{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年04月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
文献
J-GLOBAL ID:201502205790230213   整理番号:15A0251459

そろそろ,やめませんか?なぜ「運用でカバー」がダメなのか 第4章 運用現場の未来「運用でカバー」から「運用エンジニアリング」へ

著者 (1件):
資料名:
号: 292  ページ: 81-84  発行年: 2015年02月18日
JST資料番号: L3952A  ISSN: 0916-6297  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 解説  発行国: 日本 (JPN)  言語: 日本語 (JA)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
現場で問題が発生すると,運用でカバーしてしまうことが有りがちであるが,様々な悪影響がある。本特集では,いくつかの事例を分析して,それによりどのような悪影響が出ているのかを理解して,それを回避する方法を検討し,最後に将来を展望する。第4章では,将来展望を示す。第3章までで,「運用でカバー」を回避する方法を示した。しかし,運用業務への要求は,極めて高度な客観化を前提としたものに変化している。これに対するために,エンジニアリングにより「手運用」から「大量運用」へ変えていく必要がある。生産工学では,現場の主観にとらわれずに,客観的に見るために「データに語らせる」ことを重視している。また,生産ラインの複雑な関連を,人が理解しやすい形で表現すること「構造化」という。運用の現場においても,業務の「客観化」と「構造化」を意識することが重要であり,これが「運用現場の効率化」につながり,結果として「エンジニアリング」へと発展していく。ここでは,セキュリティと付加価値の観点から,「運用の未来」について検討し,「運用エンジニアリング」への展望を示す。
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

分類 (2件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
計算機システム運用管理  ,  CAI 
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る