研究者
J-GLOBAL ID:201501079185658644   更新日: 2022年04月29日

長野 博一

ナガノ ヒロカズ | Nagano Hirokazu
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (3件): 土木計画学、交通工学 ,  社会学 ,  防災工学
研究キーワード (6件): 都市政策 ,  都市計画 ,  地域デザイン ,  ユニバーサルデザイン ,  交通政策 ,  防災まちづくり
競争的資金等の研究課題 (1件):
  • 2022 - 2025 バリアフリーマップの共通プラットフォーム構築とUXデザイン手法に関する研究
論文 (18件):
  • 長野 博一, 吉田 樹. 買い物送迎を支える地域に合った移動の仕組み作り実践に関する研究. 土木学会論文集D3(土木計画学). 2022. 78. 6. II_695-II_703
  • Maiko Sugawara, Hirokazu Nagano, Tomoya Beppu, Tomoyuki Inagaki. Practical Challenges of Creating and Managing the “Barrier-Free Basic Plan” for Better Accessibility in Cities by Local Governments in Japan. Universal Design 2021: From Special to Mainstream Solutions. 2021
  • 長野 博一. 所有者不明土地の解消の方策について~都市計画の視点から~. 埼玉司法書士会会報2021Vol.80. 2021. 18-23
  • 長野 博一. 空き地空き家予防における司法書士の人材活用の可能性に関する研究. 都市計画論文集. 2020. 55. 3. 282-287
  • Lale Yang, Hirokazu Nagano, Mitsuhiro Okayasu. Experimentally and Numerically Analyzed Piezoelectric Characteristics of PZT Ceramics. Journal of Materials Science Research. 2018. 8. 1. 10-10
もっと見る
MISC (14件):
  • 長野 博一, 篠田 宗純. 巻頭インタビュー 子育て世代が求める道路とは 子育て世代のニーズに応えた道路のバリアフリー化・「安心」を目標とした施設拡充を. 道路 : road engineering & management review. 2019. 937. 16-21
  • 長野博一, 須藤孝. 空き家対策型まちづくりにおける司法書士の第三者的役割に関する研究. 土木計画学研究・講演集(CD-ROM). 2018. 57
  • 長野 博一. 多様な主体によるコミュニケーションの必要性と基本構想の課題. 福祉のまちづくり研究. 2018. 20. 1. 35-42
  • 長野 博一. 障害理解 あらためての問題提起:当事者参画の社会環境整備とは. 福祉のまちづくり研究. 2017. 19. 3. 80-82
  • 明渡隆浩, 長野博一, 庄子美優紀, 伊東英幸, 藤井敬宏. 子ども連れ世帯のバリア要因に基づく移動負担に関する研究. 土木計画学研究・講演集(CD-ROM). 2016. 53
もっと見る
書籍 (1件):
  • 福祉のまちづくりの検証 : その現状と明日への提案
    彰国社 2013 ISBN:9784395021086
学歴 (3件):
  • 2008 - 2011 日本大学 社会交通工学専攻 博士後期課程
  • 2001 - 2003 日本大学 社会交通工学専攻 博士前期課程
  • 1997 - 2001 日本大学 交通土木工学科
学位 (1件):
  • 博士(工学) (日本大学)
経歴 (3件):
  • 2022/04 - 現在 高崎経済大学 地域政策学部 地域政策学科 准教授
  • 2019/04 - 2022/03 福島大学 経済経営学類 特任准教授
  • 2005/04 - 2019/03 東京特別区 技術系
所属学会 (4件):
日本地域政策学会 ,  日本福祉のまちづくり学会 ,  土木学会 ,  日本都市計画学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る