研究者
J-GLOBAL ID:201601001620446270   更新日: 2020年09月01日

郡司 卓

グンジ タク | Taku Gunji
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (1件): 素粒子、原子核、宇宙線、宇宙物理にする理論
研究キーワード (5件): ハドロン物理 ,  高エネルギー重イオン衝突 ,  QCD相転移 ,  クォークグルーオンプラズマ ,  クォーク物質
論文 (351件):
もっと見る
MISC (91件):
  • ALICE Collaboration. Charged-particle pseudorapidity density at mid-rapidity in p-Pb collisions at $\sqrt{s_{\rm{NN } } }$ = 8.16 TeV. 2018
  • ALICE Collaboration. Study of J/$ψ$ azimuthal anisotropy at forward rapidity in Pb-Pb collisions at $\sqrt{ { \textit s}_{\rm NN } }$ = 5.02 TeV. 2018
  • ALICE Collaboration. Jet fragmentation transverse momentum measurements from di-hadron correlations in $\sqrt{s}$ = 7 TeV pp and $\sqrt{s_{\rm{NN } } }$ = 5.02 TeV p-Pb collisions. 2018
  • ALICE Collaboration. $Λ_\mathrm{c}^+$ production in Pb-Pb collisions at $\sqrt{s_{\rm NN } } = 5.02$ TeV. 2018
  • ALICE Collaboration. Event-shape engineering for the D-meson elliptic flow in mid-central Pb-Pb collisions at $\sqrt{s_{\rm NN } } =5.02$ TeV. 2018
もっと見る
講演・口頭発表等 (54件):
  • 加速器で探る宇宙の始まりと物質の創生“原始宇宙と物質創生”
    (東京大学オープンキャンパス 2018)
  • 粒子物理実験におけるGPU の応用可能性 -ALICE実験を例に-
    (「異種デバイス高速結合型高密度データ収集システムの展望」 2018)
  • 高エネルギー重イオン衝突による物理
    (日本物理学会 2017)
  • Physics with heavy-ions and Dark Photon Searches at the LHC-ALICE experiment
    (apsen workshok on Particle Physics in 2017 : From the LHC to Dark Matter and Beyond 2017)
  • Frontiers of Quark-Gluon Plasma Physics with high-energy heavy-ion collisions
    (KMIコロキウム 2016)
もっと見る
経歴 (2件):
  • 2017/06 - 現在 東京大学大学院理学系研究科附属原子核科学研究センター 准教授
  • 2007/04 - 2017/05 東京大学大学院理学系研究科附属原子核科学研究センター 助教
委員歴 (1件):
  • 2018/01 - 2018/10 日米合同物理学会 プログラム委員
受賞 (2件):
  • 2009/09 - 原子核談話会 原子核談話会新人賞
  • 2007/05 - ブルックヘブン国立研究所 Thesis Honorable Mention Award
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る