研究者
J-GLOBAL ID:201501067025979322   更新日: 2020年10月14日

大林 陽子

オオバヤシ ヨウコ | Obayashi Yoko
所属機関・部署:
職名: 准教授
ホームページURL (1件): https://kaken.nii.ac.jp/d/r/70551224.ja.html
研究分野 (1件): 生涯発達看護学
研究キーワード (4件): 子育て支援 ,  大学の地域貢献 ,  ストレス ,  出産
競争的資金等の研究課題 (11件):
  • 2016 - 2020 NICU明暗環境の時間生物学的評価ツールと子どもに優しい成育環境基準の検討
  • 2018 - 2019 助産師と産科医師の分娩に関する心理的ストレスの研究
  • 2017 - 2019 日本人看護師の異文化看護プログラムの開発に関する研究
  • 2015 - 2019 出産心的外傷後ストレス症状とその関連要因
  • 2014 - 2015 褥婦のポストトラウマティックグロウスが母乳育児に及ぼす影響-産後早期から産褥3ヶ月までの前向き研究-
全件表示
論文 (23件):
MISC (8件):
もっと見る
書籍 (7件):
  • 根拠と事故防止からみた母性看護技術 第3版
    医学書院 2020
  • 現代の母性看護 各論
    名古屋大学出版会 2019 ISBN:9784815809744
  • 現代の母性看護 概論
    名古屋大学出版会 2018 ISBN:4815808996
  • 根拠と事故防止からみた母性看護技術 第2版
    医学書院 2016 ISBN:9784260024990
  • 看護師国家試験状況設定完全予想問題集2016年版
    成美堂出版 2015
もっと見る
講演・口頭発表等 (41件):
  • 携帯メールを利用した産後の母親の育児支援に向けた取り組み
    (第116回日本精神神経学会学術集会 2020)
  • 妊婦のメンタルヘルスと出産を支援する携帯メール介入の効果の国際比較~日本とタイにおける効果の比較~
    (第116回日本精神神経学会学術集会 2020)
  • 妊婦のメンタルヘルスと安全な出産のための携帯メールによる介入の効果~ランダム化比較試験~
    (第116回日本精神神経学会学術集会 2020)
  • NICUに入院した児の母親の直接授乳開始後1か月の母乳育児自己効力感の関連要因
    (第34回日本助産学会学術集会 2020)
  • An International Japan-Thailand collaborative study regarding text messaging for pregnant women
    (The 6th Internationa Nursing Research Conference of World Academy of Nursing Science (WANS) 第6回世界看護科学学会学術集会 2020)
もっと見る
学位 (1件):
  • 博士(看護学) (名古屋大学)
経歴 (2件):
  • 2016/04 - 現在 三重大学大学院 医学系研究科看護学専攻 准教授
  • 2009 - 愛知県立大学 看護学部 講師
委員歴 (1件):
  • 2019/04 - 現在 日本助産学会 専任査読者
所属学会 (6件):
日本国際看護学会 ,  日本国際保健医療学会 ,  日本助産学会 ,  日本母性衛生学会 ,  日本看護研究学会 ,  日本看護科学学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る