研究者
J-GLOBAL ID:201501071748262083   更新日: 2020年09月01日

藤墳 大裕

フジツカ ヒロヤス | FUJITSUKA Hiroyasu
所属機関・部署:
職名: 助教
ホームページURL (1件): http://www.chemeng.titech.ac.jp/~tagolabo/index.html
研究分野 (2件): 触媒プロセス、資源化学プロセス ,  反応工学、プロセスシステム工学
研究キーワード (2件): 化学工学 ,  反応工学
競争的資金等の研究課題 (4件):
  • 2017 - 2020 合成ガスからのバルクケミカル高効率製造を実現する機能集積型触媒の開発
  • 2015 - 2017 部分酸化と水素化分解の2段階処理による未利用炭素資源からの単環芳香族合成法の開発
  • 2015 - 2017 アルミノフェリシリケート触媒によるナフサ留分からの低級オレフィン低温合成
  • 2013 - 2016 非在来型原油の軽質燃料化を実現する新規固体酸触媒の開発と反応場の設計
論文 (11件):
  • Supanat Hanprerakriengkrai, Hiroyasu Fujitsuka, Koji Nakagawa, Hiroyuki Nakagawa, Teruoki Tago. Preparation of carbon supported Pt-Ni alloy nanoparticle catalyst with high metal loading using cation exchange resin and its application for hydrogen production. CHEMICAL ENGINEERING JOURNAL. 2019. 377
  • Takahito Kobayashi, Takaaki Furuya, Hiroyasu Fujitsuka, Teruoki Tago. Synthesis of Birdcage-type zeolite encapsulating ultrafine Pt nanoparticles and its application in dry reforming of methane. CHEMICAL ENGINEERING JOURNAL. 2019. 377. 120203-120210
  • Hiroyasu Fujitsuka, Koji Nakagawa, SUparlat Hanprerakriengkrai, Hiroyuki Nakagawa, Teruoki Tago. Hydrogen Production from Formic Acid Using Pd/C, Pt/C, and Ni/C Catalysts Prepared from Ion-Exchange Resins. JOURNAL OF CHEMICAL ENGINEERING OF JAPAN. 2019. 52. 5. 423-429
  • Hiroyasu Fujitsuka, Kazuhiro Terai, Masanori Hayashi, Takuya Yoshikawa, Yuta Nakasaka, Takao Masuda, Teruoki Tago. Optimization of Allyl Alcohol Production from Glycerol over Iron Oxide Catalyst. JOURNAL OF THE JAPAN PETROLEUM INSTITUTE. 2019. 62. 6. 319-328
  • Hiroyasu Fujitsuka, Masaki Tamura, Teruoki Tago. Production of monocyclic phenols by the liquid-phase hydrogenolysis of benzofuran and dibenzyl ether using in situ hydrogen production from methanol. Catalysis Today. 2018. 303. 213-218
もっと見る
MISC (9件):
もっと見る
講演・口頭発表等 (48件):
  • Pt-Mg担持ゼオライトを用いた長鎖ノルマルパラフィンからの低級イソパラフィン選択合成
    (石油学会 年会・秋季大会講演要旨集 2019)
  • 金属超微粒子内包Birdcage構造ゼオライト触媒の開発とMTO反応への適用
    (化学工学会秋季大会研究発表講演要旨集(CD-ROM) 2018)
  • Enhancement of hydrogen production via formic acid decomposition on carbon supported Pt-Ni alloy catalyst with high metal loading
    (化学工学会年会研究発表講演要旨集(CD-ROM) 2018)
  • Pt担持ゼオライト触媒によるn-デカン異性化・水素化分解
    (化学工学会年会研究発表講演要旨集(CD-ROM) 2018)
  • Rh超微粒子内包Birdcage型ゼオライトへの酸点導入とメタノール転換反応活性
    (第20回化学工学会学生発表会 2018)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2011 - 2014 京都大学大学院
  • 2009 - 2011 京都大学大学院
  • 2005 - 2009 京都大学 工業化学科
学位 (1件):
  • 博士(工学) (京都大学)
経歴 (3件):
  • 2016/04 - 現在 東京工業大学 物質理工学院 応用化学系 助教
  • 2015/04 - 2016/03 東京工業大学 理工学研究科 化学工学専攻 助教
  • 2014/04 - 2015/03 京都大学 エネルギー理工学研究所 特定研究員
委員歴 (3件):
  • 2017/09 - 現在 化学工学会反応工学部会若手会 幹事
  • 2017/04 - 現在 石油学会若手組織(JPIJS) 幹事
  • 2017/04 - 現在 触媒学会若手会 委員
受賞 (4件):
  • 2020/03 - 八洲環境技術振興財団 八洲奨励賞 高効率水素製造を目指したイオン交換樹脂を前駆体とした高機能炭素担持合金触媒の開発
  • 2014/10 - 第51回石炭科学会議 発表賞
  • 2013/11 - The 20th Regional Symposium on Chemical Engineering Best paper award
  • 2010/12 - 23rd International Symposium on Chemical Engineering Grand prize award
所属学会 (5件):
日本エネルギー学会 ,  日本ゼオライト学会 ,  石油学会 ,  触媒学会 ,  化学工学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る