研究者
J-GLOBAL ID:201501057175473405   更新日: 2020年09月01日

齋尾 智英

サイオ トモヒデ | Saio Tomohide
所属機関・部署:
職名: 助教
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
ホームページURL (1件): http://wwwchem.sci.hokudai.ac.jp/~stchem/
研究分野 (2件): 分子生物学 ,  構造生物化学
研究キーワード (6件): Protein folding ,  molecular chaperone ,  Protein quality control ,  立体構造 ,  タンパク質 ,  NMR
競争的資金等の研究課題 (4件):
  • 2017 - 2019 分子シャペロンの基質選択と活性発現における動的構造基盤
  • 2015 - 2019 NMRを主体としたタンパク質構造推移解析のための複合手法の開発と応用
  • 2014 - 2018 過渡的複合体を介したシャペロンネットワークの分子機構解明
  • 2015 - 2017 常磁性プローブを用いた呼吸鎖における電子伝達機構の解析
論文 (19件):
  • Kawagoe S, Nakagawa H, Kumeta H, Ishimori K, Saio T. Structural insight into proline cis/trans isomerization of unfolded proteins catalyzed by the Trigger Factor chaperone. The Journal of biological chemistry. 2018
  • Sato W, Uchida T, Saio T, Ishimori K. Polyethylene glycol promotes autoxidation of cytochrome c. Biochimica et biophysica acta. 2018. 1862. 6. 1339-1349
  • Saio T, Kawagoe S, Ishimori K, Kalodimos CG. Oligomerization of a molecular chaperone modulates its activity. eLife. 2018. 7
  • Chengdong Huang, Paolo Rossi, Tomohide Saio, Charalampos G. Kalodimos. Structural basis for the antifolding activity of a molecular chaperone. NATURE. 2016. 537. 7619. 202-+
  • Wataru Sato, Seiji Hitaoka, Kaoru Inoue, Mizue Imai, Tomohide Saio, Takeshi Uchida, Kyoko Shinzawa-Itoh, Shinya Yoshikawa, Kazunari Yoshizawa, Koichiro Ishimori. Energetic Mechanism of Cytochrome c-Cytochrome c Oxidase Electron Transfer Complex Formation under Turnover Conditions Revealed by Mutational Effects and Docking Simulation. JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY. 2016. 291. 29. 15320-15331
もっと見る
MISC (6件):
書籍 (2件):
  • Structural Study of Proteins by Paramagnetic Lanthanide Probe Methods
    Springer 2017
  • NMR Structural Biology Using Paramagnetic Lanthanide Probe
    Springer 2016
講演・口頭発表等 (15件):
  • NMRによって明らかにする分子シャペロンの活性制御メカニズム
    (第91回生化学会大会 2018)
  • Diverse activities of molecular chaperones through non-selective binding
    (日本生物物理学会第56回年会 2018)
  • Structural and kinetic insights into chaperone activities of Trigger Factor.
    (International Symposium -Proteins: from the Cradle to the Grave- 2018)
  • NMRを用いた分子シャペロンの立体構造解析
    (第 19 回若手 NMR 研究会 2018)
  • 立体構造と速度論から理解するトリガーファクターシャペロンの活性発現機構
    (第18回 日本蛋白質科学会年会 2018)
もっと見る
学位 (1件):
  • 博士(生命科学) (北海道大学)
経歴 (1件):
  • 2015 - 北海道大学
受賞 (5件):
  • 2018/11 - The Chemical Society of Japan Research Incentive Award Structural basis for proteostasis regulated by molecular chaperones
  • 2018/11 - 日本化学会北海道支部 日本化学会北海道支部研究奨励賞 細胞内恒常性維持を担うシャペロンの動的構造基盤と制御
  • 2014/06 - 日本蛋白質科学会 第14回日本蛋白質科学会若手奨励賞 NMRによって明らかにするトリガーファクターシャペロンの分子機構
  • 2010/08 - International Conference on Magnetic Resonance in Biological Systems (ICMRBS) 24th ICMRBS Student Poster Award PCS-based structure determination of protein-protein complexes
  • 2008/11 - 日本核磁気共鳴学会 第47回NMR討論会若手ポスター賞 立体構造解析のためのタグを用いた常磁性ランタノイドプローブ
所属学会 (4件):
日本化学会 ,  日本生化学会 ,  日本蛋白質科学会 ,  日本核磁気共鳴学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る