研究者
J-GLOBAL ID:201501099093224991   更新日: 2020年08月31日

竹内 尚輝

タケウチ ナオキ | Takeuchi Naoki
所属機関・部署:
職名: 特任教員(准教授)
研究分野 (1件): 電子デバイス、電子機器
競争的資金等の研究課題 (9件):
  • 2020 - 2025 位相干渉を用いた多入力スピン波電子融合回路チップの開発
  • 2019 - 2024 可逆量子磁束回路を用いた熱力学的限界を超える超低エネルギー集積回路技術の創成
  • 2019 - 2024 量子超越性を実証する超伝導スピントロニクス大規模量子計算回路の創出
  • 2018 - 2023 超伝導シングルフォトンカメラによる革新的イメージング技術の創出
  • 2018 - 2021 磁性ジョセフソン接合を用いたプログラマブル断熱的超伝導回路の研究
全件表示
論文 (31件):
  • Y. He, N. Takeuchi, N. Yoshikawa. Low-latency power-dividing clocking scheme for adiabatic quantum-flux-parametron logic. Applied Physics Letters. 2020. 116. 18. 182602
  • N. Takeuchi, K. Arai, N. Yoshikawa. Directly coupled adiabatic superconductor logic. Superconductor Science and Technology. 2020. 33. 6. 065002
  • Y. He, S. Michibayashi, N. Takeuchi, N. Yoshikawa. Sharp-selectivity in-line topology LTS bandpass filter for superconducting quantum application. Superconductor Science and Technology. 2020. 33. 3. 035012
  • Y. He, C. Ayala, N. Takeuchi, T. Yamae, Y. Hironaka, A. Sahu, V. Gupta, A. Talalaevskii, D. Gupta, N. Yoshikawa. A compact AQFP logic cell design using an 8-metal layer superconductor process. Superconductor Science and Technology. 2020. 33. 3. 035010
  • C. Ayala, R. Saito, T. Tanaka, O. Chen, N. Takeuchi, Y. He, N. Yoshikawa. A semi-custom design methodology and environment for implementing superconductor adiabatic quantum-flux-parametron microprocessors. Superconductor Science and Technology. 2020. 33. 5. 054006
もっと見る
MISC (9件):
  • N. Takeuchi, F. China, S. Miki, S. Miyajima, M. Yabuno, N. Yoshikawa, H. Terai. Scalable readout interface for superconducting nanowire single-photon detectors using AQFP and RSFQ logic families. arXiv preprint. 2020. arXiv:2004.01380 [physics.ins-det]
  • T. Yamae, N. Takeuchi, N. Yoshikawa. Systematic method to evaluate energy dissipation in adiabatic quantum-flux-parametron logic. arXiv preprint. 2019. arXiv:1907.03962 [cs.ET]
  • N. Takeuchi, M. Aono, Y. Hara-Azumi, C. L. Ayala. A circuit-level amoeba-inspired SAT solver. arXiv preprint. 2018. arXiv:1812.11792 [cs.NE]
  • 竹内 尚輝. 超低電力マイクロプロセッサの実現に向けた 断熱型磁束量子パラメトロンの進展. 低温工学. 2017. 52. 5. 332-339
  • 山梨 裕希, 竹内 尚輝, 吉川 信行. 低電力超伝導集積回路研究の進展. 電気学会論文誌 A (基礎・材料・共通部門誌). 2016. 136. 12. 734-739
もっと見る
特許 (4件):
  • 断熱型量子磁束パラメトロン回路及び超伝導論理素子
  • 光子検出装置
  • 光子検出装置
  • 解探索装置およびプログラム
講演・口頭発表等 (205件):
  • Amoeba-Inspired Stochastic Hardware SAT Solver
    (International Symposium on Quality Electronic Design 2019 (ISQED2019) 2019)
  • Development of Parallel-to-Serial and Serial-to-Parallel Converters for Debugging Large-Scale AQFP Logic Circuits
    (2019年電子情報通信学会総合大会 2019)
  • 単一磁束量子回路を用いた振幅可変マイクロ波チョッパの設計
    (2019年電子情報通信学会総合大会 2019)
  • 可逆量子磁束パラメトロン回路を用いたDラッチの動作実証
    (第66回応用物理学会春季学術講演会 2019)
  • 断熱型量子磁束パラメトロン回路を用いた32-word by 1-bitレジスタファイルの設計と評価
    (第66回応用物理学会春季学術講演会 2019)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2011 - 2014 横浜国立大学 大学院工学府 物理情報工学専攻
  • 2008 - 2010 横浜国立大学 大学院工学府 物理情報工学専攻
  • 2004 - 2008 横浜国立大学 工学部 電子情報工学科
学位 (2件):
  • 博士(工学) (横浜国立大学)
  • 修士(工学) (横浜国立大学)
経歴 (5件):
  • 2015/03/01 - 現在 横浜国立大学 特任教員(准教授)
  • 2015/10 - 2019/03 科学技術振興機構 さきがけ研究者(兼任)
  • 2014/04 - 2015/02 情報通信研究機構 特別研究員
  • 2014/04 - 2015/02 日本学術振興会 日本学術振興会特別研究員
  • 2010/04 - 2011/09 ソニー株式会社 電子回路設計者
委員歴 (4件):
  • 2018/06 - 現在 電子情報通信学会, 超伝導エレクトロニクス研究会 専門委員
  • 2018/06 - 2020/05 電子情報通信学会, 超伝導エレクトロニクス研究会 幹事
  • 2020/05 - 第99回低温工学・超電導学会研究発表会 研究発表会実行委員会委員
  • 2020/01 - 2020年日本学術振興会超伝導エレクトロニクス第146委員会国際シンポジウム 幹事
受賞 (9件):
  • 2019/07 - 横浜国立大学 外部資金獲得研究者表彰
  • 2018/07 - 横浜国立大学 外部資金獲得研究者表彰
  • 2017/07 - 横浜国立大学 外部資金獲得研究者表彰
  • 2016/01 - 電子情報通信学会超伝導エレクトロニクス研究会 奨励賞
  • 2015/04 - 未踏科学技術協会 超伝導科学技術賞
全件表示
所属学会 (3件):
Institute of Electrical and Electronics Engineers (IEEE) ,  電子情報通信学会 ,  応用物理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る