研究者
J-GLOBAL ID:201501085303176935   更新日: 2022年03月26日

荒巻 恵子

アラマキ ケイコ | Aramaki Keiko
所属機関・部署:
職名: 教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
研究分野 (2件): 教育学 ,  教育工学
論文 (18件):
  • ARAMAKI Keiko, SHIMODA Makoto, MOCHIZUKI Kota, MITSUISHI Hatsuo, MATSUDA Keiji. Professional Development Unique to University of Teacher Education: Case Study of the HATO Project. Bulletin of Tokyo Gakugei University, Division of Comprehensive Educational Science. 2022. 73. 639-653
  • 下田誠, 荒巻恵子, 三石初雄, 望月耕太, 松田恵示. 国立教員養成系大学・学部における大学教職員の専門性開発- 教職協働を中心に -. 東京学芸大学紀要 総合教育科学系. 2022. 73. 619-638
  • Keiko Aramaki, Makoto Shimoda, Kota Mochizuki, Hatsuo Mitsuishi, Keiji Matsuda. Professional Development among Universities of Education in Japan: Restructuring the Teacher Competence Framework. World Education Research Association Focal Meeting 2020+1. 2021
  • 荒巻 恵子. インクルーシブ教育学におけるカリキュラム開発研究 : 教職課程における「データサイエンス入門」. 帝京大学大学院教職研究科年報 = Annals of the Graduate School of Teacher Education, Teikyo University. 2021. 12. 61-80
  • 中田 正弘, 坂田 哲人, 町支 大祐, 荒巻 恵子. フィンランドの学校における教科横断的なカリキュラムづくりの取組 : カリキュラム・マネジメントの視点から. 保育・教育の実践と研究 : 初等教育学科紀要. 2021. 6. 47-54
もっと見る
MISC (47件):
  • 荒巻恵子. 教員と職員の専門性に関する調査データから探る実践性 -項目反応理論による専門性ニーズのパラメータ推定の検討-. 教員養成開発連携機構(北海道教育大学・愛知教育大学・東京学芸大学・大阪教育大学)研修・交流支援プロジェクト『令和3年度年次報告書』 22-34 2022年3月. 2022
  • 赤堀 博行, 荒巻 恵子, 國武 淳之介, 弘井 一樹, 星野 嘉之, 濵田 直樹, 三ノ輪 真人, 豊山 花林, 大山 衣絵, 安藤 幸恵, et al. 変化する社会と学校教育の役割. 帝京大学大学院教職研究科年報 = Annals of the Graduate School of Teacher Education, Teikyo University. 2021. 12. 117-140
  • 荒巻 恵子, 小関 禮子, 清水 静海, 細戸 一佳, 魚山 秀介, 中村 雅子, 粕谷 哉子. IRによる修了生との連携・協力体制づくりのための提案 : 縦断的修了生調査の再分析から. 帝京大学大学院教職研究科年報 = Annals of the Graduate School of Teacher Education, Teikyo University. 2021. 12. 81-98
  • 荒巻 恵子. 探究過程での対話における教師スキーム研究:-インクルーシブ教育学の対話的教育研究動向から-. 日本教育工学会研究報告集. 2021. 2021. 1. 1-6
  • 町支 大祐, 中田 正弘, 坂田 哲人, 荒巻 恵子. カリキュラム・マネジメントに関する教員の意識調査. 帝京大学大学院教職研究科年報 = Annals of the Graduate School of Teacher Education, Teikyo University. 2020. 11. 21-28
もっと見る
書籍 (2件):
  • インクルージョンとは、何か? : 多様性社会での教育を考える
    日本標準 2019 ISBN:9784820806585
  • 教師をめざす学生のための教育情報リテラシー15日間〈パート2〉
    現代図書 2016 ISBN:4434215183
講演・口頭発表等 (50件):
  • 実務家教員との協働による教員養成高度化 を目指した新たな大学院教育課程の開発 -大学院教育課程の現状と課題-
    (第28回大学教育研究フォーラム 2022)
  • 日本版教育対話分析のための教師スキーム開発
    (日本教師学学会第23回大会 2022)
  • 教員と職員の専門性に関する調査データから探る実践性 ー教員養成における実践性とは何か-
    (HATO研修・交流支援プロジェクトフォーラム 2022)
  • インクルージョンとは何か?
    (日本野外教育学会第24回大会 2021)
  • 国立教員養成系大学・学部における大学教職員の専門性開発-教職協働を中心に
    (令和2年度日本教育大学協会研究集会 2021)
もっと見る
経歴 (2件):
  • 2020/04 - 現在 東京学芸大学 教員養成開発連携センター 特命教授
  • 2020/04 - 現在 帝京大学 教職研究科 教授
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る