研究者
J-GLOBAL ID:201501098899338907   更新日: 2021年05月15日

井奥 陽子

イオク ヨウコ | IOKU Yoko
所属機関・部署:
職名: 教育研究助手
ホームページURL (1件): http://geidai.academia.edu/YokoIOKU
研究分野 (2件): 美学、芸術論 ,  思想史
研究キーワード (12件): 予見 ,  占術 ,  初期近代 ,  近代 ,  バウムガルテン ,  マイアー ,  ヴォルフ学派 ,  修辞学 ,  ドイツ ,  18世紀 ,  啓蒙 ,  美学
競争的資金等の研究課題 (6件):
  • 2019 - 2023 近代ドイツ美学と占術の交叉に関する思想史的研究
  • 2019 - 2022 詩学的虚構論と複数世界論の交叉の系譜的研究
  • 2019 - 2020 『バウムガルテンの美学』
  • 2015 - 2018 美学と弁論術の交叉:コモン・センスを中心に
  • 2015 - 2017 18世紀ドイツにおける美学の誕生:修辞学と論理学からみたバウムガルテン美学の研究
全件表示
論文 (10件):
  • 井奥陽子. A・G・バウムガルテンとG・F・マイアーにおける固有名とその詩的効果. 美学. 2019. 70. 1. 1-12
  • 井奥陽子. Rhetorik der Zeichen: A. G. Baumgartens Anwendung rhetorischer Figuren auf die bildende Kunst. Aesthetics. 2018. 22. 1-15
  • 井奥陽子. 【博士論文】バウムガルテン美学研究:一般修辞学を基礎とした芸術理論の構想. 東京藝術大学. 2018
  • 井奥陽子. ドイツ初期啓蒙主義における修辞学と哲学:ヴァイゼ、ファブリキウス、ヴォルフ、ブッデ. 美学と弁論術の交叉--コモン・センスを中心に(平成27-29年度科学研究費補助金(基盤研究C)研究成果報告書). 2018. 29-39
  • Yoko IOKU. Ausnahme und Vollkommenheit in A. G. Baumgartens Ästhetik und Metaphysik. Aesthetics. 2018. 21. 35-44
もっと見る
MISC (14件):
  • 上野大樹, 井奥陽子. 【対談】啓蒙時代における美学の誕生(2):井奥陽子『バウムガルテンの美学』をめぐって. KUNILABO note. 2021
  • 上野大樹, 井奥陽子. 【対談】啓蒙時代における美学の誕生(1):井奥陽子『バウムガルテンの美学』をめぐって. KUNILABO note. 2021
  • 井奥陽子. 【演奏会パンフレット/コラム】ライプツィヒ、芸術と自由を求める街. 今田篤・兼重稔宏ピアノデュオ・リサイタル(津リージョンプラザお城ホール/静岡音楽館AOI/カワイ表参道コンサートサロン「パウゼ」). 2019
  • A. G. バウムガルテン, 樋笠勝士, 井奥陽子, 津田栞里訳. 【翻訳】バウムガルテン『形而上学』(第四版)「経験的心理学」訳注:その6. 成城文藝. 2019. 247. 93(34)-107(20)
  • A. G. バウムガルテン, 樋笠勝士, 井奥陽子, 津田栞里訳. 【翻訳】バウムガルテン『形而上学』(第四版)「経験的心理学」訳注:その5. 成城文藝. 2018. 245. 59-71
もっと見る
書籍 (1件):
  • バウムガルテンの美学:図像と認識の修辞学
    慶應義塾大学出版会 2020
講演・口頭発表等 (18件):
  • バウムガルテンによる諸学の基礎づけ:形而上学から美学へ
    (日本哲学会第80回大会 公募ワークショップ 2021)
  • 近代ドイツにおける美学の誕生と古代レトリックの利用
    (JSPS科研費JP19H01247「近代国家の文化的アイデンティティ形成における古代表象の諸相」研究会 2021)
  • 神と詩人の世界創造:J. P. ウーツの教訓詩「弁神論」における神学的可能世界論と天文学的複数世界論の交錯
    (JSPS科研費JP19H01209「詩学的虚構論と複数世界論の交叉の系譜的研究」第5回研究報告会 2021)
  • Discussant for "Listening to Difference: Race, Culture, & Aesthetics in the German Enlightenment" by Tanvi Solanki
    (2nd EAIHN Online Seminar 2020)
  • 著者と語る 哲学オンライン対談(2): 井奥陽子『バウムガルテンの美学』をめぐって
    (みんなで読む哲学入門・特別編 2020)
もっと見る
学歴 (4件):
  • 2013 - 2018 東京藝術大学大学院 美術専攻 芸術学(美学)研究領域 博士後期課程
  • 2015 - 2016 マルティン・ルター大学ハレ・ヴィッテンベルク 哲学科
  • 2011 - 2013 東京藝術大学大学院 美術専攻 芸術学(美学)研究領域 修士課程
  • 2004 - 2008 大阪大学 人文学科 美学・文芸学専攻
学位 (1件):
  • 博士(美術) (東京藝術大学)
経歴 (10件):
  • 2021/04 - 現在 実践女子大学 非常勤講師
  • 2019/04 - 現在 東京藝術大学 教育研究助手
  • 2018/04 - 現在 二松学舎大学 非常勤講師
  • 2019/04 - 2021/03 日本女子大学 非常勤講師
  • 2019/04 - 2020/03 大阪大学 非常勤講師
全件表示
委員歴 (3件):
  • 2019/04 - 現在 美学会東部会 例会幹事
  • 2019/04 - 現在 東京藝術大学 美学・藝術論研究会 幹事
  • 2013/04 - 2018/03 東京藝術大学 美学・藝術論研究会 学生委員
受賞 (1件):
  • 2018/07 - 東京藝術大学 あさかぜ賞
所属学会 (4件):
日本18世紀学会 ,  待兼山芸術学会 ,  美学・藝術論研究会 ,  美学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る