{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201502268269752019   整理番号:15A0492727

Landsat画像を用いた中国福建省における竹林破壊の評価

Assessment of Bamboo Forest Damage in Fujian, China Using Landsat Images
著者 (4件):
資料名:
巻: 43  号:ページ: 51-58  発行年: 2015年03月
JST資料番号: S0805A  ISSN: 0389-6633  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 日本 (JPN)  言語: 英語 (EN)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
竹類は,中国において重要な天然資源である。竹林の破壊は,自然環境に深刻な脅威をもたらし,経済的損失を生み出す。衛星画像は,森林破壊を理解するうえで有用である。しかし,竹林の破壊を評価することを目的とした,衛星データを用いた森林モニタリングは限られている。本研究では,中国福建省における,竹林の破壊を評価することを目的として,1988年から2009年において収集された,5つのLandsatTM画像を用いた。竹林とその他のタイプの森林を区別するため,フィールド調査データに基づいた,教師付き分類法を適用した。健全な竹林と,10月の時点で破壊された竹林のスペクトルプロファイルの比較から,竹林の破壊の程度を推測するため,タッセルド・キャップ変換(「緑度」)を適用した。本研究により,竹林の変化のモニタリングにおいて,LandsatTMデータは有用であることが示された。そして,得られた結果より,タッセルド・キャップ変換の「緑度」バンドを用いて,破壊された竹林区画を抽出し,異常な竹林区画における破壊の度合いを推測することが可能であることを示した。(翻訳著者抄録)
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

分類 (3件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
リモートセンシング一般  ,  森林植物学  ,  自然保護 
引用文献 (26件):

前のページに戻る