研究者
J-GLOBAL ID:201501061903576558   更新日: 2021年08月20日

鈴木 真弥

スズキ マヤ | Maya Suzuki
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (2件): 地域研究 ,  社会学
研究キーワード (6件): 南アジア系移民 ,  北インド ,  ダリト運動 ,  カースト ,  ダリト(不可触民) ,  インド
競争的資金等の研究課題 (10件):
  • 2020 - 2024 グローバル化、ヒンドゥーナショナリズム、新自由主義下インドのカーストとダリト運動
  • 2019 - 2023 司法積極主義と社会運動からみる現代インドの自由民主主義体制の持続可能性
  • 2016 - 2020 現代インド・英国のカーストとダリト運動をめぐるグローバル化の重層的展開
  • 2018 - 2019 現代インド民主主義の持続性に関する学際的研究:司法積極主義と社会運動の観点から
  • 2018 - 2019 社会運動・法形成・権利実践からみる現代インドの民主主義と立憲主義
全件表示
論文 (6件):
  • Suzuki Maya. “Exclusivity rather than Inclusion: Dalit Assertion in Contemporary Urban India”. Senri Ethnological Studies (Structural Transformation in Globalizing South Asia). 2017. 96. 109-124
  • 鈴木 真弥. 現代インドにおける都市下層カーストの就労・生活状況:デリー市の清掃カースト世帯調査に基づく一考察. 中央大学政策文化総合研究所年報. 2014. 17. 175-196
  • 鈴木 真弥. (学位論文)現代インドにおける不可触民解放の一考察--デリーの清掃カーストを中心に. 慶應義塾大学大学院社会学研究科. 2012
  • 鈴木 真弥. Indian Government Strategy against Caste Inequality: ‘Liberating’ Untouchables in the Context of Welfare Schemes. Journal of Political Science and Sociology (Global Center of Excellence Center of Governance for Civil Society, Keio University). 2010. 21. 65-83
  • 鈴木 真弥. 被差別民の「解放」をめぐるインド社会とNGOの分析--ニューデリー市、スラブの活動をてがかりとして. 解放社会学研究. 2007. 21. 120-141
もっと見る
MISC (10件):
  • Toshie Awaya, Tsutomu Tomotsune and Maya Suzuki (eds.). Examining Stigmatization of Leather Industry: By Focusing on the Labor Forms of Dalits and Buraku (FINDAS International Conference Series 4). 2020
  • Toshie Awaya and Maya Suzuki (eds.). 東京外国語大学南アジア研究リサーチペーパー9 特別号 Nandita Das Special Lecture “Personal Life is Political: Women’s Issues in Contemporary India”. 2020
  • 鈴木 真弥. 【特集:変わるインドと日本】 現代インド社会の諸相--見える/見えにくい変化. 三田評論. 2019. 2019年11月号. 26-29
  • 鈴木 真弥. (書評)「油井美春『現代インドにおける暴動予防の政策研究』昭和堂、2017年」. 『アジア経済』. 2019. 60. 2. 73-76
  • Awaya, Toshie, Maya Suzuki. Gender and Ethnicity in Bangladesh: Life as a Rohingya Refugee (FINDAS International Conference Series 3). 2019. 3
もっと見る
書籍 (9件):
  • "Securing Livelihood Entitlements and Space: A Case Study of Balmikis in Delhi," in Survival Strategies of Minorities in South Asia: From Inclusion and Exclusion toward Cohabitation (日本学術振興会科学研究費基盤(C)「南アジアにおけるマイノリティの生存戦略--包摂と排除から共棲へ」報告書(18K11826)) by ed. Takako Inoue
    2021
  • “Manifestation of Dalit Rights, Justice and Dalit-ness in the Post-Mandal Era, ” in Minoru Mio, Kazuya Nakamizo, Tatsuro Fujikura (eds.), The Dynamics of Conflict and Peace in Contemporary South Asia: The State, Democracy and Social Movements (Routledge New Horizons in South Asian Studies)
    Routledge 2020
  • ようこそ南アジア世界へ(シリーズ地域研究のすすめ)
    昭和堂 2020
  • "Justice and Human Rights at the Grassroots Level: Judicial Empowerment in Dalit Activism" in Law and Democracy in Contemporary India Constitution, Contact Zone, and Performing Rights by Editors: Yamamoto, Tatsuya, Ueda, Tomoaki (Eds.)
    Palgrave Macmillan 2019 ISBN:9783319958378
  • インド文化事典
    丸善出版 2018 ISBN:9784621302354
もっと見る
講演・口頭発表等 (32件):
  • Diluted Dalit Rights and Justice in the Post-Mandal Era
    (The26th European Conference on South Asian Studies (ECSAS2021) 2021)
  • 生きられる「ダリト性」と運動の契機-高学歴ダリト若者の「カミングアウト」から考える
    (2020年度 第8回FINDAS研究会 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所 研共同利用・共同研究課題「南アジアの社会変動・運動における情動的契機」 2020年度第4回研究会と共催) 2021)
  • インドのダリト運動にみる権利意識と生存戦略
    (日本南アジア学会第33回全国大会 2020)
  • 現代ダリト運動におけるグローバル化とローカルな実践の重層的展開--イギリスのダリト移民調査から
    (2019年度第六回FINDAS研究会(科研16K16659と共催) 2020)
  • The Transnational Anti-caste Movement and the ‘Confused’ Identity of the Dalit Diaspora in the UK
    (The 10th International Convention of Asia Scholars (ICAS) , Leiden University 2019)
もっと見る
学歴 (3件):
  • - 2012 慶應義塾大学大学院
  • - 2003 Jawaharlal Nehru University
  • - 2001 東京外国語大学 南西アジア課程ヒンディー語専攻
学位 (1件):
  • 博士(社会学) (慶應義塾大学)
経歴 (15件):
  • 2020/04 - 現在 大東文化大学 国際関係学部 国際文化学科 准教授
  • 2013/02 - 現在 東京工業大学 非常勤講師
  • 2012/10 - 現在 大阪経済法科大学アジア太平洋研究センター 客員研究員
  • 2012/05 - 現在 中央大学政策文化総合研究所 客員研究員
  • 2015/04 - 2020/03 人間文化研究機構 地域研究推進センター 研究員(東京外国語大学)
全件表示
委員歴 (3件):
  • 2020/09 - 現在 日本南アジア学会 理事
  • 2018/09 - 現在 日本南アジア学会 英文ジャーナル編集委員
  • 2015/06 - 2019/04 大阪経済法科大学アジア太平洋研究センター 運営委員
受賞 (2件):
  • 2016/11 - 樫山奨学財団 第11回樫山純三賞 『現代インドのカーストと不可触民--都市下層民のエスノグラフィー』 (慶應義塾大学出版会、2015年)
  • 2016/11 - 毎日新聞社・アジア調査会 第28回アジア・太平洋賞特別賞 『現代インドのカーストと不可触民--都市下層民のエスノグラフィー』 (慶應義塾大学出版会、2015年)
所属学会 (4件):
三田社会学会 ,  日本南アジア学会 ,  日本社会学会 ,  The European Association for South Asian Studies (EASAS)
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る