研究者
J-GLOBAL ID:201601000355515811   更新日: 2020年09月01日

古林 敬顕

Furubayashi Takaaki
所属機関・部署:
職名: 助教
研究分野 (1件): 熱工学
研究キーワード (5件): 低炭素社会 ,  再生可能エネルギー ,  ロジスティクス ,  バイオマス ,  エネルギーシステム
競争的資金等の研究課題 (2件):
  • 2016 - 現在 地域エネルギーシステムの設計
  • 2009 - 現在 バイオマスエネルギーシステムの最適設計
論文 (53件):
  • Furubayashi, Takaaki, Nakata, Toshihiko. Cost and CO2 reduction of biomass co-firing using waste wood biomass in Tohoku region, Japan. JOURNAL OF CLEANER PRODUCTION. 2018. 174. 1044-1053
  • 古林 敬顕, 佐藤 雄治, 中田 俊彦, 河西 英一. 施設配置問題を考慮した持続可能な木質バイオマスサプライチェーンの設計. 日本機械学会論文集. 2018. 84. 860. 17-00565-17-00565
  • Michio Tokuyama, Takaaki Furubayashi, Junichi Kawamura. Statistical-mechanical theory of self-diffusion in dilute suspensions of macroions. Physica A. 2017. 486. 681-700
  • Takaaki Furubayashi, Toshihiko Nakata. Design of the regional energy system in Japan for zero carbon and high resilience. Sustainable Development of Energy, Water and Environmental System (SDEWES) conference proceedings. 2017. 0418. 1-12
  • Takafumi Usui, Takaaki Furubayashi, Toshihiko Nakata. Induced technological change and the timing of public R&D investment in the Japanese electricity sector considering a two-factor learning curve. CLEAN TECHNOLOGIES AND ENVIRONMENTAL POLICY. 2017. 19. 5. 1347-1360
もっと見る
MISC (4件):
講演・口頭発表等 (131件):
  • シェアードカー移行に伴う地域エネルギーシステムの構造変化
    (第34回エネルギーシステム・経済・環境コンファレンス 2018)
  • 欧州型地域熱供給の特性と日本への導入ポテンシャル評価
    (第34回エネルギーシステム・経済・環境コンファレンス 2018)
  • 導管熱密度を考慮した地域熱供給システムの設計
    (第34回エネルギーシステム・経済・環境コンファレンス 2018)
  • 世界と日本のフロー分析に基づく食料・エネルギーネクサス
    (第34回エネルギーシステム・経済・環境コンファレンス 2018)
  • 持続可能な自動車製造業に向けた工場近隣ゾーンの再生可能エネルギー利用システム設計
    (第34回エネルギーシステム・経済・環境コンファレンス 2018)
もっと見る
学位 (1件):
  • 博士(工学) (東北大学)
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る