研究者
J-GLOBAL ID:201501071259838800   更新日: 2024年02月02日

林 眞理

ハヤシ マコト | Hayashi Makoto
所属機関・部署:
職名: グループリーダー
ホームページURL (2件): https://ja.mthayashilab.com/https://www.ifom.eu/en/cancer-research/researchers/makoto-hayashi.php
研究分野 (1件): 分子生物学
研究キーワード (4件): 細胞周期 ,  がん ,  テロメア ,  染色体
競争的資金等の研究課題 (13件):
  • 2023 - 2025 独自レポーター技術を用いた姉妹染色分体融合制御因子の探索
  • 2020 - 2024 染色体融合運命の多角的解析
  • 2020 - 2022 染色体融合可視化システムで挑む上皮性腫瘍の高頻度発生メカニズムの解明
  • 2020 - 2021 トポイソメラーゼ3酵素によるM期テロメア脱保護機構の解明
  • 2018 - 2020 染色体融合によるM期停止機構の4D解析
全件表示
論文 (14件):
  • Yuki Sato, Makoto T Hayashi. Micronucleus is not a potent inducer of the cGAS/STING pathway. Life Science Alliance. 2024
  • Diana Romero-Zamora*, Samuel Rogers*, Ronnie Ren Jie Low, Andrew B. Robinson, Scott G. Page, Blake J. E. Lane, Noa Lamm, Fuyuki Ishikawa, Makoto T. Hayashi**, Anthony J. Cesare**, et al. A CPC-shelterin-BTR axis regulates mitotic telomere deprotection. 2024
  • Diana Romero-Zamora, Makoto T. Hayashi. A non-catalytic N-terminus domain of WRN prevents mitotic telomere deprotection. Scientific Reports. 2023. 13. 1
  • Katsushi Kagaya, Naoto Noma-Takayasu, Io Yamamoto, Sanki Tashiro, Fuyuki Ishikawa, Makoto T Hayashi. Chromosome instability induced by a single defined sister chromatid fusion. Life Science Alliance. 2020. 3. 12. e202000911-e202000911
  • V. Pragathi Masamsetti, Ronnie Ren Jie Low, Ka Sin Mak, Aisling O’Connor, Chris D. Riffkin, Noa Lamm, Laure Crabbe, Jan Karlseder, David C. S. Huang, Makoto T. Hayashi, et al. Replication stress induces mitotic death through parallel pathways regulated by WAPL and telomere deprotection. Nature Communications. 2019. 10. 1
もっと見る
MISC (26件):
書籍 (8件):
  • 細胞周期とテロメア
    羊土社 がん生物学イラストレイテッド 第2版 2019
  • テロメアの生物学-老化・がん化の分子基盤
    実験医学 増刊 染色体の新常識 2018
  • テロメアクライシス期におけるM期停止を介した細胞死機構
    生化学 2016
  • テロメア・テロメレースによる老化制御
    日本臨牀 老化制御と疾患-エイジング研究の進歩- 2016
  • テロメアによる細胞周期制御
    医学のあゆみ 2012
もっと見る
講演・口頭発表等 (45件):
  • M期テロメア脱保護機構の分子機構の解明
    (第46回日本分子生物学会年会 2023)
  • AURKB-TRF1-BTR Axis Promotes Mitotic Telomere Deprotection by Counteracting the TRF2 Basic Domain
    (CSHL Meeting Telomere & Telomerase 2023 2023)
  • Mechanism of Mitotic Telomere Deprotection
    (IFOM ETS-KU Joint mini-Symposium 2022)
  • M期テロメア脱保護の分子機構解析」
    (第39回染色体ワークショップ・第19回核ダイナミクス研究会 2021)
  • M期テロメア脱保護の分子機構解析
    (第80回日本癌学会学術総会 2021)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2006 - 2008 大阪大学大学院 理学研究科生物科学専攻 博士課程(学振DC1)
  • 2004 - 2006 大阪大学大学院 理学研究科生物科学専攻 修士課程
  • 2000 - 2004 大阪大学 理学部生物学科 学部生
学位 (1件):
  • 理学博士 (大阪大学)
経歴 (7件):
  • 2020/04 - 現在 京都大学/イタリア分子腫瘍学研究所(IFOM) 医学研究科 先端・国際医学講座 IFOM-KU国際共同ラボ Junior PI/客員准教授
  • 2015/04 - 2020/03 京都大学 白眉センター・生命科学研究科 特定助教
  • 2014/05 - 2015/03 ソーク研究所 分子細胞生物学研究室(Karlseder研) ポスドク
  • 2013/05 - 2014/04 ソーク研究所 分子生物学研究室(Karlseder研究室) ポスドク
  • 2011/05 - 2013/04 ソーク研究所 分子生物学研究室(Karlseder研究室) ポスドク
全件表示
委員歴 (3件):
  • 2021/04 - 現在 国立研究開発法人 科学技術振興機構 世界で活躍できる研究者育成プログラム総合支援事業 育成アドバイザー
  • 2020/01 - 2020/12 第43回日本分子生物学会年会 プログラム委員
  • 2017/01 - 2017/12 第40回日本分子生物学会年会・第90回日本生化学会大会 プログラム委員
受賞 (2件):
  • 2019/06 - 日本細胞生物学会 日本細胞生物学会若手優秀発表賞
  • 2016/11 - 京都大学 第四回京都大学学際研究着想コンテスト 最優秀賞 旅する科学絵本プロジェクト
所属学会 (3件):
日本癌学会 ,  日本細胞生物学会 ,  日本分子生物学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る