研究者
J-GLOBAL ID:201501095098208913   更新日: 2020年12月31日

新福 洋子

シンプク ヨウコ | Shimpuku Yoko
所属機関・部署:
職名: 教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (2件):
  • 日本学術会議若手アカデミー  副代表
  • Global Young Academy  Executive Committee
ホームページURL (1件): https://kaken.nii.ac.jp/d/r/00633421.ja.html
研究分野 (2件): 生涯発達看護学 ,  基礎看護学
研究キーワード (7件): 助産学 ,  アフリカ ,  妊娠期教育 ,  国際研究者交流 ,  国際協働 ,  タンザニア ,  タンザニア国際情報交換
論文 (32件):
もっと見る
MISC (108件):
  • 新福洋子. 看護の未来を彩る [DAY 9] 国連本部でのスピーチ. 医学界新聞. 2020. 3364
  • Global Young Academy. Beyond Boundaries: A global message from young scientists on COVID-19. 2020
  • 新福洋子. 看護の未来を彩る [DAY 8] 若手研究者支援のこれから. 医学界新聞. 2020. 3360
  • 新福洋子. 看護の未来を彩る [DAY 7] セクシュアルヘルス. 医学界新聞. 2020. 3356
  • 新福洋子. 看護の未来を彩る [DAY 6] ドクター・ムクウェゲ. 医学界新聞. 2019. 3351
もっと見る
書籍 (3件):
  • 母性看護 第2版.(パーフェクト臨床実習ガイド)
    昭林社 2017
  • 博士になったらどう生きる?-78名が語るキャリアパス-
    勉誠出版 2017
  • トライ!看護にTBL. チーム基盤型学習の基礎のキソ
    医学書院 2016
講演・口頭発表等 (90件):
  • 若手研究者活躍推進委員会 サマースクール2019 「グローバル・ヘルスの実践・研究を体感しよう!-課題解決を目指す協働とは-」実践報告
    (第34回日本助産学会学術集会 2020)
  • Career path with a mission
    (The AAAS Annual Meeting 2020)
  • High-Level Panel on: Digital Economy and Society: STI for Sustainable Development
    (The 5th International Day of Women and Girls in Science Assembly 2020)
  • アフリカを癒す:健康とは何か
    (京都大学アフリカ地域健康資料センター公開講座 2019)
  • タンザニア農村部の小学生の問題解決意欲と学習効果
    (第34回日本国際保健医療学会学術大会 2019)
もっと見る
学歴 (2件):
  • 2006 - 2010 イリノイ大学シカゴ校 看護学研究科
  • 1998 - 2002 聖路加看護大学 看護学科 助産学専攻
学位 (2件):
  • PhD (University of Illinois at Chicago)
  • BSN (聖路加看護大学)
経歴 (7件):
  • 2020/03 - 現在 広島大学 医系科学研究科 教授
  • 2018/04 - 2020/02 京都大学大学院 医学研究科 人間健康科学系専攻 家族看護学 准教授
  • 2012/04 - 2018/03 聖路加国際大学 看護学部 助教
  • 2011/12 - 2012/03 世界保健機関 東南アジア地域事務局 Family Health and Research インターン
  • 2010/06 - 2012/03 聖路加看護大学 看護開発研究センター 博士研究員
全件表示
委員歴 (12件):
  • 2020/04 - 現在 文部科学省研究振興局 人文学・社会科学を軸とした学術知共創プロジェクト審査委員会委員
  • 2019/06 - 現在 文部科学省 科学技術・学術審議会 学術分科会 人文学・社会科学特別委員会
  • 2019/06 - 現在 日本学術会議 日本の展望2020検討委員会 執筆委員
  • 2019/03 - 現在 日本助産学会 若手研究者活躍推進委員会
  • 2019/03 - 現在 文部科学省 科学技術・学術審議会 学術分科会
全件表示
受賞 (4件):
  • 2018/12 - 京都大学学際融合教育研究推進センター 学際研究着想コンテスト優秀賞 アフリカの女性にとって最も健康な出産につながる助産ケアとは何か?
  • 2016/12 - 日本国際保健医療学会 ベスト口演賞
  • 2012/10 - 全日本病院協会、日本病院会 明日の象徴 看護・保健部門
  • 2012 - 日本私立看護系大学協会 看護学研究奨励賞受賞
所属学会 (8件):
京都母性衛生学会 ,  聖路加看護学会 ,  日本遠隔医療学会 ,  国際開発学会 ,  日本母性衛生学会 ,  日本国際保健医療学会 ,  日本看護科学学会 ,  日本助産学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る