{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201502220395521241   整理番号:15A1166205

異なるアクティブリカバリー方法がサッカー審判員の血中乳酸濃度に及ぼす影響

著者 (3件):
資料名:
巻: 26  号:ページ: 177-184  発行年: 2015年09月15日
JST資料番号: L5680A  ISSN: 1349-4414  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 日本 (JPN)  言語: 日本語 (JA)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
本研究の目的は,異なる3つのリカバリー方法が,血中乳酸濃度に...
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
,...
準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
,...
   続きはJDreamIII(有料)にて  {{ this.onShowAbsJLink("テキストリンク | 文献 | JA | PC", "JDreamIII(抄録)", "http://jdream3.com/lp/jglobal/index.html?docNo=15A1166205&from=J-GLOBAL&jstjournalNo=L5680A") }}
分類 (1件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
スポーツ医学 
引用文献 (32件):
  • Andersson H, Raastad T, Nilsson J, Paulsen G, Garthe I, Kadi F: Neuromuscular fatigue and recovery in elite female soccer: effects of active recovery, Med Sci Sports Exerc, 40: 372-80, 2008.
  • 青木純一郎:クーリングダウンの生理学,Jpn.J.Sports Sci,7:628-630,1988.
  • Bahr R,Bizzini M,Fuller C,Graf-bauan T,Helsen W,Kirkendall D,Marquardt B,Peterson L:FIFA医学評価研究センター(F-MARC)サッカー医学マニュアル,財団法人日本サッカー協会,pp142-145,2007.
  • Baldari C, Videira M, Madeira F, Sergio J, Guidetti L: Blood lactate removal during recovery at various intensities below the individual anaerobic threshold in triathletes, J Sports Med Phys Fitness, 45: 460-6, 2005.
  • Baldari C, Videira M, Madeira F, Sergio J, Guidetti L: Lactate removal during active recovery related to the individual anaerobic and ventilatory thresholds in soccer players, Eur J Appl Physiol, 93: 224-30, 2004.
もっと見る
タイトルに関連する用語 (2件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る