研究者
J-GLOBAL ID:201601001800867932   更新日: 2020年09月01日

小峰 浩隆

Komine Hirotaka
所属機関・部署:
職名: 特別研究員
研究分野 (1件): 生態学、環境学
研究キーワード (6件): 奄美群島 ,  カエル ,  外来マングース ,  急速な適応的変化 ,  進化生態学 ,  保全生態学
競争的資金等の研究課題 (6件):
  • 2019 - 2020 島嶼環境への野生生物の急速な適応的変化-外来オオヒキガ エルでの検証-
  • 2017 - 2018 外来種によって駆動される、在来種の急速な生態的形質置換
  • 2015 - 2018 奄美大島における、外来マングースに対する在来種の急速な進化とその波及効果の解明
  • 2014 - 2015 奄美大島及び徳之島における絶滅危惧種アマミハナサキガエルの保全生態学的 研究
  • 2014 - 2014 Regional characteristics analysis of invasive mongoose and an estimation of their risk assesment for Amami-Oshima island in Japan.
全件表示
論文 (11件):
  • Hirotaka Komine, Bruna Elisa Trentin. Temporal changes in number of breeding individuals of the Amami tip-nosed frog. Current herpetology. 2020. 39. 1. 13-18
  • Hirotaka Komine. ODORRANA AMAMIENSIS (Amami Tip-nosed Frog) and ODORRANA SPLENDIDA (Amami Ishikawa’s Frog). INTERSPECIFIC AMPLEXUS. Herpetological Review. 2020. 51. 1. 100
  • Hirotaka Komine, Shinsuke Koike, Lin Schwarzkopf. Impacts of artificial light on food intake in invasive toads. Scientific Reports. 2020. 10. Article number: 6527
  • Hirotaka Komine, Keita Fukasawa, Munemitsu Akasaka, Yuya Watari, Noriko Iwai, Koichi Kaji. Rapid behavioural responses of native frogs caused by past predation pressure from invasive mongooses. Journal of Zoology. 2020. 310. 2. 126-134
  • Hirotaka Komine, Bruna Elisa Trentin, Shinsuke Koike. Relative abundance differences of two invasive toad species on Minami-daito and Kita- daito Islands Japan. Current herpetology. 2020. 39. 1. 38-46
もっと見る
講演・口頭発表等 (12件):
  • Rapid morphological change to the urban environment of invasive toad in Australia 都市環境への急速な形態変化_オーストラリアの外来オオヒキガエルでの検証
    (第66回日本生態学会大会 2019)
  • 進化を考慮した外来種管理の枠組みを検討する_シンポジウム 進化を考慮した応用生態学の展開:理論と実践 [S01-4]
    (第65回日本生態学会大会 2018)
  • Possibility of intergeneric ecological character displacement in Amami tip-nosed frog
    (日本生態学会第64回全国大会 2017)
  • Non-congeneric ecological character displacement of Amami tip-nosed frog in Japan
    (102nd Annual Meeting of the Ecological Society of America 2017)
  • アマミハナサキガエルにおける生態学的形質置換の可能性
    (日本爬虫両棲類学会第55回大会 2016)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2015 - 2019 国立大学法人東京農工大学 連合農学研究科
  • 2013 - 2015 国立大学法人東京農工大学 農学府自然環境保全学専攻
  • 2009 - 2013 国立大学法人東京農工大学 農学部地域生態システム学科
学位 (1件):
  • 博士(農学) (東京農工大学)
経歴 (5件):
  • 2020/05 - 現在 国立研究開発法人森林研究・整備機構 森林総合研究所 野生動物研究領域 特別研究員
  • 2019/04 - 2020/04 国立大学法人東京農工大学 グローバルイノベーション研究院 特任助教
  • 2019/12 - 2020/03 James Cook University visiting researcher
  • 2017/10 - 2018/04 James Cook University 訪問研究員
  • 2015/04 - 2018/03 日本学術振興会 特別研究員DC1
受賞 (8件):
  • 2020/03 - 国立大学法人東京農工大学 学術研究学生表彰
  • 2019/03 - 日本生態学会 第66回日本生態学会大会英語口頭発表 Excellent Award
  • 2017/04 - 国立大学法人東京農工大学 学術研究学生表彰
  • 2016/03 - 日本生態学会 第63回日本生態学会大会英語口頭発表 Excellent Award
  • 2015/11 - 国立大学法人東京農工大学 学業等成績優秀者に対する授業料免除
全件表示
所属学会 (2件):
日本生態学会 ,  日本爬虫両棲類学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る