研究者
J-GLOBAL ID:201501079103090424   更新日: 2021年05月28日

春名 展生

ハルナ ノブオ | Haruna Nobuo
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (2件): 政治学 ,  国際関係論
論文 (10件):
  • 春名展生. 国粋主義者の誕生-志賀重昂の思想形成に関する一考察-. 東京外国語大学 国際日本学研究. 2021. 1. 61-71
  • 春名展生. 「大東亜共栄圏」から「海洋国家」へ-地政学の断絶・継承と高坂正堯-. 東京外国語大学国際日本学研究. 2020. 0. 71-82
  • 春名展生. 文科系予備教育の課題-修了生へのアンケート調査を手がかりとして-. 東京外国語大学留学生日本語教育センター論集. 2019. 45. 271-282
  • 春名展生. 地政学の政治学的受容--小野塚喜平治ルートの素描. 東京外国語大学論集. 2018. 97. 83-108
  • 春名展生. 国費学部留学生の専攻分野:2010年代の急転回をめぐって. 東京外国語大学留学生日本語教育センター論集. 2018. 44. 163-174
もっと見る
MISC (2件):
  • Nobuo Haruna. Ekkyōsha no seijishi (The Political History of Border Crossers: Japanese Emigration and Colonization in the Asia-Pacific). Social Science Japan Journal. 2017. 20. 2. 300-303
  • 春名展生. 森肇志『自衛権の基層--国連憲章にいたる歴史的展開』. 史学雑誌. 2010. 119. 4. 79-84
書籍 (7件):
  • 現代地政学事典
    丸善出版 2020
  • 日本研究をひらく-「国際日本研究」コンソーシアム記録集2018-
    晃洋書房 2019 ISBN:9784771032132
  • 教養としてのジェンダーと平和
    法律文化社 2016 ISBN:9784589037565
  • 人口・資源・領土-近代日本の外交思想と国際政治学-
    千倉書房 2015 ISBN:9784805110669
  • 日本の外交 第3巻 外交思想
    岩波書店 2013 ISBN:9784000285933
もっと見る
講演・口頭発表等 (16件):
  • The Malthusian Imprint on International Relations: Retrieving a Trans-Pacific Intellectual Dialogue on Japanese Population
    (ISA Annual Convention 2021 2021)
  • Mutual Assistance as National Culture? Undermining the Welfare State in 1970s Japan
    (Solidarity and Mutual Aid in Modern and Contemporary Japan (1603-2020) 2021)
  • Mutual restraint or perish altogether? Addressing demographic precarity in early twentieth-century Japan
    (第6回トランス・パシフィック・ワークショップ 2019)
  • Why not Mahan or Mackinder? The Japanese Preference for Deutsche Geopolitik
    (思想史と国際関係:20世紀初頭における日本と英米圏 2019)
  • 国際政治学の成立と地政学の受容:ラッツェル地理学の日本的・政治学的展開
    (日本国際政治学会2018年度研究大会 2018)
もっと見る
学位 (2件):
  • 博士(学術) (東京大学)
  • 修士(学術) (東京大学)
所属学会 (2件):
日本国際政治学会 ,  日本政治学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る