{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201502208417095560   整理番号:15A1041626

岩石磁気のためのパルス場磁気測定

Pulsed-field magnetometry for rock magnetism
著者 (1件):
資料名:
巻: 67  号: July  ページ: WEB ONLY  発行年: 2015年07月
JST資料番号: U0519A  ISSN: 1880-5981  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 短報  発行国: 日本 (JPN)  言語: 英語 (EN)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
0.7Tで10ミリ秒の持続時間のパルス場によって誘導されたバルク火山岩試料の動的磁化を測定するための改良方法を提案する。一対の誘導差動コイル,アナログ前置増幅器と積分器及び高速デジタルストレージスコープから成る感知システムで過渡磁化を測定する。このシステムを常磁性塩(Gd2O3)を用いて較正し,磁気特性が既に十分に記録されている様々な異なる種類の火山岩に対しての試験を行った。結果は,磁気特性の時間依存性を示唆するヒステリシスパラメータの小さな相違があったものの,振動試料型磁力計を用いて準静的な方法により測定したものと同等となった。提案システムは,短い間隔のパルス磁化のみならず,パルス後の急速な(約3ミリ秒)指数関数的減衰をももたらした。減衰の時定数は試験下の試料間で異なり,それらの磁気緩和時間の変化を示した。現在のシステムは,堆積物を含む天然試料の種類を特徴づけるには十分な感度をもたないが,岩石磁気のための汎用で便利なツールとしての可能性を秘めている。(翻訳著者抄録)
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

分類 (1件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
古地磁気・岩石磁気 
引用文献 (33件):
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る