{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201502239568268743   整理番号:15A0181396

屋久島の茶葉に含まれる微量元素とその地域性

著者 (4件):
資料名:
巻: 31  ページ: 27-31  発行年: 2014年12月15日
JST資料番号: L7480A  ISSN: 1346-2334  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 日本 (JPN)  言語: 日本語 (JA)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
屋久島では,温暖な気候の地域において,茶栽培が島の北部から南東部にかけて行われている。本研究では,屋久島で栽培された茶葉の微量元素含有量を測定し,静岡,九州で栽培された茶葉の微量元素含有量と比較した。また茶葉の品種間と地域ごとの特徴と微量元素含有量が,狭い地域の産地判別にも有効であるかを調べた。判別分析の散布図の結果から,屋久島,静岡,九州から採取した茶サンプルは,各地域ごとに特徴的なクラスターを形成することが示され,そして微量元素含有量に基づき起源を同定することが可能であることが示された。屋久島で採取した茶サンプルだけを分析したところ,地域間での差異は見られなかった。しかし,栽培地域を2つの地帯に分類すると,屋久島サンプルはMgとMn含量に基づき,北東エリアと南東エリアの2つのエリアに分類される。
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

分類 (2件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
し好料作物  ,  野菜とその加工品 
引用文献 (4件):
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る