研究者
J-GLOBAL ID:201601000504774213   更新日: 2020年06月08日

平田 章

Hirata Akira
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (5件): 応用生物化学 ,  応用微生物学 ,  分子生物学 ,  構造生物化学 ,  機能生物化学
研究キーワード (6件): 好熱菌 ,  RNA成熟 ,  アーキア ,  RNAポリメラーゼ ,  転写後修飾 ,  転写
競争的資金等の研究課題 (9件):
  • 2018 - 2021 高温環境の生命活動に必須であるRNA耐熱化機構の解明
  • 2015 - 2018 ダイマー型RNA成熟酵素の動的分子認識機構の解明
  • 2015 - 2017 アーキアの転写装置を利用した多段階転写反応の動的メカニズムの解明
  • 2013 - 2015 アーキア(古細菌)RNAポリメラーゼにおける転写開始機構および転写調節機構の解明
  • 2012 - 2014 RNAの耐熱性効果に関わるRNA成熟作用マシナリーの動的分子認識機構の解明
全件表示
論文 (9件):
  • Yokogawa T, Nomura Y, Yasuda A, Ogino H, Hiura K, Nakada S, Oka N, Ando K, Kawamura T, Hirata A, Hori H, Ohno S. Identification of a radical SAM enzyme involved in the synthesis of archaeosine. Nature chemical biology. 2019. 15. 12. 1148-1155
  • Hirata A, Okada K, Yoshii K, Shiraishi H, Saijo S, Yonezawa K, Shimizu N, Hori H. Structure of tRNA methyltransferase complex of Trm7 and Trm734 reveals a novel binding interface for tRNA recognition. Nucleic acids research. 2019. 47. 20. 10942-10955
  • Hirata A, Suzuki T, Nagano T, Fujii D, Okamoto M, Sora M, Lowe TM, Kanai T, Atomi H, Suzuki T, Hori H. Distinct Modified Nucleosides in tRNATrp from the Hyperthermophilic Archaeon Thermococcus kodakarensis and Requirement of tRNA m2G10/m2 2G10 Methyltransferase (Archaeal Trm11) for Survival at High Temperatures. Journal of bacteriology. 2019. 201. 21
  • Hirata A. Recent Insights Into the Structure, Function, and Evolution of the RNA-Splicing Endonucleases. Frontiers in genetics. 2019. 10. 103
  • Hori H, Kawamura T, Awai T, Ochi A, Yamagami R, Tomikawa C, Hirata A. Transfer RNA Modification Enzymes from Thermophiles and Their Modified Nucleosides in tRNA. Microorganisms. 2018. 6. 4
もっと見る
MISC (1件):
  • Kitajima T, Hirata A, Hori H. Enzymatic and Crystallographic Characterization of Archaeal tRNA Splicing Endonuclease. IEEE: Micro-NanoMechatronics and Human Science. 2009. 231-236
書籍 (5件):
  • アーキア生物学
    共立出版社 2017
  • アーキアのRNA合成・編集加工を担う分子装置の構造基盤の解明
    極限環境生物学会誌 2015
  • 微生物も免疫力がつく
    生物工学会誌 2014
  • Encyclopedia in Life Science
    Willey Interpress 2014
  • 古細菌の転写装置
    生化学会誌 2009
講演・口頭発表等 (57件):
  • Analysis of distinct modified nucleosides in tRNA from the hyperthermophilic archaeon Thermococcous kodakarensis provides insight into the requirement of specific tRNA modifications and their responsible genes for survival at high temperatures
    (Thermophiles2019 福岡 2019)
  • (超)好熱性アーキアのRNA修飾の研究
    (微生物ウィーク2019 東京大学農学部弥生講堂 2019)
  • Structure of tRNA methyltransferase complex of Trm7 and Trm734 provides insight into its novel bipartite interaction essential for tRNA recognition and 2 ́-O-methylation at the first position of anticodon in specific tRNAs
    (第21回日本RNA学会年会 東京大学伊藤国際学術研究センター 2019)
  • Methanosarcina acetivoransにおける修飾ヌクレオシドアーケオシン生合成経路の解明
    (第41回日本分子生物学会年会 パシフィコ横浜 2018)
  • Structure of yeast tRNA Nm34 methyltransferase Trm7-Trm734 complex reveals its novel bipartite interaction essential for 2'-O-methylation of N34 in the wobble position of three specific tRNA species
    (27th tRNA Conference 2018)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2001 - 2004 京都大学 大学院農学研究科農学専攻 博士後期課程
  • 1999 - 2001 京都大学 大学院農学研究科応用生命科学専攻 博士前期課程
  • 1995 - 1999 山口大学 農学部 生物資源科学科
経歴 (4件):
  • 2020/04 - 現在 徳島大学 准教授
  • 2013/04 - 2020/03 愛媛大学 講師
  • 2008/08 - 2013/03 愛媛大学 助教
  • 2004/04 - 2008/07 米国ペンシルバニア州立大学 博士研究員
委員歴 (2件):
  • 2015/08 - 現在 日本Archaea研究会 幹事
  • 2015/10 - 2019/09 極限環境生物学会 若手シンポジウム委員
受賞 (2件):
  • 2014/11 - 極限環境生物学会 第15回極限環境生物学会研究奨励賞
  • 2010/11 - 極限環境生物学会 第11回極限環境生物学会ポスター賞
所属学会 (5件):
日本Archaea研究会 ,  日本蛋白質科学会 ,  日本分子生物学会 ,  極限環境生物学会 ,  日本RNA学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る