研究者
J-GLOBAL ID:201501084775674118   更新日: 2020年09月01日

河野 豊

カワノ ユタカ | Kawano Yutaka
所属機関・部署:
職名: 准教授
ホームページURL (1件): https://kaken.nii.ac.jp/d/r/80398320.ja.html
研究分野 (2件): 血液、腫瘍内科学 ,  消化器内科学
研究キーワード (21件): 造血幹細胞 ,  ストローマ ,  hTERT ,  鉄吸収試験 ,  BH3 profiling ,  造血幹細胞増幅 ,  鉄代謝 ,  末梢血 ,  調節性T細胞 ,  除鉄療法 ,  CD34 ,  ヒトストローマ ,  骨髄間質細胞 ,  クローン ,  CD133 ,  慢性移植片対宿主病 ,  Hepcidin ,  NASH ,  CXCR4 ,  CD34陰性細胞 ,  臍帯血
競争的資金等の研究課題 (9件):
  • 2017 - 2020 大腸癌のBH3プロファイリングによる抗がん剤耐性機序の解明及び新規治療法の開発
  • 2015 - 2018 NASHからの肝発癌における酸化的DNA傷害程度と修復能の検討と治療応用
  • 2014 - 2017 胃癌のBH3 プロファイリングに基づく新規抗がん剤感受性試験の開発および予後予測
  • 2013 - 2016 ナローバンドUVBによる制御性T細胞の誘導を介したGVHDに対する新規治療の開発
  • 2012 - 2013 慢性移植片対宿主病における調節性T細胞のBH3プロファイリング
全件表示
論文 (70件):
  • Kazuma Ishikawa, Yutaka Kawano, Yohei Arihara, Tomohiro Kubo, Kohichi Takada, Kazuyuki Murase, Koji Miyanishi, Masayoshi Kobune, Junji Kato. BH3 profiling discriminates the anti-apoptotic status of 5-fluorouracil-resistant colon cancer cells. Oncology reports. 2019. 42. 6. 2416-2425
  • Naotaka Hayasaka, Kohichi Takada, Hajime Nakamura, Yohei Arihara, Yutaka Kawano, Takahiro Osuga, Kazuyuki Murase, Shohei Kikuchi, Satoshi Iyama, Makoto Emori, et al. Combination of eribulin plus AKT inhibitor evokes synergistic cytotoxicity in soft tissue sarcoma cells. Scientific reports. 2019. 9. 1. 5759-5759
  • Masahiro Yoshida, Hiroto Horiguchi, Shohei Kikuchi, Satoshi Iyama, Hiroshi Ikeda, Akari Goto, Yutaka Kawano, Kazuyuki Murase, Kohichi Takada, Koji Miyanishi, et al. miR-7977 inhibits the Hippo-YAP signaling pathway in bone marrow mesenchymal stromal cells. PloS one. 2019. 14. 3. e0213220
  • Akira Sakurada, Koji Miyanishi, Shingo Tanaka, Masanori Sato, Hiroki Sakamoto, Yutaka Kawano, Kohichi Takada, Yusaku Nakabeppu, Masayoshi Kobune, Junji Kato. An intronic single nucleotide polymorphism in the MUTYH gene is associated with increased risk for HCV-induced hepatocellular carcinoma. Free radical biology & medicine. 2018. 129. 88-96
  • Yutaka Kawano, Koji Miyanishi, Satoshi Takahashi, Tomohiro Kubo, Kazuma Ishikawa, Shintaro Sugita, Kohichi Takada, Masayoshi Kobune, Tadashi Hasegawa, Junji Kato. Hepatitis C virus reactivation due to antiemetic steroid therapy during treatment of hepatocellular carcinoma. Journal of infection and chemotherapy : official journal of the Japan Society of Chemotherapy. 2017. 23. 5. 323-325
もっと見る
MISC (144件):
  • 河野 豊. 【肝胆膵疾患の最新の動向】B型肝炎について 診断や治療など. 臨床化学. 2020. 49. 2. 77-82
  • 河野 豊, 吉田 純一, 江口 有一郎. 歯科口腔外科大学附属病院における肝炎ウイルス感染及び肝機能異常症例の実態調査と課題. 日本消化器病学会雑誌. 2019. 116. 臨増総会. A369-A369
  • 松野 鉄平, 村瀬 和幸, 高田 弘一, 河野 豊, 平川 昌宏, 宮西 浩嗣, 小船 雅義, 加藤 淳二. 低用量IL2はBCL2の発現を誘導することでCD4制御性T細胞のアポトーシスを抑制する(Low-close interleukin-2 induces BCL2 expression and resistance to apoptosis in CD4 regulatory T Cells). 札幌医学雑誌. 2018. 87. 1-6. 49-61
  • 松野 鉄平, 田中 信悟, 宮西 浩嗣, 河野 豊, 中村 元, 坂本 拡基, 早坂 尚貴, 石川 和真, 村瀬 和幸, 高田 弘一, et al. Clostridium difficile肝膿瘍の1例. 肝臓. 2018. 59. 3. 180-186
  • 坂本 拡基, 宮西 浩嗣, 田中 信悟, 河野 豊, 中村 元, 高田 弘一, 加藤 淳二. Gd-EOB-MRIと動脈造影下CTでの多血化肝細胞癌描出能の違いにより治療方針の変更に至った2例. 日本消化器病学会雑誌. 2018. 115. 臨増総会. A388-A388
もっと見る
特許 (1件):
学位 (1件):
  • 医学博士 (札幌医科大学)
経歴 (1件):
  • 2012 - 2014 札幌医科大学 医学部 助教
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る