{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2022年12月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2022年12月
文献
J-GLOBAL ID:201502208203878273   整理番号:15A1222638

ロバスト主成分分析を用いた動作雑音抑圧に基づく柔軟索状ロボットのための音声強調

著者 (8件):
資料名:
巻: 33rd  ページ: ROMBUNNO.2D2-05  発行年: 2015年09月03日 
JST資料番号: L4867A  資料種別: 会議録 (C)
記事区分: 原著論文  発行国: 日本 (JPN)  言語: 日本語 (JA)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
柔軟索状ロボットでは自身の走行雑音により被災者の声が聞き取りづらくなるうえ,走行雑音は接地面に依存するため事前の予測が困難だった。本研究では,繰り返し出現する周波数成分を除去できるロバスト主成分分析をマイクロホンアレイに適応し,共通成分を抽出することで,信号対雑音比の低い環境でもロバストに音声を強調する。実際にロボットを動作させて得られた録音データを用いた実験により,提案法を評価した。(著者抄録)
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

分類 (2件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
ロボットの設計・製造・構造要素  ,  音声処理 
引用文献 (13件):
  • A. Kitagawa et al. Development of small diameter Active Hose-II for search and life-prolongation of victims under debris. JRM, 15(5):474-481, 2003.
  • H. Namari et al. Tube-type active scope camera with high mobility and practical functionality. In IROS-2012, 3679-3686.
  • G. Ince et al. Incremental learning for ego noise estimation of a robot. In IROS-2011, 131-136.
  • T. Tezuka et al. Ego-motion noise suppression for robots based on semi-blind infite non-negative matrix factorization. In ICRA-2014, 6293-6298.
  • B. Cauchi et al. Reduction of non-stationary noise for a robotic living assistant using sparse non-negative matrix factorization. In SMIAE, 28-33, 2012.
もっと見る
タイトルに関連する用語 (5件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る