研究者
J-GLOBAL ID:201501057964770260   更新日: 2021年10月27日

木村 泰之

キムラ ヤスユキ | Kimura Yasuyuki
所属機関・部署:
職名: 副部長
その他の所属(所属・部署名・職名) (2件):
ホームページURL (1件): https://kaken.nii.ac.jp/d/r/20423171.ja.html
研究分野 (1件): 放射線科学
研究キーワード (6件): PET ,  positron emission tomography ,  アルツハイマー病 ,  神経炎症 ,  ミクログリア ,  ポジトロンエミッショントモグラフィー
競争的資金等の研究課題 (15件):
  • 2021 - 2024 神経変性疾患の創薬バイオマーカーたる脳内免疫系PETイメージングの開発
  • 2021 - 2023 生体直交反応を用いた脳PETリガンドの開発
  • 2020 - 2023 特異的発現酵素を標的とした脳腫瘍イメージングPETプローブの斬新化
  • 2019 - 2022 アルツハイマー型認知症の脳内炎症の動態・役割の解明から治療へ:PET炎症画像研究
  • 2018 - 2021 神経変性疾患の創薬標的たるマイクログリア特異的発現分子のPETイメージングの開発
全件表示
論文 (113件):
  • Manabu Kubota, Yasuyuki Kimura, Masafumi Shimojo, Yuhei Takado, Joao MN Duarte, Hiroyuki Takuwa, Chie Seki, Hitoshi Shimada, Hitoshi Shinotoh, Keisuke Takahata, et al. Dynamic alterations in the central glutamatergic status following food and glucose intake: in vivo multimodal assessments in humans and animal models. Journal of Cerebral Blood Flow & Metabolism. 2021. 271678X211004150
  • Yasuyuki Kimura, Keisuke Takahata, Toshiharu Shimazaki, Soichiro Kitamura, Chie Seki, Yoko Ikoma, Masanori Ichise, Kazunori Kawamura, Makiko Yamada, Ming-Rong Zhang, et al. Pharmacokinetic and pharmacodynamic assessment of histamine H3 receptor occupancy by enerisant: a human PET study with a novel H3 binding ligand, [11C]TASP457. European Journal of Nuclear Medicine and Molecular Imaging. 2021
  • Xiaoyun Zhou, Bin Ji, Chie Seki, Yuji Nagai, Takafumi Minamimoto, Masayuki Fujinaga, Ming-Rong Zhang, Takashi Saito, Takaomi C Saido, Tetsuya Suhara, et al. PET imaging of colony-stimulating factor 1 receptor: A head-to-head comparison of a novel radioligand, 11C-GW2580, and 11C-CPPC, in mouse models of acute and chronic neuroinflammation and a rhesus monkey. Journal of cerebral blood flow and metabolism : official journal of the International Society of Cerebral Blood Flow and Metabolism. 2021. 41. 9. 2410-2422
  • Shin Kurose, Manabu Kubota, Keisuke Takahata, Yasuharu Yamamoto, Hironobu Fujiwara, Yasuyuki Kimura, Hiroshi Ito, Hiroyoshi Takeuchi, Masaru Mimura, Tetsuya Suhara, et al. Relationship between regional gray matter volumes and dopamine D2 receptor and transporter in living human brains. Human brain mapping. 2021. 42. 12. 4048-4058
  • Manabu Kubota, Chie Seki, Yasuyuki Kimura, Keisuke Takahata, Hitoshi Shimada, Yuhei Takado, Kiwamu Matsuoka, Kenji Tagai, Yasunori Sano, Yasuharu Yamamoto, et al. A first-in-human study of 11C-MTP38, a novel PET ligand for phosphodiesterase 7. European journal of nuclear medicine and molecular imaging. 2021. 48. 9. 2846-2855
もっと見る
MISC (159件):
もっと見る
特許 (1件):
講演・口頭発表等 (106件):
  • PETを用いた大脳皮質基底核症候群の背景病理推定に関する検討
    (パーキンソン病・運動障害疾患コングレスプログラム・抄録集 2019)
  • 18F-PM-PBB3 PETは発症前駆期より4リピートタウオパチーの脳病理を捕捉し得る
    (パーキンソン病・運動障害疾患コングレスプログラム・抄録集 2019)
  • Relationship between the accumulation of THK-5351 and PiB in each cerebral region from cognitively normal to Alzheimer type dementia, a PET study
    (JOURNAL OF NUCLEAR MEDICINE 2019)
  • 18F-PM-PBB3 PETによる4リピートタウオパチーのタウイメージング
    (千葉医学雑誌 2019)
  • AD continuumにおけるTHK-5351集積と脳萎縮との領域間相関の検討
    (核医学 2018)
もっと見る
学歴 (2件):
  • 2002 - 2006 大阪大学大学院医学系研究科
  • 1992 - 1998 大阪大学 医学科
学位 (2件):
  • MD (大阪大学)
  • PhD (大阪大学大学院)
経歴 (6件):
  • 2021/04 - 現在 国立研究開発法人 国立長寿医療研究センター 認知症先進医療開発センター 脳機能画像診断開発部 副部長
  • 2016/10 - 2021/03 国立研究開発法人 国立長寿医療研究センター 認知症先進医療開発センター 脳機能画像診断開発部 分子探索子開発室長
  • 2014/07 - 2016/09 独立行政法人放射線医学総合研究所 分子イメージング研究センター 主任研究員
  • 2010/10 - 2014/06 独立行政法人放射線医学総合研究所 分子イメージング研究センター 研究員
  • 2007/12 - 2010/09 National Institute of Mental Health Molecular Imaging Branch Visiting Fellow
全件表示
受賞 (4件):
  • 2020/08 - Best Conference Paper Award
  • 2014 - Travel awarded winner of the Asian Youth Forum of Nuclear Medicine and Molecular Imaging
  • 2011 - 第50回千葉核医学賞
  • 2005 - 大阪難病研究財団 海外派遣助成
所属学会 (2件):
日本内科学会 ,  日本核医学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る