研究者
J-GLOBAL ID:201601001173546033   更新日: 2024年07月07日

中野 佑樹

ナカノ ユウキ | Nakano Yuuki
所属機関・部署:
職名: 助教
ホームページURL (2件): https://www-sk.icrr.u-tokyo.ac.jp/~ynakano_s/index.htmlhttps://www-sk.icrr.u-tokyo.ac.jp/~ynakano_s/index_e.html
研究分野 (2件): 天文学 ,  素粒子、原子核、宇宙線、宇宙物理にする実験
研究キーワード (5件): マルチメッセンジャー ,  宇宙線ミューオン ,  太陽物理学 ,  放射線測定 ,  ニュートリノ
競争的資金等の研究課題 (15件):
  • 2024 - 2029 極低放射能技術の展開
  • 2024 - 2029 高解像度前置検出器とハイパーカミオカンデで実現するニュートリノ物理の新展開
  • 2024 - 2027 太陽模型構築と日震学理論に基づく太陽ニュートリノを用いた太陽g-mode振動探索
  • 2020 - 2025 太陽由来の反電子ニュートリノ事象を用いたローレンツ不変性を破る物理の探索
  • 2023 - 2024 地下素粒子実験を用いた 宇宙線ミューオンの電荷比と偏極の測定
全件表示
論文 (71件):
  • K. Abe, N. Akhlaq, R. Akutsu, A. Ali, S. Alonso Monsalve, C. Alt, C. Andreopoulos, M. Antonova, S. Aoki, T. Arihara, et al. Measurements of neutrino oscillation parameters from the T2K experiment using $$3.6\times 10^{21}$$ protons on target. The European Physical Journal C. 2023. 83. 9
  • Tomoaki Tada, Yuuki Nakano, Yusuke Koshio. Measurement of the kaon to pion production ratio with the Super-Kamiokande. Proceedings of 38th International Cosmic Ray Conference - PoS(ICRC2023). 2023
  • Yuuki Nakano, Tomoaki Tada, Hussain Kitagawa, Yusuke Koshio. Measurement of the charge ratio and polarization of cosmic-ray muon using the tagged decay-e events in Super-Kamiokande. Proceedings of 38th International Cosmic Ray Conference - PoS(ICRC2023). 2023
  • M. Shinoki, K. Abe, Y. Hayato, K. Hiraide, K. Hosokawa, K. Ieki, M. Ikeda, J. Kameda, Y. Kanemura, R. Kaneshima, et al. Measurement of the cosmogenic neutron yield in Super-Kamiokande with gadolinium loaded water. Physical Review D. 2023. 107. 9
  • K. Abe, Y. Hayato, K. Hiraide, K. Ieki, M. Ikeda, J. Kameda, Y. Kanemura, R. Kaneshima, Y. Kashiwagi, Y. Kataoka, et al. Search for Cosmic-Ray Boosted Sub-GeV Dark Matter Using Recoil Protons at Super-Kamiokande. Physical Review Letters. 2023. 130. 3
もっと見る
MISC (2件):
  • 中野 佑樹. スーパーカミオカンデの紹介と施設への放射性ラドンガスの影響について. 放射線化学. 2019. 108. 19-25
  • Koun Choi, K. Abe, K. Abe, Y. Haga, Y. Hayato, Y. Hayato, K. Iyogi, J. Kameda, J. Kameda, Y. Kishimoto, et al. Search for light WIMP captured in the Sun using contained events in Super-Kamiokande. Proceedings of the 33rd International Cosmic Rays Conference, ICRC 2013. 2013. 2013-October
講演・口頭発表等 (91件):
  • Super-Kamiokande検出器を用いた宇宙線ミューオンの電荷比と偏極測定の結果
    (日本物理学会 2023年春季大会 2023)
  • Measurement of the charge ratio and polarization of cosmic-ray muon using the tagged decay-e events in Super-Kamiokande
    (ICRC 2023 2023)
  • Search for neutrinos associated with solar flares in the Super-Kamiokande detector
    (International Conference on the Physics of the Two Infinities 2023)
  • ラドン検出器における湿度依存性の系統的な評価 (3)
    (日本物理学会 2023年春季大会 2023)
  • Super-Kamiokande検出器を用いた天体現象期限ニュートリノ探索結果と今後の展望
    (横浜国立大学 素粒子論セミナー 2022)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2013 - 2016 東京大学 大学院理学系研究科 物理学専攻 博士課程
  • 2011 - 2013 東京大学 大学院理学系研究科 物理学専攻 修士課程
  • 2007 - 2011 埼玉大学 理学部 物理学科
学位 (2件):
  • 修士(理学) (東京大学)
  • 博士(理学) (東京大学)
経歴 (6件):
  • 2024/04 - 現在 富山大学 学術研究部 理学系 物理プログラム 助教
  • 2023/10 - 2024/03 次世代ニュートリノ科学・マルチメッセンジャー天文学連携研究機構
  • 2021/09 - 2024/03 東京大学 宇宙線研究所 神岡宇宙素粒子研究施設 特任助教
  • 2019/04 - 2021/08 神戸大学 理学研究科 物理学専攻 粒子物理学研究室 特命助教
  • 2017/04 - 2019/03 東京大学 宇宙線研究所 特任研究員
全件表示
受賞 (2件):
  • 2021/03 - 第七回 「極低放射能技術」研究会 (LBGT2021) 優秀発表賞 Evaluation of radon adsorption efficiency values in xenon with activated carbon fibers
  • 2019/03 - Revealing the history of the universe with underground particle and nuclear research 2019 ポスター賞 Search for neutrinos in Super-Kamiokande associated with gravitational wave events
所属学会 (4件):
太陽研究者連絡会 ,  日本天文学会 ,  宇宙線研究者会議 (CRC) ,  日本物理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る