研究者
J-GLOBAL ID:201501058625831737   更新日: 2020年09月01日

頼末 武史

ヨリスエ タケフミ | Takefumi Yorisue
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (1件): 生物資源保全学
論文 (15件):
  • Takefumi Yorisue, Akira Iguchi, Nina Yasuda, Yuki Yoshioka, Taku Sato, Yoshihisa Fujita. Evaluating the effect of overharvesting on genetic diversity and genetic population structure of the coconut crab. Scientific reports. 2020. 10. 1. 10026-10026
  • Julius A. Ellrich, Takefumi Yorisue, Kyosuke Momota. Limpet disturbance effects on barnacle recruitment are related to recruitment intensity but not recruit size. PeerJ. 2020. 8. e9190-e9190
  • Mizuho Namba, Marina Hashimoto, Minako Ito, Kyosuke Momota, Carter Smith, Takefumi Yorisue, Masahiro Nakaoka. The effect of environmental gradient on biodiversity and similarity of invertebrate communities in eelgrass (Zostera marina) beds. Ecological Research. 2020. 35. 1. 61-75
  • YORISUE Takefumi, IDO Atsushi, TSURUMI Koichiro. Recent Challenges for Developing Barnacle Aquaculture Techniques in Japan. Journal of Integrated Field Science. 2019. 16. 16. 13-15
  • Mechanisms underlying predator-driven biotic resistance against introduced barnacles on the Pacific coast of Hokkaido, Japan. Biological Invasions. 2019. 21. 7. 2345-2356
もっと見る
MISC (6件):
  • 根本卓, 北田貢, 北嶋円, 井上広滋, 小糸智子, 頼末武史, 三宅裕志, 神保充, 井田薺, 神谷久男, et al. 江ノ島式サツマハオリムシの飼い方~えのすいの化学合成生態系生物の飼い方シリーズ Vol.1~. ブルーアース要旨集. 2012. 2012. 118-119
  • 池田周平, 三宅裕志, 井上広滋, 神保充, 井田齋, 神谷久男, 冨田敦美, 鈴木紫乃, 小糸智子, 頼末武史, et al. ユノハナガニはなぜ熱に集まるのか?. Blue Earth要旨集. 2010. 2010. 163-164
  • 三宅裕志, 井上広滋, 冨田敦美, 神保充, 井田齋, 神谷久男, 池田周平, 鈴木紫乃, 小糸智子, 頼末武史, et al. NT09-05Leg2日光海山潜航調査概要「熱依存性から見た熱水性甲殻類の生活史の研究」. Blue Earth要旨集. 2010. 2010. 162
  • 井上広滋, 三宅裕志, 冨田敦美, 神保充, 井田齋, 神谷久男, 池田周平, 鈴木紫乃, 小糸智子, 頼末武史, et al. NT09-05Leg2日光海山・明神海丘航海概要:熱水噴出域固有生物の硫化水素への適応機構および熱依存性に関する研究. Blue Earth要旨集. 2010. 2010. 168
  • 井上広滋, 渡部裕美, 佐藤崇, 小糸智子, 頼末武史, 小島茂明, 伊勢優史, 豊原治彦, 石田貴之, 三宅裕志, et al. NT08-07Leg2明神海丘航海概要:熱水噴出域における生物の環境適応機構および生物固有性の解明に向けて. Blue Earth要旨集. 2009. 2009. 157
もっと見る
書籍 (1件):
  • Barnacles: recent progress in biology and antifouling
    NOVA Science Publishers 2018
講演・口頭発表等 (11件):
  • Predator nonconsumptive limitation of prey recruitment contributes to predator-driven biotic resistance against introduced prey
    (Open international symposium: Reproductive biology of barnacles 2019)
  • 北日本太平洋岸における外来フジツボの加入・定着機構に関する実験的検証
    (2019年度日本付着生物学会シンポジウム 2019)
  • フジツボ類の巧みな着生戦略
    (2019年度日本ベントス学会・プランクトン学会合同大会 2019)
  • 深海熱水噴出域に棲息するアカツキミョウガガイ類の系統地理と幼生分散
    (2019年度日本付着生物学会 2019)
  • Potency of barnacles as aquaculture organisms
    (16th International Symposium on Integrated Field Science 2019)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2009 - 2013 東京大学大学院 自然環境学 博士課程
  • 2007 - 2009 東京大学大学院 自然環境学専攻 修士課程
  • 2003 - 2007 北里大学 生物科学科
学位 (1件):
  • 博士(環境学) (東京大学)
経歴 (5件):
  • 2020/04 - 現在 兵庫県立大学 自然・環境研究所 准教授
  • 2018/06 - 2020/03 東北大学 農学研究科 助教
  • 2015/06 - 2018/06 北海道大学 北方生物圏フィールド科学センター 厚岸臨海実験所 特任助教
  • 2013/10 - 2015/05 北海道大学 北方生物圏フィールド科学センター 厚岸臨海実験所 学術研究員
  • 2013/04 - 2013/09 東京大学 大気海洋研究所 研究支援職員
委員歴 (1件):
  • 2018/01 - 現在 日本付着生物学会 運営委員
受賞 (1件):
  • 日本ベントス学会 奨励賞
所属学会 (4件):
日本付着生物学会 ,  日本ベントス学会 ,  日本生態学会 ,  日本水産学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る