研究者
J-GLOBAL ID:201601001721459160   更新日: 2021年05月04日

有馬 勇一郎

アリマ ユウイチロウ | Yuichiro Arima
所属機関・部署:
職名: 特任准教授
ホームページURL (1件): https://ircms.kumamoto-u.ac.jp
研究分野 (1件): 循環器内科学
研究キーワード (3件): ケトン体代謝 ,  発生生物学 ,  循環器内科学
競争的資金等の研究課題 (4件):
  • 2019 - 2022 DNAメチル化に注目した低出生体重児の成人後循環器疾患上昇メカニズムの解明
  • 2017 - 2019 出生児低体重モデルにおける心筋再生・病態応答能の検討
  • 2015 - 2017 発生学的考察に基づいた、低出生体重児の循環器リスクを明らかにする基盤技術の創出
  • 2013 - 2015 冠動脈固有の側副血行路形成過程を理解するための基礎研究と種間の相同性の探索
論文 (111件):
  • Kazuaki Maruyama, Kazuaki Naemura, Yuichiro Arima, Yasunobu Uchijima, Hiroaki Nagao, Kenji Yoshihara, Manvendra K Singh, Akiyoshi Uemura, Fumio Matsuzaki, Yutaka Yoshida, et al. Semaphorin3E-PlexinD1 signaling in coronary artery and lymphatic vessel development with clinical implications in myocardial recovery. iScience. 2021. 24. 4. 102305-102305
  • Taiki Nishihara, Eiichiro Yamamoto, Daisuke Sueta, Koichiro Fujisue, Hiroki Usuku, Fumi Oike, Masafumi Takae, Noriaki Tabata, Miwa Ito, Kenshi Yamanaga, et al. Impact of Reactive Oxidative Metabolites Among New Categories of Nonischemic Heart Failure. Journal of the American Heart Association. 2021. 10. 7. e016765
  • Nobuhiro Nakanishi, Koichi Kaikita, Masanobu Ishii, Naoto Kuyama, Noriaki Tabata, Miwa Ito, Kenshi Yamanaga, Koichiro Fujisue, Tadashi Hoshiyama, Hisanori Kanazawa, et al. Hemodialysis-related low thrombogenicity measured by total thrombus-formation analysis system in patients undergoing percutaneous coronary intervention. Thrombosis research. 2021. 200. 141-148
  • Yumi Kinugasa-Katayama, Yusuke Watanabe, Takashi Hisamitsu, Yuichiro Arima, Norika M Liu, Ayaka Tomimatsu, Yukihiro Harada, Yuji Arai, Akihiro Urasaki, Teruhisa Kawamura, et al. Tmem100-BAC-EGFP mice to selectively mark and purify embryonic endothelial cells of large caliber arteries in mid-gestational vascular formation. Genesis (New York, N.Y. : 2000). 2021. 59. 4. e23416
  • Hiroki Usuku, Eiichiro Yamamoto, Momoko Noguchi, Takashi Komorita, Masafumi Takae, Fumi Oike, Kenshi Yamanaga, Miwa Ito, Koichiro Fujisue, Daisuke Sueta, et al. Elevated C-reactive protein is significantly associated with left ventricular dysfunction in patients with aortic regurgitation and concomitant collagen disease. International journal of cardiology. 2021. 328. 152-157
もっと見る
MISC (129件):
  • 有馬勇一郎. 新生児期におけるケトン体合成能の意義. 日本応用酵素協会誌. 2020. 54
  • 松本英里香, 鬼木健太郎, 小倉正恒, 瀬口優里, 斉藤百香, 坂本優季, 今福匡司, 渡邊博志, 丸山徹, 大竹宏治, et al. 心筋梗塞でのコレステロール引き抜き能の臨床的意義を解明することを目指した探索的臨床研究. 日本薬学会年会要旨集(CD-ROM). 2020. 140th (Web)
  • 有馬勇一郎, 辻田賢一. 非アルコール性脂肪肝/脂肪肝炎と心血管病をつなぐ分子メカニズム. 日本動脈硬化学会総会・学術集会プログラム・抄録集(Web). 2020. 52nd
  • 福原茂朋, 弓削進弥, 西山功一, 有馬勇一郎, 花田保之, 花田三四郎, 石井智裕, 若山勇紀, 辻田和也, 横川隆司, et al. 血流に起因する内腔圧による創傷治癒過程の血管新生の新たな制御機構. 日本生化学会大会(Web). 2020. 93rd
  • 弓削進弥, 西山功一, 有馬勇一郎, 花田保之, 花田三四郎, 石井智裕, 若山勇紀, 辻田和也, 横川隆司, 三浦岳, et al. 内腔圧の機械的刺激により制御される創傷治癒での血管新生. 日本生化学会大会(Web). 2020. 93rd
もっと見る
講演・口頭発表等 (13件):
  • 心血管代謝におけるケトン体代謝の意義
    (第27日本血管生物医学会学術集会(血管代謝週間2019) 2019)
  • 冠動脈-冠静脈洞同時採血による心筋代謝解析
    (第127回日本循環器学会九州地方会 2019)
  • 心臓におけるケトン体合成能の意義
    (第67回日本心臓病学会学術集会 2019)
  • 新生児期のケトン体合成は翻訳後修飾を介してミトコンドリア機能を保護する
    (第8回日本DOHaD学会学術集会 2019)
  • Epigenetic Modification by Perinatal Environmental Stress and its Lifelong Effects to Cardiovascular Diseases
    (第83回日本循環器学会学術集会 2019)
もっと見る
学歴 (2件):
  • 2009 - 2013 東京大学大学院医学系研究科 代謝生理化学分野
  • 1998 - 2004 熊本大学 医学科
経歴 (10件):
  • 2021/04 - 現在 熊本大学 国際先端医学研究機構 心臓発生研究室 特任准教授
  • 2019/04 - 2021/03 熊本大学 国際先端医学研究機構 兼務教員
  • 2018/04 - 2021/03 熊本大学 生命科学研究部 循環器内科 助教
  • 2017/04 - 2018/03 熊本大学医学部附属病院 心血管先端治療寄附講座 特任助教
  • 2016/04 - 2017/03 熊本大学医学部附属病院 専門医療実践学寄付講座 循環器内科 特任助教
全件表示
委員歴 (1件):
  • - 現在 日本血管生物医学会 評議員
受賞 (7件):
  • 2021/03 - 日本心血管内分泌代謝学会 高峰譲吉研究奨励賞 ケトン体代謝を介した心血管代謝調節機構の解明
  • 2018/09 - 日本心臓病学会 YIA優秀賞
  • 2018/07 - 泰江賞
  • 2017/11 - アメリカ心臓病学会 Jay D. Coffman Early Career Investigator Award, Finalist
  • 2013/03 - 日本循環器学会学術集会 YIA優秀賞
全件表示
所属学会 (7件):
日本生化学会 ,  日本DOHaD学会 ,  日本血管生物医学会 ,  日本心血管内分泌代謝学会 ,  日本分子生物学会 ,  日本循環器学会 ,  日本内科学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る