研究者
J-GLOBAL ID:201501072936082110   更新日: 2020年10月08日

大橋 伸太

オオハシ シンタ | Ohashi Shinta
所属機関・部署:
職名: 主任研究員
研究分野 (2件): 森林科学 ,  木質科学
研究キーワード (5件): 熱帯 ,  δ<sup>13</sup>C ,  δ<sup>18</sup>O ,  セシウム ,  年輪
競争的資金等の研究課題 (5件):
  • 2018 - 2021 スギ材のセシウム濃度にサイト間差が生じる要因の解明:年輪生態学的アプローチ
  • 2016 - 2019 森林放射性セシウム動態データベースの構築とマルチモデルによる将来予測
  • 2016 - 2019 アマゾン熱帯林における低インパクト型択伐施業の可能性:樹種の成長特性に基づく検証
  • 2015 - 2017 スギ幹材の放射性セシウム濃度が増加する要因の解明:吸水量の違いが及ぼす影響
  • 2010 - 2012 熱帯樹木の年輪と形成要因
論文 (22件):
  • Wataru Sakashita, Satoru Miura, Akio Akama, Shinta Ohashi, Shigeto Ikeda, Tomoyuki Saitoh, Masabumi Komatsu, Yoshiki Shinomiya, Shinji Kaneko. Assessment of vertical radiocesium transfer in soil via roots. Journal of Environmental Radioactivity. 2020. 222. 106369
  • Shinta Ohashi, Katsushi Kuroda, Takeshi Fujiwara, Tsutomu Takano. Tracing radioactive cesium in stem wood of three Japanese conifer species 3 years after the Fukushima Dai-ichi Nuclear Power Plant accident. Journal of Wood Science. 2020. 66. 1. 44
  • Shoji Hashimoto, Naohiro Imamura, Shinji Kaneko, Masabumi Komatsu, Toshiya Matsuura, Kazuya Nishina, Shinta Ohashi. New predictions of 137Cs dynamics in forests after the Fukushima nuclear accident. Scientific Reports. 2020. 10. 29
  • Kazuya Nishina, Shoji Hashimoto, Naohiro Imamura, Shinta Ohashi, Masabumi Komatsu, Shinj iKaneko, Seiji Hayashi. Calibration of forest 137Cs cycling model ”FoRothCs” via approximate Bayesian computation based on 6-year observations from plantation forests in Fukushima. Journal of Environmental Radioactivity. 2018. 193-194. 82-90
  • Tatsuya Otani, Adriano JN Lima, Rempei Suwa, Marcio RM Amaral, Shinta Ohashi, Alberto CM Pinto, Joaquim Dos Santos, Takuya Kajimoto, Niro Higuchi, Moriyoshi Ishizuka. Recovery of above-ground tree biomass after moderate selective logging in a central Amazonian forest. iForest. 2018. 11. 3. 352-359
もっと見る
MISC (8件):
もっと見る
講演・口頭発表等 (64件):
  • 添加実験による森林土壌有機物のセシウム保持能の評価
    (第21回「環境放射能」研究会(つくば) 2020)
  • スギ材のアルカリ金属濃度の個体間差と成長速度・水利用効率との関係
    (第131回日本森林学会大会(名古屋) 2020)
  • 森林内における137Cs動態のモデル解析
    (第131回日本森林学会大会(名古屋) 2020)
  • コナラ当年枝中のセシウム濃度の個体内変動
    (第131回日本森林学会大会(名古屋) 2020)
  • 帰還困難区域内及び周辺のスギ林における放射性セシウムの分布の連年調査
    (第131回日本森林学会大会(名古屋) 2020)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2009 - 2012 京都大学 森林科学専攻 博士課程
  • 2007 - 2009 京都大学 森林科学専攻 修士課程
  • 2003 - 2007 京都大学 森林科学科
学位 (1件):
  • 博士(農学)
経歴 (9件):
  • 2018/04 - 現在 森林総合研究所 木材加工・特性研究領域 組織材質研究室 主任研究員
  • 2016/04 - 現在 森林総合研究所 震災復興・放射性物質研究拠点 併任
  • 2014/10 - 2018/03 森林総合研究所 木材特性研究領域 組織材質研究室 研究員
  • 2014/06 - 2014/09 森林総合研究所 企画部 放射性物質影響評価室 非常勤特別研究員
  • 2014/04 - 2014/05 森林総合研究所 木材特性研究領域 組織材質研究室 非常勤職員
全件表示
委員歴 (4件):
  • 2016/06 - 現在 日本森林学会 森林科学編集委員
  • 2016/04 - 現在 日本熱帯生態学会 TROPICS編集委員
  • 2016/04 - 現在 日本熱帯生態学会 編集幹事
  • 2016/06 - 2018/05 日本森林学会 主事(会計担当)
受賞 (2件):
  • 2020/03 - 日本森林学会 奨励賞
  • 2014/06 - 日本熱帯生態学会 吉良賞奨励賞
所属学会 (4件):
日本木材学会 ,  日本森林学会 ,  日本熱帯生態学会 ,  日本生態学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る