研究者
J-GLOBAL ID:201501099575044915   更新日: 2020年11月30日

西塚 俊太

ニシヅカ シュンタ | Nishizuka Shunta
所属機関・部署:
職名: 専任講師
研究分野 (1件): 哲学、倫理学
研究キーワード (5件): 日本倫理思想史 ,  日本近代思想 ,  三木清 ,  西田哲学 ,  技術者倫理
競争的資金等の研究課題 (4件):
  • 2016 - 2017 京都学派の死生観における倫理思想-西田幾多郎と三木清の比較から
  • 2009 - 2010 京都学派内の相互影響から見た後期西田哲学の研究
  • 2009 - 2009 西田幾多郎を中心とする日本近代哲学の研究
  • 2008 - 2008 三木清を中心とする日本近代哲学の研究
論文 (11件):
  • 西塚俊太. 三木清の社会論の意義--西田哲学に対する独自性の探究--. 「法政哲学」. 2020. 16. 25-36
  • 西塚俊太. 『曾我物語』における敵討ちの動因-「実の父」の欠如と希求という観点から-. 『倫理学紀要』. 2019. 26
  • 西塚俊太. 『三河物語』における譜代意識の根底-「慈悲」と「情」と「武辺」との関係から-. 『倫理学紀要』. 2017. 24. 105-128
  • 西塚俊太. 「ひと」であること、「私」であること-三木清の「哲学的人間学」をめぐって-. 『倫理学論究』. 2014. 第2号. 1-16
  • 西塚俊太. 三木清の主体概念の研究のために. 『倫理学紀要』. 2014. 第21輯. 109-134
もっと見る
書籍 (3件):
  • 科学技術の倫理学II
    梓出版社 2015 ISBN:4872620364
  • 科学技術の倫理学
    梓出版社 2015 ISBN:4872620240
  • 日本哲学小史 - 近代100年の20篇 (中公新書)
    中央公論新社 2009 ISBN:4121020367
講演・口頭発表等 (7件):
  • 三木清の社会論の意義--西田哲学に対する独自性の探究--
    (法政哲学会第39回大会シンポジウム 「三木清の人生と思想-新資料を参考にしてー」 2019)
  • 提題:鵜沼裕子氏『近代日本キリスト者との対話-その信の世界を探る』
    (東京大学倫理思想史研究会 2018)
  • 「京都学派の死生観における倫理思想-西田幾多郎と三木清の比較から」
    (公益財団法人上廣倫理財団、研究報告会 2016)
  • 『三河物語』における譜代意識について
    (東京大学倫理思想研究会 2016)
  • 西田幾多郎の「自発自展する思想と文体」について
    (東京大学倫理思想研究会 2014)
もっと見る
学歴 (2件):
  • 2006 - 2010 東京大学 基礎文化研究専攻
  • 2006 - 2010 東京大学 基礎文化研究専攻
学位 (1件):
  • 博士(文学) (東京大学)
経歴 (6件):
  • 2020/04/01 - 2021/03/31 聖心女子大学 哲学科 非常勤講師
  • 2019/04/01 - 法政大学 文学部哲学科 専任講師
  • 2017/04 - 2019/03 和洋女子大学 人文学群日本文学文化学類 非常勤講師
  • 2014/04 - 2019/03 国際武道大学 非常勤講師
  • 2013/04 - 2019/03 日本大学理工学部 一般教育 非常勤講師
全件表示
所属学会 (6件):
法政哲学会 ,  実存思想協会 ,  日本思想史学会 ,  日本倫理学会 ,  西田哲学会 ,  比較思想学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る