研究者
J-GLOBAL ID:201501060193540714   更新日: 2020年11月03日

築山 智之

ツキヤマ トモユキ | TSUKIYAMA Tomoyuki
所属機関・部署:
職名: 特任准教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
  • 京都大学  ヒト生物学高等研究拠点(WPI-ASHBi) 霊長類ゲノム工学開発コア(PRiME)   主任研究者(兼任)
ホームページURL (1件): https://ameblo.jp/regenerative-kyoto/
研究分野 (4件): 実験動物学 ,  発生生物学 ,  動物生命科学 ,  動物生産科学
研究キーワード (9件): 遺伝子改変 ,  大動物 ,  カニクイザル ,  ゲノム編集 ,  生殖生物学 ,  幹細胞 ,  ES細胞 ,  リプログラミング ,  iPS細胞
競争的資金等の研究課題 (8件):
  • 2020 - 2023 ファウンダー(F0)世代からの解析を可能にする受精卵の遺伝子改変技術基盤の構築
  • 2020 - 2022 内在性相同組換え機構を利用した革新的ノックイン技術の開発
  • 2019 - 2022 早期老化症候群モデルサルを用いた老化早期診断法と治療法の開発
  • 2017 - 2022 ヒト生殖細胞発生機構の解明とその試験管内再構成
  • 2017 - 2020 In vivoの状態を忠実に反映した高品質な新型ES・ iPS細胞の樹立
全件表示
論文 (25件):
  • Yasunari Seita, Toshifumi Morimura, Naoki Watanabe, Chizuru Iwatani, Hideaki Tsuchiya, Shinichiro Nakamura, Toshiharu Suzuki, Daijiro Yanagisawa, Tomoyuki Tsukiyama, Masataka Nakaya, et al. Generation of Transgenic Cynomolgus Monkeys Overexpressing the Gene for Amyloid-β Precursor Protein. Journal of Alzheimer's disease : JAD. 2020. 75. 1. 45-60
  • Tomoyuki Tsukiyama, Kenichi Kobayashi, Masataka Nakaya, Chizuru Iwatani, Yasunari Seita, Hideaki Tsuchiya, Jun Matsushita, Kahoru Kitajima, Ikuo Kawamoto, Takahiro Nakagawa, et al. Monkeys mutant for PKD1 recapitulate human autosomal dominant polycystic kidney disease. Nature communications. 2019. 10. 1. 5517-5517
  • Sakai Y, Nakamura T, Okamoto I, Gyobu-Motani S, Ohta H, Yabuta Y, Tsukiyama T, Iwatani C, Tsuchiya H, Ema M, et al. Induction of the Germ-Cell Fate from Pluripotent Stem Cells in Cynomolgus Monkeys. Biology of reproduction. 2019
  • Kobayashi K, Tsukiyama T, Nakaya M, Kageyama S, Tomita K, Murai R, Yoshida T, Narita M, Kawauchi A, Ema M. Generation of an OCT3/4 reporter cynomolgus monkey ES cell line using CRISPR/Cas9. Stem cell research. 2019. 37. 101439
  • Yasunari Seita, Tomoyuki Tsukiyama, Takuya Azami, Kenichi Kobayashi, Chizuru Iwatani, Hideaki Tsuchiya, Masataka Nakaya, Hideyuki Tanabe, Seiji Hitoshi, Hiroyuki Miyoshi, et al. Comprehensive evaluation of ubiquitous promoters suitable for the generation of transgenic cynomolgus monkeys†. Biology of Reproduction. 2019. 100. 6. 1440-1452
もっと見る
MISC (18件):
書籍 (1件):
  • マウス表現型解析スタンダード : 系統の選択、飼育環境、臓器・疾患別解析のフローチャートと実験例
    羊土社 2016 ISBN:9784758101981
学歴 (4件):
  • 2008 - 2011 京都大学大学院 応用生物科学専攻博士後期課程
  • 2006 - 2008 京都大学大学院 応用生物科学専攻博士前期課程
  • 2002 - 2006 京都大学 資源生物科学科
  • 1999 - 2002 洛南高等学校
学位 (1件):
  • 博士(農学) (京都大学)
経歴 (6件):
  • 2020/01 - 現在 京都大学 ヒト生物学高等研究拠点 主任研究者(兼任)
  • 2019/04 - 現在 滋賀医科大学 動物生命科学研究センター 特任准教授
  • 2014/11 - 2019/03 滋賀医科大学 動物生命科学研究センター 助教
  • 2014/04 - 2014/10 滋賀医科大学 動物生命科学研究センター 特任助教
  • 2011/04 - 2014/03 理化学研究所 発生・再生科学総合研究センター 研究員
全件表示
委員歴 (1件):
  • 2020/04 - 現在 日本繁殖生物学会 若手奨励策検討委員
受賞 (1件):
  • 2017/12 - 第34回滋賀医科大学シンポジウム 若鮎賞(最優秀賞)
所属学会 (2件):
日本分子生物学会 ,  日本繁殖生物学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る