研究者
J-GLOBAL ID:201601001800867932   更新日: 2021年12月13日

小峰 浩隆

Komine Hirotaka
所属機関・部署:
職名: 助教
研究分野 (1件): 生態学、環境学
研究キーワード (12件): 人間社会-野生生物の関係 ,  生態疫学 ,  マダニ-野生動物関係 ,  マダニ媒介感染症 ,  島嶼生態学 ,  外来オオヒキガエル ,  急速な適応的変化 ,  奄美群島 ,  カエル ,  外来マングース ,  進化生態学 ,  保全生態学
競争的資金等の研究課題 (7件):
  • 2021 - 感染リスクと生物多様性:都市化傾度による希釈効果仮説の検証
  • 2019 - 2020 島嶼環境への野生生物の急速な適応的変化-外来オオヒキガ エルでの検証-
  • 2017 - 2018 外来種によって駆動される、在来種の急速な生態的形質置換
  • 2015 - 2018 奄美大島における、外来マングースに対する在来種の急速な進化とその波及効果の解明
  • 2014 - 2015 奄美大島及び徳之島における絶滅危惧種アマミハナサキガエルの保全生態学的 研究
全件表示
論文 (15件):
  • Toru Taniwaki, Kyohei Watanabe, Hirotaka Komine, Kahoko Tochigi, Masanobu Yamane, Shinsuke Koike. Response of specialist and generalist predators to nonprogressive annual fluctuations in herbivorous insect populations. Biological Control. 2021. in press
  • WATARI, Y, KOMINE, H, ANGULO, E, DIAGNE, C, BALLESTEROS-MEJIA, L, COURCHAMP, F. First synthesis of the economic costs of biological invasions in Japan. NeoBiota. 2021. accepted
  • Hirotaka Komine, Noriko Iwai, Koichi Kaji. Rapid responses in morphology and performance of native frogs induced by predation pressure from invasive mongooses. Biological Invasions. 2021. in press
  • Hirotaka Komine, Bruna Elisa Trentin. Temporal changes in number of breeding individuals of the Amami tip-nosed frog. Current herpetology. 2020. 39. 1. 13-18
  • Hirotaka Komine. ODORRANA AMAMIENSIS (Amami Tip-nosed Frog). PREDATION. Herpetological Review. 2020. 51. 2. 301
もっと見る
講演・口頭発表等 (16件):
  • どこにどんなマダニが多いのか?環境と野生動物との関係
    (SADI (ダニと疾患のインターフェイスに関するセミナー) 2021)
  • SFTS をモデルとしたマダニ媒介感染症対策における生態学的アプローチ
    (SADI (ダニと疾患のインターフェイスに関するセミナー) 2021)
  • SFTS流行地域における、媒介マダニ-宿主動物-土地利用の関係
    (日本生態学会第68回全国大会 (2021年3月、岡山) 2021)
  • 島嶼環境への急速な形態変化-外来オオヒキガエルを用いた検証-
    (日本生態学会第67回全国大会 (2020年3月、名古屋) 2020)
  • Rapid morphological change to the urban environment of invasive toad in Australia 都市環境への急速な形態変化_オーストラリアの外来オオヒキガエルでの検証
    (第66回日本生態学会大会 2019)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2015 - 2019 国立大学法人東京農工大学 連合農学研究科
  • 2013 - 2015 国立大学法人東京農工大学 農学府自然環境保全学専攻
  • 2009 - 2013 国立大学法人東京農工大学 農学部地域生態システム学科
学位 (1件):
  • 博士(農学) (東京農工大学)
経歴 (6件):
  • 2021/05 - 現在 国立大学法人山形大学 学術研究院 農学部主担当 食料生命環境学科 助教
  • 2020/05 - 2021/04 国立研究開発法人森林研究・整備機構 森林総合研究所 野生動物研究領域 特別研究員
  • 2019/04 - 2020/04 国立大学法人東京農工大学 グローバルイノベーション研究院 特任助教
  • 2019/12 - 2020/03 James Cook University visiting researcher
  • 2017/10 - 2018/04 James Cook University 訪問研究員
全件表示
受賞 (8件):
  • 2020/03 - 国立大学法人東京農工大学 学術研究学生表彰
  • 2019/03 - 日本生態学会 第66回日本生態学会大会英語口頭発表 Excellent Award
  • 2017/04 - 国立大学法人東京農工大学 学術研究学生表彰
  • 2016/03 - 日本生態学会 第63回日本生態学会大会英語口頭発表 Excellent Award
  • 2015/11 - 国立大学法人東京農工大学 学業等成績優秀者に対する授業料免除
全件表示
所属学会 (2件):
日本生態学会 ,  日本爬虫両棲類学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る