研究者
J-GLOBAL ID:201501077236166170   更新日: 2021年03月27日

田村 直輝

タムラ ナオキ | Tamura Naoki
所属機関・部署:
職名: 助教
研究分野 (3件): 応用分子細胞生物学 ,  細胞生物学 ,  機能生物化学
研究キーワード (6件): 液胞/リソソーム ,  イノシトールリン脂質 ,  オートファジー ,  液胞/リソソーム ,  イノシトールリン脂質 ,  オートファジー
競争的資金等の研究課題 (4件):
  • 2020 - 2023 p62変異による液-液相分離異常の微細形態とその分子基盤
  • 2019 - 2022 オートファジーにおける隔離膜伸長過程の多角的な微細構造解析
  • 2015 - 2018 オートファジーの機能形態学的基盤-隔離膜生成機構の解明に向けて
  • 2015 - 2018 PI(3,5)P2結合因子としてのWIPI familyの解析
論文 (11件):
  • Shun Kageyama, Sigurdur Runar Gudmundsson, Yu-Shin Sou, Yoshinobu Ichimura, Naoki Tamura, Saiko Kazuno, Takashi Ueno, Yoshiki Miura, Daisuke Noshiro, Manabu Abe, et al. p62/SQSTM1-droplet serves as a platform for autophagosome formation and anti-oxidative stress response. Nature communications. 2021. 12. 1. 16-16
  • Tatsuhiko Mori, Naoki Tamura, Satoshi Waguri, Toshiyuki Yamamoto. Autophagy is involved in the sclerotic phase of systemic sclerosis. Fukushima journal of medical science. 2020. 66. 1. 17-24
  • Sanae Ueda, Naoki Tamura, Joji Mima. Membrane Tethering Potency of Rab-Family Small GTPases Is Defined by the C-Terminal Hypervariable Regions. Frontiers in cell and developmental biology. 2020. 8. 577342-577342
  • Naoki Tamura, Shun Kageyama, Masaaki Komatsu, Satoshi Waguri. Hyperosmotic Stress Induces Unconventional Autophagy Independent of the Ulk1 Complex. Molecular and cellular biology. 2019. 39. 16
  • Kazuya Segawa, Naoki Tamura, Joji Mima. Homotypic and heterotypic trans-assembly of human Rab-family small GTPases in reconstituted membrane tethering. Journal of Biological Chemistry. 2019
もっと見る
MISC (1件):
  • 坂井 俊介, 蔭山 俊, 田村 直輝, 成田 一衛, 和栗 聡, 小松 雅明. オートファジーの分子メカニズムと生理機能 オートファジー関連遺伝子Atg2Bは初期発生に必要である. 生命科学系学会合同年次大会. 2017. 2017年度. [3AW19-7]
書籍 (1件):
  • 化学と生物
    日本農芸化学会 2014
講演・口頭発表等 (14件):
  • 高浸透圧ストレス下におけるオートファジー分子の機能解析
    (第61回 日本脂質生化学会 2019)
  • 高浸透圧ストレス下におけるWIPI2の後期エンドソ-ム局在について
    (第124回日本解剖学会総会・全国学術集会 2019)
  • 高浸透圧ストレス誘導性オートファジーの分子メカニズムの解析
    (第123回日本解剖学会総会・全国学術集会 2018)
  • 浸透圧ストレス誘導性オートファジーの分子機構の解明
    (第69回日本細胞生物学会大会 2017)
  • Phenotypic analysis of mice defective in Atg2A/B
    (第69回日本細胞生物学会大会 2017)
もっと見る
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る