーニング系の確立
  • 2009 - 2012 ゼブラフィッシュの逃避行動制御機構の獲得に関する生理学的・分子生物学的研究
論文 (6件):
  • Kano M, Watanabe T, Uesaka N, Watanabe M. Multiple Phases of Climbing Fiber Synapse Elimination in the Developing Cerebellum. Cerebellum. 2018
  • Kikuchihara S, Sugio S, Tanaka KF, Watanabe T, Kano M, Yamazaki Y, Watanabe M, Ikenaka K. Ectopic positioning of Bergmann glia and impaired cerebellar wiring in Mlc1-over-expressing mice. J Neurochem. 2018
  • Watanabe T, Shimazaki T, Oda Y. Coordinated expression of two types of low-threshold K+ channels establishes unique single-spiking of Mauthner cells among segmentally homologous neurons in the zebrafish hindbrain. eNeuro. 2017
  • Kano M, Watanabe T. Type-1 metabotropic glutamate receptor signaling in cerebellar Purkinje cells in health and disease. F1000Res. 2017. 6. 416
  • Watanabe T, Uesaka N, Kano M. [Mechanisms of synapse pruning in the developing cerebellum]. Seikagaku. The Journal of Japanese Biochemical Society. 2016. 88. 5. 621-629
もっと見る
MISC (2件):
  • 菊地原 沙織, 杉尾 翔太, 稲村 直子, 渡辺 雅彦, 田中 謙二, 渡邉 貴樹, 狩野 方伸, 山崎 良彦, 池中 一裕. 小脳登上線維-プルキンエ細胞間シナプスの精緻化へのグリア細胞の関与. 日本生理学雑誌. 2017. 79. 1. 23-23
  • 渡邉 貴樹, 上阪 直史, 狩野 方伸. 生後発達期の小脳におけるシナプス刈り込みのメカニズム. 生化学. 2016. 88. 5. 621-629
学位 (1件):
  • 博士(理学) (名古屋大学)
経歴 (5件):
  • 2018/04 - 現在 東京大学 大学院医学系研究科 助教
  • 2015/02 - 2018/03 東京大学 大学院医学系研究科 特任助教
  • 2014/04 - 2015/01 東京大学 大学院医学系研究科 特任研究員
  • 2009 - 2014 名古屋大学 理学研究科 博士課程(後期課程)
  • 2009 - 2012 名古屋大学 理学研究科 日本学術振興会 特別研究員(DC1)
受賞 (2件):
  • 2019/12 - 「次世代脳プロジェクト」冬のシンポジウム2019 若手優秀発表賞
  • 2018/02 - 第23回グリアクラブ賞
所属学会 (3件):
日本神経科学学会 ,  北米神経科学会 ,  日本生理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る