研究者
J-GLOBAL ID:201501079430400488   更新日: 2020年08月31日

瀬尾 徹

セオ トオル | Seo Toru
研究分野 (1件): 耳鼻咽喉科学
研究キーワード (30件): 発生 ,  神経伝達物質 ,  再生 ,  神経細胞 ,  有毛細胞 ,  CGRP ,  細胞分裂 ,  in situハイブリダイゼーション法 ,  末梢性顔面神経麻痺 ,  免疫組織反応 ,  GAP-43 ,  シナプス ,  アポトーシス ,  NCAM-H ,  免疫組織化学 ,  電子顕微鏡 ,  SOD ,  内耳 ,  MAP-2 ,  神経回路形成 ,  聴覚器 ,  c-jun ,  NGF ,  鳥類 ,  聴覚上皮 ,  サイトカイン ,  オステオポンチン ,  カテプシンK ,  真珠腫性中耳炎 ,  成長因子
競争的資金等の研究課題 (6件):
  • 2017 - 2020 内耳耳石器障害の情動系に対する影響の解明
  • 2014 - 2017 聴覚器官としての球形嚢の役割-不可聴音の聴覚認知への関与-
  • 2012 - 2013 最新のめまいの診断と治療
  • 2004 - 2005 中耳内視鏡による難治性めまいの診断と治療
  • 1998 - 2000 聴覚器の発生および再生時における神経線維回路網形成に関する蛋白分子の解析
全件表示
論文 (11件):
  • Seo T, Shiraishi K, Kobayashi T, Fujita T, Saito K, Doi K. Recent and frequent vertigo attacks produce negative findings on furosemide-loading vestibular evoked myogenic potential testing in Meniere’s disease. Front Neurol. 2018
  • Fujita T, Saito K, Kashiwagi N, Sato M, Seo T, Doi K. The prevalence of vestibular schwannoma among patients treated as sudden sensorineural hearing loss. Auris Nasus Larynx. 2018
  • Seo T, Shiraishi K, Kobayashi T, Mutsukazu K, Fujita T, Saito K, Watanabe H, Doi K. Residual dizziness after successful treatment of idiopathic benign paroxysmal positional vertigo originates from persistent utricular dysfunction. Acta oto-laryngologica. 2017. 1-4
  • Seo T, Shiraishi K, Kobayashi T, Mutsukazu K, Fujita T, Saito K, Doi K. Revision of a furosemide-loading vestibular-evoked myogenic potential protocol for detecting endolymphatic hydrops. Acta oto-laryngologica. 2017. 1-5
  • Seo T, Saito K, Doi K. Intractable persistent direction-changing geotropic nystagmus improved by lateral semicircular canal plugging. Case reports in otolaryngology. 2015. 2015. 192764
もっと見る
MISC (66件):
経歴 (1件):
  • 2014 - 近畿大学 准教授
委員歴 (1件):
  • - 現在 日本めまい平衡医学会 評議員
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る