研究者
J-GLOBAL ID:201501073879306577   更新日: 2022年03月09日

尾崎 拓

オザキ タク | Ozaki Taku
所属機関・部署:
職名: 講師
ホームページURL (2件): https://www.fuksi-kagk-u.ac.jp/faculty/psychology/ozaki-taku.htmlhttps://www.researchgate.net/profile/Taku_Ozaki
研究分野 (1件): 社会心理学
研究キーワード (3件): 防災 ,  リスク ,  社会心理学
競争的資金等の研究課題 (1件):
  • 2021 - 2023 何%からが「おおぜい」か?: 記述的規範の閾値を特定する
論文 (11件):
  • 尾崎 拓. 学位論文: 防災行動を促進するために記述的規範を用いることの有効性・危険性・境界条件. 2021
  • Kazuya Nakayachi, Taku Ozaki, Yukihide Shibata, Ryosuke Yokoi. A comparison of perceived effectiveness of preventive behaviors against COVID-19 between the public and medical experts: Not so different in means, but in distributions. Journal of Health Psychology. 2021
  • 中谷内 一也, 尾崎 拓, 柴田 侑秀, 横井 良典. 新型コロナウィルス拡大期における手洗い行動の規定因. 心理学研究. 2021. 92. 5
  • 尾崎 拓, 中谷内 一也. 記述的規範の落とし穴: 防災行動を促進するためのナッジが逆効果になる場合. リスク学研究. 2021. 30. 2
  • Kazuya Nakayachi, Taku Ozaki, Yukihide Shibata, Ryosuke Yokoi. Why Do Japanese People Use Masks Against COVID-19, Even Though Masks Are Unlikely to Offer Protection From Infection?. Frontiers in Psychology. 2020. 11
もっと見る
講演・口頭発表等 (15件):
  • 学部卒業生の学修修得実感の二次元性: 卒業時アンケートとGPAの関連
    (大学教育改革フォーラム in 東海2022 2022)
  • The Unintended Effect of Descriptive Norms on Various Kinds of Disaster Preparation
    (The 11th International Conference of the International Society for the INTEGRATED DISASTER RISK MANAGEMENT 2021)
  • 「みんな」とは何割か: 項目反応理論を用いた記述的規範の閾値の推定
    (日本社会心理学第62回大会 2021)
  • 新型コロナ対策の有効性認知:公衆と医師の違い
    (日本リスク研究学会第 33 回年次大会 2020)
  • 新型コロナ対策の有効性認知に関する公衆-専門家間比較:8種類の行動的対策を材料として
    (日本社会心理学会第61回大会 2020)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2015 - 2021 同志社大学大学院 博士 (後期) 課程
  • 2013 - 2015 同志社大学大学院 博士 (前期) 課程
  • 2007 - 2011 同志社大学 心理学科
学位 (1件):
  • 博士 (心理学) (同志社大学)
経歴 (5件):
  • 2021/04 - 現在 関西福祉科学大学 心理科学部 心理科学科 講師
  • 2020/04 - 現在 済生会野江看護専門学校 非常勤講師 (情報科学・統計学)
  • 2020/04 - 現在 京都産業大学 非常勤講師 (社会心理学入門・文化と心理入門)
  • 2015/04 - 2018/03 帝塚山大学 非常勤講師 (行動科学)
  • 2015/04 - 2018/03 日本学術振興会 特別研究員 (DC1)
受賞 (2件):
  • 2019/12 - 日本社会心理学会 若手研究者奨励賞 「みんな」とは何割か: 記述的規範の閾値・個人差・個人内過程
  • 2014/12 - 日本心理学会 2014年度学術大会優秀発表賞 自転車二重ロック促進に対するTranstheoretical model の応用 (1)
所属学会 (5件):
Integrated Disaster Risk Management Society ,  日本リスク研究学会 ,  日本災害情報学会 ,  日本社会心理学会 ,  日本心理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る