研究者
J-GLOBAL ID:201501061206236480   更新日: 2023年12月18日

鎌田 瑠泉

カマダ ルイ | Kamada Rui
所属機関・部署:
職名: 准教授
ホームページURL (1件): https://wwwchem.sci.hokudai.ac.jp/~biochem/
研究分野 (4件): 分子生物学 ,  生体化学 ,  機能生物化学 ,  細胞生物学
研究キーワード (7件): 自然免疫 ,  阻害剤 ,  好中球 ,  ペプチド化学 ,  ホスファターゼ ,  細胞分化 ,  生物化学
競争的資金等の研究課題 (11件):
  • 2023 - 2026 抗生物質に対する細菌の薬剤耐性獲得における新規機構の解明
  • 2023 - 2026 リボソームRNA潜在性ORF由来機能性ポリペプチドによる細菌の生存危機防御機構
  • 2023 - 好中球サブセット分化制御を介したがん免疫制御機構の解明
  • 2020 - 2023 癌抑制タンパク質p53の一過的機能停止制御を介した新規ゲノム編集法の開発
  • 2019 - 2021 細菌リボソームRNAにコードされ生存危機ストレスにより翻訳される防御ポリペプチド
全件表示
論文 (50件):
  • Tatsuya Sakaguchi, Natsumi Nakagawa, Kenta Mine, Jose Isagani B. Janairo, Rui Kamada, James G. Omichinski, Kazuyasu Sakaguchi. Biomineralization through a Symmetry-Controlled Oligomeric Peptide. Biomimetics. 2023. 8. 8. 606-606
  • Shuya Sakaguchi, Natsumi Nakagawa, Haytham M. Wahba, Junya Wada, Rui Kamada, James G. Omichinski, Kazuyasu Sakaguchi. Highly Similar Tetramerization Domains from the p53 Protein of Different Mammalian Species Possess Varying Biophysical, Functional and Structural Properties. International Journal of Molecular Sciences. 2023
  • Rui Kamada, Hiromitsu Miyazaki, Jose Isagani Janairo, Yoshiro Chuman, Kazuyasu Sakaguchi. Bilayer Hydrogel Composed of Elastin-Mimetic Polypeptides as a Bio-Actuator with Bidirectional and Reversible Bending Behaviors. Molecules. 2023
  • Tatsuki Tsuruoka, Emiri Nakayama, Takuya Endo, Shingo Harashima, Rui Kamada, Kazuyasu Sakaguchi, Toshiaki Imagawa. Development of a fluorescence reporter system to quantify transcriptional activity of endogenous p53 in living cells. Journal of cell science. 2023
  • Itsumi Tani, Yui Oikawa, Seiyo Doi, Jose Isagani B Janairo, Rui Kamada, Kazuyasu Sakaguchi. Ribosomal protein uL30 undergoes phase separation with nucleophosmin and regulates nucleolar formation in the absence of RNA. Biochemical and biophysical research communications. 2023. 642. 35-40
もっと見る
MISC (27件):
  • プロテインホスファターゼ特異的阻害剤の開発. 化学と工業. 2020. 74. 3. 200-201
  • 鎌田瑠泉, 坂口和靖, 尾里啓子. 自然免疫を担うインターフェロン経路における「転写記憶」の発見とその制御機構解明. 実験医学. 2019. 37. 3. 415-418
  • R. Kamada, N. Nakagawa, J. Wada, K. Sakaguchi. ARGININE METHYLATION OF TETRAMERIZATION DOMAIN DESTABILIZES THE TETRAMERIC STRUCTURE OF TUMOR SUPPRESSOR PROTEIN P53. JOURNAL OF PEPTIDE SCIENCE. 2016. 22. S128-S128
  • N. Nakagawa, J. Wada, R. Kamada, T. Nomura, T. Imagawa, K. Sakaguchi. EVOLUTION OF THE TETRAMERIZATION DOMAIN IN TUMOR SUPPRESSOR PROTEIN P53. JOURNAL OF PEPTIDE SCIENCE. 2016. 22. S22-S22
  • Y. Toguchi, M. Kanno, R. Kamada, T. Imagawa, K. Sakaguchi. THE EFFECTS OF P53 TETRAMERIZATION DOMAIN MUTANTS FOUND IN LI-FRAUMENI SYNDROME ON HETERO-OLIGOMER FORMATION AND TRANSCRIPTIONAL ACTIVITY. JOURNAL OF PEPTIDE SCIENCE. 2016. 22. S86-S88
もっと見る
書籍 (1件):
  • Tetramer Stability and Functional Regulation of Tumor Suppressor Protein p53
    Springer 2012
学歴 (3件):
  • 2007 - 2010 北海道大学 大学院理学院 化学専攻 博士後期課程
  • 2006 - 2007 北海道大学 大学院理学院 化学専攻 修士課程
  • 2002 - 2006 北海道大学 理学部 化学科
学位 (1件):
  • 博士(理学) (北海道大学)
経歴 (5件):
  • 2020/04 - 現在 北海道大学 大学院理学研究院化学部門 准教授
  • 2014/05 - 2020/03 北海道大学 大学院理学研究院化学部門 助教
  • 2012/05 - 2014/04 National Institutes of Health, National Institute of Child Health and Human Development, Visiting Fellow
  • 2011/04 - 2012/04 京都大学 大学院工学研究科 特定研究員
  • 2008/04 - 2011/03 北海道大学 大学院理学院 日本学術振興会特別研究員(DC1)
委員歴 (2件):
  • 2022/01 - 現在 日本プロテインホスファターゼ研究会 世話人会
  • 2018/01 - 2021/03 日本ペプチド学会 編集委員
受賞 (6件):
  • 2022/03 - 2021年度 日本化学会 女性化学者奨励賞
  • 2020/12 - 第14回プロテインホスファターゼ国際カンファレンス Young Investigator Award in ICPP2020 (Best Presentation)
  • 2019/03 - 日本生化学会北海道支部 平成31年度若手奨励賞
  • 2016/11 - 日本プロテインホスファターゼ研究会 奨励賞
  • 2011/03 - 北海道大学 大塚賞
全件表示
所属学会 (4件):
日本プロテインホスファターゼ研究会 ,  日本生化学会 ,  日本ペプチド学会 ,  日本化学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る