研究者
J-GLOBAL ID:201501057175473405   更新日: 2022年05月22日

齋尾 智英

サイオ トモヒデ | Saio Tomohide
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (1件): https://saio-lab.jp
研究分野 (2件): 分子生物学 ,  構造生物化学
研究キーワード (6件): Protein folding ,  molecular chaperone ,  Protein quality control ,  立体構造 ,  タンパク質 ,  NMR
競争的資金等の研究課題 (16件):
  • 2020 - 2023 小胞体シャペロンによるフォールディング中間体の過渡的認識と制御の構造基盤
  • 2020 - 2023 生物学的相分離の制御機構
  • 2018 - 2023 新世代中性子構造生物学の開拓
  • 2019 - 2022 半特異的認識を介したシャペロンネットワークの構造基盤
  • 2019 - 2021 相分離を介したシグナル伝達制御の構造基盤
全件表示
論文 (39件):
  • Soichiro Kawagoe, Koichiro Ishimori, Tomohide Saio. Structural and Kinetic Views of Molecular Chaperones in Multidomain Protein Folding. International journal of molecular sciences. 2022. 23. 5
  • Masato Miyake, Mitsuaki Sobajima, Kiyoe Kurahashi, Akira Shigenaga, Masaya Denda, Akira Otaka, Tomohide Saio, Naoki Sakane, Hidetaka Kosako, Seiichi Oyadomari. Identification of an endoplasmic reticulum proteostasis modulator that enhances insulin production in pancreatic β cells. Cell chemical biology. 2022
  • Motonori Matsusaki, Rina Okada, Yuya Tanikawa, Shingo Kanemura, Dai Ito, Yuxi Lin, Mai Watabe, Hiroshi Yamaguchi, Tomohide Saio, Young-Ho Lee, et al. Functional Interplay between P5 and PDI/ERp72 to Drive Protein Folding. Biology. 2021. 10. 11
  • Haojie Zhu, Motonori Matsusaki, Taiga Sugawara, Koichiro Ishimori, Tomohide Saio. Zinc-Dependent Oligomerization of Thermus thermophilus Trigger Factor Chaperone. Biology. 2021. 10. 11
  • Hitoki Nanaura, Honoka Kawamukai, Ayano Fujiwara, Takeru Uehara, Yuichiro Aiba, Mari Nakanishi, Tomo Shiota, Masaki Hibino, Pattama Wiriyasermkul, Sotaro Kikuchi, et al. C9orf72-derived arginine-rich poly-dipeptides impede phase modifiers. Nature communications. 2021. 12. 1. 5301-5301
もっと見る
MISC (57件):
  • 中川洋, 井上倫太郎, 小田隆, 小田隆, 矢木(内海)真穂, 斉尾智英, 苙口友隆, 長田裕也, 杉山正明, 佐藤衛, et al. 蛋白質の階層構造ダイナミクスの解明. 量子ビームサイエンスフェスタ(Web). 2021. 2020
  • SAIO Tomohide. NMRとEPRを組み合わせたマルチドメインタンパク質の大規模ダイナミクスの探索. 生物物理(Web). 2021. 61. Supplement 1-2
  • NAKAOKA Ikuya, NAKASONE Yusuke, OTA Honoka, KAWAGOE Soichiro, KAWAGOE Soichiro, ISHIMORI Koichiro, SAIO Tomohide, SAIO Tomohide, TERAZIMA Masahide. 光誘起フォールディング反応および分子シャペロンSecBとの相互作用カイネティクス. 生物物理(Web). 2021. 61. Supplement 1-2
  • 岡田莉奈, 金村進吾, 金村進吾, 黒井邦巧, 松崎元紀, 山口宏, 齋尾智英, 齋尾智英, 中林孝和, 稲葉謙次, et al. ガレクチンの酸化還元機能制御の分子構造基盤. 日本蛋白質科学会年会プログラム・要旨集. 2021. 21st
  • 岡田莉奈, 金村進吾, 金村進吾, 黒井邦巧, 松崎元紀, 齋尾智英, 山口宏, 中林孝和, 稲葉謙次, 奥村正樹. 酸化還元制御によるヒトガレクチン1の構造機能調節の理解. 日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web). 2021. 44th
もっと見る
書籍 (2件):
  • Structural Study of Proteins by Paramagnetic Lanthanide Probe Methods
    Springer 2017
  • NMR Structural Biology Using Paramagnetic Lanthanide Probe
    Springer 2016
講演・口頭発表等 (39件):
  • タンパク質液滴の形成・制御・破綻の分子メカニズム
    (日本化学会第102春季年会 2022)
  • 新規光応答性シャペロンの創製とそれを利用した液-液相分離の制御
    (2021年度 生物物理学会 北海道支部-東北支部合同例会 2022)
  • NMR investigation of molecular chaperones manipulating protein folding
    (Pacifichem 2021 2021)
  • Structural and kinetic insights into a molecular chaperone for protein folding, translocation, and degradation
    (Pacifichem 2021 2021)
  • ストレス応答を制御する転写因子Heat shock factor1の酸化還元依存的な相転移
    (第44回日本分子生物学会年会 2021)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2008 - 2011 北海道大学 博士後期課程
  • 2006 - 2008 北海道大学 修士課程
  • 2002 - 2006 北海道大学
学位 (1件):
  • 博士(生命科学) (北海道大学)
経歴 (6件):
  • 2020/09 - 現在 徳島大学 先端酵素学研究所 教授
  • 2021/08 - 2022/03 奈良県立医科大学 招聘教授
  • 2014/10 - 2020/08 北海道大学 大学院理学研究院 助教
  • 2014/10 - 2018/03 国立研究開発法人 科学技術振興機構 さきがけ研究者 (兼任)
  • 2011/10 - 2014/09 米国ラトガース大学博士研究員 博士研究員
全件表示
委員歴 (4件):
  • 2018 - 現在 韓国磁気共鳴学会誌 編集委員
  • 2022/04 - 2024/03 日本核磁気共鳴学会 日本核磁気共鳴学会機関誌編集委員
  • 2021/04 - 2023/03 日本核磁気共鳴学会 評議員
  • 2022/01 - 2022/12 日本生物物理学会 2022年分野別専門委員
受賞 (6件):
  • 2021/11 - 公益財団法人アステラス病態代謝研究会 最優秀理事長賞
  • 2018/11 - The Chemical Society of Japan Research Incentive Award Structural basis for proteostasis regulated by molecular chaperones
  • 2018/11 - 日本化学会北海道支部 日本化学会北海道支部研究奨励賞 細胞内恒常性維持を担うシャペロンの動的構造基盤と制御
  • 2014/06 - 日本蛋白質科学会 第14回日本蛋白質科学会若手奨励賞 NMRによって明らかにするトリガーファクターシャペロンの分子機構
  • 2010/08 - International Conference on Magnetic Resonance in Biological Systems (ICMRBS) 24th ICMRBS Student Poster Award PCS-based structure determination of protein-protein complexes
全件表示
所属学会 (5件):
日本化学会 ,  日本生化学会 ,  日本蛋白質科学会 ,  日本核磁気共鳴学会 ,  日本生物物理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る