研究者
J-GLOBAL ID:201501077752554321   更新日: 2021年08月27日

久保 豊

クボ ユタカ | Kubo Yutaka
所属機関・部署:
職名: 准教授
ホームページURL (1件): https://ridb.kanazawa-u.ac.jp/public/detail.php?id=11296&page=7&org1_cd=32
研究分野 (2件): ジェンダー ,  美学、芸術論
研究キーワード (14件): 男性性 ,  喪失 ,  エイジング ,  触覚 ,  忘却 ,  記憶 ,  表象文化論 ,  映画史 ,  アーカイブ ,  セクシュアリティ ,  クィア ,  ジェンダー ,  映画学 ,  映画
競争的資金等の研究課題 (12件):
  • 2020 - 2025 デジタル映像アーカイブの未来研究
  • 2019 - 2023 産業史的視点による日本映画史の再構築:1970年代構造的変革についての共同研究
  • 2020 - 2022 映画雑誌『キネマ旬報』にみるエイジングをめぐる産業的・批評的言説に関する基礎研究
  • 2020 - 2021 日本映画産業にみる性的少数者の表象をめぐる作品製作・興行・解釈に関する基礎研究
  • 2020 - 2021 2010年代の日本映画産業にみる若さと老いをめぐる政治性に関する基礎研究
全件表示
論文 (11件):
  • 久保豊. 毒々しく咲く薔薇の政治性--1990年代の小林悟作品に見るHIV/エイズに対するスティグマの可視化と無縁化. 演劇研究. 2020. 43. 83-97
  • Yutaka Kubo. Still Grieving: Mobility and Absence in Post-3/11 Mourning Films. Journal of Japanese and Korean Cinema. 2019. 11. 1. 55-67
  • 久保 豊. 木下惠介におけるクィアな感性の探求--1950年代の作品を中心に. 京都大学大学院人間・環境学研究科博士論文. 2017
  • 久保 豊. Queering Film Location and the Byakkotai: Kinoshita Keisuke's Queer Sensibility and Sekishunchō (1959). Reconstruction: Studies in Contemporary Culture. 2016. 16. 2
  • 久保 豊. 天女のくちづけーー『お嬢さん乾杯!』における原節子. 『ユリイカ』2016年2月号 特集=原節子と<昭和>の風景. 2016. 48. 3. 155-163
もっと見る
MISC (31件):
  • 久保豊. 紹介文「 ミツヨ・ワダ・マルシアーノ著『NO NUKES 〈ポスト3・11〉映画の力・アートの力 』」. REPRE. 2021. 42
  • 久保豊. 向田邦子が映画女優マレーネ・ディートリヒに編んだ老いという名の「手袋」. wezzy. 2021
  • 久保豊. クィア映画批評を先駆けた石原郁子は、『燃ゆる女の肖像』にみる別離の愛をどう語るのだろうか. wezzy. 2021
  • ミツヨ・ワダ・マルシアーノ, 久保豊. 「他者」の声を聴く--学ぶ姿勢はずっと持ち続けないといけない ミツヨ・ワダ・マルシアーノ著『NO NUKES--〈ポスト3・11〉映画の力・アートの力』(名古屋大学出版会)をめぐって. 『図書新聞』. 2021. 3490. 1-2
  • Yutaka Kubo. Review "Inside/Out: LGBTQ+ Representation in Film and Television". Queer Lens, Chinese Independent Film Archive. 2021
もっと見る
書籍 (17件):
  • Japanese Visual Media: Politicizing the Screen
    Routledge 2021
  • 『点から線へ--トランスジェンダーの〝いま〟を越えて 映画『片袖の魚』より』
    旅と思索社 2021
  • 『「シン・エヴァンゲリオン」を読み解く』
    河出書房新社 2021
  • 『渋谷実 巨匠にして異端』
    水声社 2020
  • 『キネマ旬報』2020年10月下旬特別号
    2020
もっと見る
講演・口頭発表等 (36件):
  • ホーム・ムーヴィー&ヴィデオの視点からクィア・フィルム・アーカイブの未来を考える
    (科研費「デジタル映像アーカイブの未来研究」2021年度第2回研究会 2021)
  • Questioning Normative Boundaries: Re-examining Gender, the Body, and Identity in a Global Context
    (An Online Cinema Screening and Dialoguing with the Filmmakers Series 2020)
  • 「キラキラ」「ほっこり」じゃないとダメですか?--日本映画にみる性的マイノリティのエイジング
    (Queer Visions in East Asia 2020)
  • <ディスカッサント> 新世代パネル「クィア的再考の実践--映画、漫画、文学」
    (文化としてのゴミ 2020)
  • 映画監督木下惠介とホームムービー
    (2019)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2014 - 2017 京都大学大学院 博士後期課程
  • 2012 - 2014 京都大学大学院 修士課程
  • 2005 - 2009 フラミンガム州立大学 文学(映画学)専攻
学位 (1件):
  • 博士(人間・環境学) (京都大学)
経歴 (17件):
  • 2020/10 - 現在 金沢大学 人間社会学域 国際学類 米英コース 准教授
  • 2018/09 - 現在 都留文科大学 文学部国際教育学科 非常勤講師
  • 2020/08 - 2021/03 宮城学院女子大学 学芸学部 日本文学科 非常勤講師
  • 2018/09 - 2021/03 一橋大学 国際教育交流センター 非常勤講師
  • 2019/04 - 2020/09 早稲田大学 文化構想学部 非常勤講師
全件表示
委員歴 (3件):
  • 2020/08 - 現在 表象文化論学会 2020年度ハラスメント対策委員会
  • 2015/07 - 2017/03 日本映画学会 学会ウェブサイト管理
  • 2014/08 - 2015/10 京都大学大学院人間・環境学研究科 電子映画学術誌 CineMagaziNet! ウェブ・マスター
受賞 (5件):
  • 2019/06 - The Archives, Libraries, Museums and Special Collections (ALMS) Conference Travel Grant
  • 2017/03 - The Society for Cinema and Media Studies (SCMS) Travel Grant to Promote Diversity
  • 2014/06 - 独立行政法人 日本学生支援機構 特に優れた業績による奨学金返還免除 (第一種奨学金全額免除)
  • 2009/07 - Framingham State College, Department of English Harter Scholarship
  • 2009/06 - Independent Association of Framingham State Alumni Dorothy Larned International Scholarship
所属学会 (4件):
日本映像学会 ,  Society for Cinema and Media Studies ,  表象文化論学会 ,  日本映画学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る