研究者
J-GLOBAL ID:201501071700486214   更新日: 2021年04月12日

大尾 侑子

オオビ ユウコ | OBI Yuko
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (3件): 日本文学 ,  社会学 ,  社会学
研究キーワード (8件): 軟派出版 ,  ファン研究 ,  歴史社会学 ,  メディア史 ,  日本近代文学 ,  オーディエンス研究 ,  文化社会学 ,  メディア論
競争的資金等の研究課題 (7件):
  • 2021 - 2024 戦後日本の「悪書追放運動」をめぐる比較メディア史的研究
  • 2021 - 2022 「地下出版のメディア史」
  • 2018 - 2021 近代東アジアにおける「表現の自由」と文化的相互浸透に関するメディア社会学的研究
  • 2017 - 2020 「市井の学」にみる趣味と研究の歴史社会学:近代日本におけるアカデミズムと逸脱者
  • 2018 - 2019 A18-1 戦中・戦後における〈日本〉意識の文化的諸問題とアジア(2018-2019年度)
全件表示
論文 (9件):
  • 陳怡禎, 大尾侑子. 傑尼斯偶像網路時代下的粉絲消費新模式--傑尼斯迷網路使用之台日比較. 2021
  • 大尾侑子. ファンの愛情か、音楽チャートの撹乱か? - K-POPアイドルファンの「スミン」行為にみる “越境する”協働. 『亚洲文化 Asian Culture』. 2020. 39. 95-106
  • 「地下出版と教養のメディア史--近代日本における教養主義の裏面」. 東京大学(博士論文). 2020
  • 「出版界の「異端児」と東アジア-戦前昭和における理想郷としての「上海」」. 『日本近代における<国家意識>形成の諸問題とアジア』(勁草書房). 2019. 126-152
  • 大尾侑子. 「非人情な結束」としての「自費出版同盟」にみる〈社会運動〉構想--1920年代の雑誌『文党』のマニフェスト分析から--. 『年報社会学論集』関東社会学会. 2017. 30. 122-133
もっと見る
MISC (15件):
  • 大尾侑子. 【アンケート】取り組んでいる課題テーマ・論文/最近の掘り出しオモシロ資料(古書ほか). 『文献継承』金沢文圃閣 (第37号) 2021年3月. 2021. 37. 1-1
  • 「パンフレットにみる戦前昭和の軟派出版--梅原北明と伊藤竹酔の交差点」. 『性・風俗・軟派出版パンフレット集成 エログロナンセンスの尖端 復刻 第2巻』. 2020. 2. 1-28
  • 大尾侑子. 【アンケート】取り組んでいる課題テーマ・論文/最近の掘り出しオモシロ資料. 『文献継承』金沢文圃閣. 2020. 臨時第35
  • 大尾侑子. 解題「「出版人」にみる古書事業と愛書趣味の交点--伊藤竹酔の足跡を辿る」. 『粋古堂・伊藤竹酔-昭和前期の軟派出版と古書事業』金沢文圃閣、*文圃文献類従71* 【編集復刻版】. 2020. 1-30
  • 大尾侑子. ワークショップ9 東アジアの女性ファン文化とネットワーク社会. マス・コミュニケーション研究. 2019. 94(0). 247-248
もっと見る
書籍 (6件):
  • 『都市科学事典』
    春風社・横浜国立大学都市科学部編 2021
  • 『性・風俗・軟派出版パンフレット集成 第2巻セット』
    金沢文圃閣 2020
  • 『粋古堂・伊藤竹酔 昭和前期の軟派出版と古書事業』 復刻 全三巻・別冊 (文圃文献類従)
    金沢文圃閣 2020 ISBN:9784909680464
  • 『日本近代における<国家意識>形成の諸問題とアジア』(勁草書房)
    2019 ISBN:9784326603145
  • 『カストリ雑誌考【完全版】』
    金沢文圃閣 2018 ISBN:9784909680037
もっと見る
講演・口頭発表等 (25件):
  • 「傑尼斯偶像網路時代下的粉絲消費新模式--傑尼斯迷網路使用之台日比較」
    (文化研究年會 2021(文化研究學會 Cultural Studies Association, Taiwan)/廳議會樓十 A地場 2021)
  • 第37期9回研究会「メディアから東京を考え、東京からメディアを考える」(メディア文化部会)
    (日本マス・コミュニケーション学会 2021)
  • 「有害図書類」が”生まれる”場所--尼崎市における「白ポスト」回収作業のフィールドワーク
    (第93回 日本社会学会大会(オンライン開催) 2020)
  • 悪書追放運動における「母」--”子を守る母”が生み出す世論と「悪書」
    (第92回 日本社会学会大会( 於東京女子大学) 2019)
  • 若手ワーキングセッション--若手とベテランの間に「溝」はあるか?-若手研究者からの提言とその実現可能性
    (日本マス・コミュニケーション学会春季研究発表会(於立命館アジア太平洋大学) 2019)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2014 - 2017 東京大学大学院
  • 2012 - 2014 東京大学大学院
  • 2009 - 2012 上智大学 社会学科
学位 (2件):
  • 修士(社会情報学) (東京大学)
  • 博士(社会情報学) (東京大学)
経歴 (13件):
  • 2020/10 - 現在 桃山学院大学 社会学部社会学科 准教授
  • 2020/04 - 2020/09 桃山学院大学 社会学部社会学科 専任講師
  • 2019/04 - 2020/03 二松學舍大学 文学部非常勤講師(「表象メディア史A/B」)
  • 2019/04 - 2020/03 中央大学 文学部 非常勤講師(「社会情報学概論1,2」)
  • 2018/04 - 2020/03 学習院大学法学部政治学科 非常勤講師(「特殊講義インターネットと公共性I/II」)
全件表示
委員歴 (5件):
  • 2020/04 - 現在 桃山学院大学社会学部 学部将来構想委員会
  • 2019/08 - 現在 マス・コミュニケーション学会 メディア文化部会幹事
  • 2019 - 現在 マス・コミュニケーション学会 次世代委員会
  • 2018/01 - 2019/06 マス・コミュニケーション学会 若手ワーキンググループ
  • 2017/10 - 2019/06 マス・コミュニケーション学会 企画委員
受賞 (2件):
  • 2016/03 - 社会情報学会・日本計画行政学会 優秀発表賞 「ファン・コミュニティにおける階層秩序意識と「ファン資本」--ヴィジュアル系ファンへの質的調査から--」
  • 2014/09 - 社会情報学会 研究発表優秀賞(第3回学会大会発表) 「「原稿」の価値--昭和初期の雑誌『文藝市場』の宣伝活動を事例に--」(於京都大学)
所属学会 (6件):
出版学会 ,  日本近代文学会 ,  日本マス・コミュニケーション学会 ,  社会情報学会 ,  関東社会学会 ,  日本社会学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る