研究者
J-GLOBAL ID:201501096399858170   更新日: 2020年02月05日

濱口 弘太郎

ハマグチコウタロウ | Kotaro Hamaguti
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (1件): 民事法学
研究キーワード (2件): 損益相殺 ,  損害賠償法
競争的資金等の研究課題 (3件):
  • 2019 - 2023 国際比較による『利得禁止原則』の見直し~ドイツ・日本・そして東アジア~
  • 2016 - 2019 日独比較による損益相殺の効果に関する研究
  • 2013 - 2015 損害賠償法における損益相殺のあり方
論文 (5件):
  • 濱口 弘太郎. 成年年齢の引き下げと教育扶養. 名経法学 = Meikei Law Review. 2019. 43. 1-20
  • 濱口 弘太郎. 損害賠償法における損益相殺に関する総合的研究(2). 北大法学論集. 2016. 66. 5. 412-358
  • 濱口 弘太郎. 損害賠償法における損益相殺に関する総合的研究(4). 北大法学論集. 2016. 67. 1. 282-249
  • 濱口 弘太郎. 損害賠償法における損益相殺に関する総合的研究(3). 北大法学論集. 2016. 66. 6. 2130-2062
  • 濱口 弘太郎. 損害賠償法における損益相殺に関する総合的研究(1). 北大法学論集. 2015. 66. 4. 1226-1188
MISC (3件):
  • 濱口 弘太郎. 昭和60年法律第34号による改正前の厚生年金保険法に基づく障害年金の支分権の消滅時効の起算点. 名経法学 = Meikei Law Review. 2018. 40. 105-123
  • 濱口 弘太郎. 民事判例研究. 北大法学論集. 2017. 67. 5. 328-300
  • 濱口 弘太郎. 民事判例研究 自動車保険契約の人身傷害条項に基づき保険金を支払った保険会社による損害金元本に対する遅延損害金の支払請求権の代位取得の有無 自動車保険契約の人身傷害条項の被保険者である被害者に過失がある場合において上記条項に基づき保険金を支払った保険会社による損害賠償請求権の代位取得の範囲[最高裁第一小法廷平成24.2.20判決]. 北大法学論集. 2013. 64. 1. 52-16
講演・口頭発表等 (5件):
  • 昭和60年法律第34号による改正前の厚生年金保険法 に基づく障害年金の支分権の消滅時効の起算点
    (名古屋経済大学法学会 2018)
  • 抵当権の消滅時効~最判平成30年2月23日裁時1694号3頁を契機に~
    (名古屋大学民事判例研究会 2018)
  • 判例研究 最高裁平成27年3月4日大法廷判決民集69巻2号178頁
    (北海道大学民事法研究会 2016)
  • 損益相殺における加害者の主観
    (北海道大学民事法研究会 2014)
  • 損益相殺の要件に関する議論の変遷~損害保険金を中心に~
    (北海道大学民事法研究会 2013)
学歴 (3件):
  • 2012 - 2015 北海道大学 大学院法学研究科法学政治学専攻
  • 2009 - 2010 北海道大学 大学院法学研究科法律実務専攻(法科大学院の課程)中退
  • 2005 - 2009 北海道大学 法学部
学位 (2件):
  • 学士(法学) (北海道大学)
  • 博士(法学) (北海道大学)
経歴 (4件):
  • 2017/04 - 現在 名古屋経済大学 准教授
  • 2015/04 - 2017/03 北海道大学 助教
  • 2013/04 - 2015/03 日本学術振興会 特別研究員
  • 2010/04 - 2011/08 最高裁判所 司法修習生
委員歴 (3件):
  • 2019/04 - 現在 小牧市 個人情報保護審査会
  • 2019/03 - 現在 岐阜県後期高齢者医療広域連合 情報公開・個人情報保護審査会
  • 2017/10 - 現在 岐阜市 個人情報保護審議会
所属学会 (2件):
日本交通法学会 ,  日本私法学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る