研究者
J-GLOBAL ID:201601000092838424   更新日: 2021年10月26日

青森 達

アオモリ トオル | Tohru Aomori
所属機関・部署:
職名: 准教授
競争的資金等の研究課題 (12件):
  • 2018 - 2020 プラセボ効果の個体間変動要因:プラセボームとパーソナリティ解析による個別薬物療法
  • 2018 - 2020 ゲノム医療従事者の育成プログラム開発
  • 2018 - 2020 生活者にとって分かりやすい要指導・一般用医薬品添付文書の構成に関する研究
  • 2019 - 慢性呼吸器疾患治療の高度化と標準化に向けた吸入動作評価技術の開発研究
  • 2019 - AI を用いた医薬品の未承認・禁忌・適応外使用データベースの構築と医療安全への応用
全件表示
論文 (44件):
  • Arami T, Kawazoe H, Uozumi R, Hashimoto H, Egami S, Sakiyama N, Ohe Y, Nakada H, Aomori T, Ikemura S, et al. Effect of renin-angiotensin system inhibitors on pemetrexed plus platinum-induced hematological toxicities: A multicenter retrospective study using three propensity score analyses. Pharmazie. 2021. 76. 6. 266-271
  • Egami S, Kawazoe H, Hashimoto H, Uozumi R, Arami T, Sakiyama N, Ohe Y, Nakada H, Aomori T, Ikemura S, et al. Absolute Lymphocyte Count Predicts Immune-Related Adverse Events in Patients With Non-Small-Cell Lung Cancer Treated With Nivolumab Monotherapy: A Multicenter Retrospective Study. Frontiers in Oncology. 2021. 11
  • Nakada H, Aomori T, Mochizuki M. Effect of a lever aid on hand strength required for using a handheld inhaler correctly. International Journal of Pharmaceutics. 2021. 596
  • Hakamata J, Nakada H, Muramatsu H, Masuzawa K, Terai H, Ikemura S, Fukunaga K, Aomori T. Lorlatinib-induced visual and auditory hallucinations: A case report. Clinical Case Reports. 2021. 00. 1-4
  • Egami S, Kawazoe H, Hashimoto H, Uozumi R, Arami T, Sakiyama N, Ohe Y, Nakada H, Aomori T, Ikemura S, et al. Peripheral blood biomarkers predict immune-related adverse events in non-small cell lung cancer patients treated with pembrolizumab: A multicenter retrospective study. Journal of Cancer. 2021. 12. 7. 2105-2112
もっと見る
MISC (1件):
  • Aomori T, Mochizuki M. Genomic medicine from a team approach and the role of pharmacists. Yakugaku Zasshi. 2020. 140. 5. 649-650
書籍 (6件):
  • 「アンサングシンデレラ」・「治療薬マニュアル」コラボ小冊子
    医学書院 2020
  • 老年医学(上)-基礎・臨床研究の最新動向-
    日本臨牀社 2018
  • 早期臨床体験テキスト
    ネオメディカル 2017
  • 精神科領域におけるEBP. Progressive Pharmacist
    2010
  • 薬剤師による処方支援 ワルファリン投与における処方支援
    医薬ジャーナル 2008
もっと見る
講演・口頭発表等 (130件):
  • 薬学部と大学病院との連携に関する慶應義塾大学の取り組み
    (第31回日本医療薬学会年会 2021)
  • プラセボ効果の個体間変動要因に関する検討.
    (第31回日本医療薬学会年会 2021)
  • 実務実習記録による評価を行う領域におけるCOVID-19 pandemicの影響の検証
    (第31回日本医療薬学会年会 2021)
  • COVID-19 pandemic下における薬学実務実習の到達度評価を指標とした学修効果の検証
    (第31回日本医療薬学会年会 2021)
  • COVID-19 pandemic下の実務実習における代表的8疾患の服薬指導実習に対する影響の検証
    (第31回日本医療薬学会年会 2021)
もっと見る
受賞 (7件):
  • 2018/10 - 第7回日本くすりと糖尿病学会学術集会 優秀演題賞 糖尿病患者の服薬アドヒアランス不良リスク推定モデルの作成と介入支援ツールの構築 -患者への個別化対応実践のために-.
  • 2018/03 - 日本薬学会第138年会, 学生優秀発表賞 糖尿病患者におけるアドヒアランス影響因子に関する研究-内的要因としての病識に着目した探索的検討-
  • 2017/09 - 第2回日本薬学教育学会大会 優秀発表賞 薬学実務実習が実習生の専門知識(C1~C18)の定着及び新規構築に与える影響
  • 2015/09 - 第59回日本薬学会関東支部大会 優秀ポスター発表賞 アプレピタントによる補助療法ががん化学療法の治療経過に与える影響
  • 2012/06 - 日本食道学会 第66回日本食道学会学術集会優秀ポスター演題賞(メディカルスタッフ) 食道癌化学放射線療法における免疫栄養剤併用の有用性.
全件表示
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る