研究者
J-GLOBAL ID:201501057005271263   更新日: 2021年04月20日

冨樫(新藤) 瑠美

トガシ(シンドウ) ルミ | Shindo Togashi Rumi
研究分野 (1件): 基礎解析学
論文 (8件):
MISC (15件):
  • Ichimura K., Shimamune Y., Sato S., Ogawa S., Togashi Shindo R. INTRODUCTION OF ONE DAY EXPERIENCE OF KOSEN CLASSES - A NEW PROGRAM FOR INTERNATIONAL EXCHANGE ACTIVITIES AT NIT, NAGAOKA COLLEGE -. The 12th International Symposium on Advances in Technology Education (ISATE). 2018. 187. 12. 201-201
  • 冨樫(新藤)瑠美. 積と値域に関する情報をもつC_0(X), C_0(Y) 間の写像について. 数理解析研究所講究録2035 RIMS共同研究(公開型) 等距離写像研究の多角的アプローチ. 2017. 21-34
  • Rumi Shindo Togashi, Taku Kiryu, Shigehiro Toyama, Yoshinori Tokoi, Tetsuro Iyama, Fujio Ikeda, Yuki Murakami, Shin-ichi Akazawa, Yasuko Tsuchida. Engineering Design Exercise (EDE) for Faculty Development in National Institute of Technology, Nagaoka College. Transaction on Gigaku. 2017. 2017. 4. 1. 04008/1-6
  • 冨樫(新藤)瑠美. Weak multiplicative conditions for weighted composition operators between function algebras. 2016年度 関数環研究集会報告集. 2017. 7-10
  • 桐生 拓, 赤澤 真一, 田原 喜宏, 冨樫(新藤)瑠美. プレラボ制度による学科横断型教育・研究活動の推進と波及効果の検証. 工学教育研究講演会講演論文集. 2017. 2017. 0. 154-155
もっと見る
講演・口頭発表等 (18件):
  • ノルムを用いた乗法的条件をみたす写像についての報告
    (第5回山陰基礎論・解析学研究集会 2018)
  • Weighted composition operators and n-tuple multiplicativity
    (2017年度 関数環研究集会 2017)
  • 末梢スペクトルと積を用いた写像の特徴づけ について
    (2017年度 日本数学会秋季総合分科会 2017)
  • プレラボ制度による学科横断型教育・研究活動の推進と波及効果の検証
    (工学教育研究講演会 2017)
  • 数学の自主学習を補助する勉強会システムの試行
    (平成29年度全国高専フォーラム 2017)
もっと見る
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る