研究者
J-GLOBAL ID:201601000428032598   更新日: 2020年09月01日

小林 佑理子

コバヤシ ユリコ | Yuriko Kobayashi
所属機関・部署:
職名: 准教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (2件):
  • 応用生物科学研究科  准教授
  • 連合農学研究科  准教授
ホームページURL (1件): http://www.abios.gifu-u.ac.jp/koyama/
研究分野 (1件): 植物栄養学、土壌学
研究キーワード (12件): 重金属 ,  トランスクリプトーム ,  GWAS ,  環境ストレス ,  シロイヌナズナ ,  ポリジーン系 ,  SNP ,  ナチュラルバリエーション ,  アルミニウムストレス ,  ゲノムワイド関連解析 ,  酸ストレス ,  酸性土壌耐性
競争的資金等の研究課題 (7件):
  • 2016 - 2018 ケミカルジェネティクスに基づく酸およびアルミニウムシグナル伝達の解明
  • 2014 - 2016 ゲノムワイド関連解析に基づく酸性土壌耐性の分子的理解
  • 2012 - 2016 ゲノムワイド関連解析に基づく酸性土壌耐性の分子的理解
  • 2012 - 2015 ゲノムワイド関連解析に基づく酸性土壌耐性の分子的理解
  • 2012 - 2015 ゲノムワイド関連解析に基づく酸性土壌耐性の分子的理解
全件表示
論文 (50件):
  • Ayan Sadhukhan, Takuo Enomoto, Yuriko Kobayashi, Toshihiro Watanabe, Satoshi Iuchi, Masatomo Kobayashi, Lingaraj Sahoo, Yoshiharu Y. Yamamoto, Hiroyuki Koyama. Sensitive to Proton Rhizotoxicity1 Regulates Salt and Drought Tolerance of Arabidopsis thaliana through Transcriptional Regulation of CIPK23. Plant and Cell Physiology. 2019. 60. 2113-2126
  • Liujie Wu, Ayan Sadhukhan, Yuriko Kobayashi, Naohisa Ogo, Mutsutomo Tokizawa, Raj Kishan Agrahari, Hiroki Ito, Satoshi Iuchi, Masatomo Kobayashi, Akira Asai, et al. Involvement of phosphatidylinositol metabolism in aluminum-induced malate secretion in Arabidopsis. Journal of Experimental Botany. 2019. 70. 3329-3342
  • Takuo Enomoto, Mutsutomo Tokizawa, Hiroki Ito, Satoshi Iuchi, Masatomo Kobayashi, Yoshiharu Y. Yamamoto, Yuriko Kobayashi, Hiroyuki Koyama. STOP1 regulates the expression of HsfA2 and GDHs that are critical for low-oxygen tolerance in Arabidopsis. Journal of Experimental Botany. 2019. 70. 3297-3311
  • Hiroki Ito, Yuriko Kobayashi, Yoshiharu Y. Yamamoto, Hiroyuki Koyama. Characterization of NtSTOP1-regulating genes in tobacco under aluminum stress. Soil Science and Plant Nutrition. 2019. 65. 251-258
  • Abhijit A. Daspute, Xian Yunxuan, Minghua Gu, Yuriko Kobayashi, Sopan Wagh, Archana Panche, Hiroyuki Koyama. Agrobacterium rhizogenes-mediated hairy roots transformation as a tool for exploring aluminum-responsive genes function. Future Science OA. 2019. 5
もっと見る
書籍 (1件):
  • The Molecular Physiology and Regulation of Aluminum Resistance in Higher Plants.
    2015
講演・口頭発表等 (12件):
  • ゲノム・トランスクリプトーム解析から見えた根の酸化ストレス応答とその多様性
    (日本土壌肥料学会2018年度神奈川大会 2018)
  • ゲノムワイド関連解析によってNIP1;1がH2O2感受性バリエーションに関与することが明らかになった
    (日本土壌肥料学会2017年度仙台大会 2017)
  • シロイヌナズナにおけるイオンストレス耐性の自然変異とトランスポーター遺伝子の関連
    (第12回トランスポーター研究会年会 2017)
  • 植物の環境適応戦略と微生物生存戦略の共進化
    (日本無菌生物ノートバイオロジー学会総会 2015)
  • ゲノムワイド関連解析によるシロイヌナズナの根の成長維持のための塩耐性に重要な遺伝子座の特定
    (日本土壌肥料学会 2015)
もっと見る
学歴 (2件):
  • 2003 - 2006 岐阜大学 連合農学研究科
  • 2001 - 2003 岐阜大学 農学研究科
学位 (1件):
  • 博士(農学) (岐阜大学)
経歴 (3件):
  • 2012 - 2015 岐阜大学 応用生物科学部 助教
  • 2008/04/01 - 2011/03/31 日本学術振興会特別研究員(PD)独立行政法人理化学研究所バイオリソースセンター
  • 2007/04/01 - 2008/03/31 王子製紙株式会社森林資源研究所
受賞 (9件):
  • 2018/08 - 日本土壌肥料学会2018年度神奈川大会 優秀ポスター賞 AtALMT1 のアルミニウム誘導を制御する転写因子STOP1 内部の調節領域に関する研究
  • 2015/09 - 日本土壌肥料学会2015年度京都大会 優秀ポスター賞 シロイヌナズナのアルミニウム応答する根からのリンゴ酸放出と代謝の関連性に関する研究
  • 2014/09 - 日本土壌肥料学会2014年度東京大会 優秀ポスター賞 シロイヌナズナにおけるアルミニウム及び低pH耐性のゲノムワイド関連解析
  • 2013/09 - 日本土壌肥料学会 2013年名古屋大会 優秀ポスター賞 アルミニウム応答性リンゴ酸トランスポーターALMT1遺伝子の転写制御機構の解析.
  • 2013/05 - 日本光合成学会2013年度大会 優秀ポスター賞 光防御関連遺伝子ELIP2プロモーターに含まれる, 強光, UV-B,低温ストレス応答を統合する制御配列
全件表示
所属学会 (3件):
日本無菌生物ノートバイオロジー学会 ,  日本植物生理学会 ,  日本土壌肥料学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る