研究者
J-GLOBAL ID:201601002525956691   更新日: 2020年08月29日

中村 信吾

ナカムラ シンゴ | Nakamura Shingo
所属機関・部署:
職名: ユニット長
研究分野 (3件): 植物分子、生理科学 ,  分子生物学 ,  遺伝育種科学
研究キーワード (6件): 量的形質遺伝子座 ,  自然変異 ,  コムギ ,  オオムギ ,  穂発芽 ,  種子休眠
競争的資金等の研究課題 (2件):
  • 2018 - 2023 オオムギの幅広い種子休眠性自然変異の基となる主要なQTL遺伝子の解析
  • 2013 - 2018 TRS1001 麦類穂発芽耐性遺伝子の単離と形質発現機構解明
論文 (37件):
もっと見る
MISC (30件):
  • 中村 信吾. コムギ種子休眠性研究の進展 1.MFT遺伝子. 「穂発芽被害ゼロをめざして」穂発芽研究会20周年記念誌. 2019. 34-42
  • 中村 信吾. オオムギ種子休眠性研究の進展 SD2 遺伝子. 「穂発芽被害ゼロをめざして」穂発芽研究会20周年記念誌. 2019. 26-33
  • 中村信吾, Mohammad Pourkheirandish, 森重弘美, 久保佑太, 中村雅子, 市村和也, 瀬尾茂美, 金森裕之, 呉健忠, 安藤露, et al. 世界初、オオムギ穂発芽耐性遺伝子SD2の特定. NARO 成果情報 2016. 2016
  • 中村信吾. ムギ類の穂発芽耐性に関与するMKK3遺伝子. 米麦改良. 2016. 9. 17-22
  • 佐藤和広, 小松田隆夫, 中村信吾. オオムギの休眠を制御する新たな仕組みを発見 -降雨による収穫前の発芽防止が可能に-. 岡山大学 プレスリリース. 2016
もっと見る
特許 (2件):
  • 植物の種子休眠性を支配する遺伝子およびその利用
  • 小麦種子休眠性に関与するMFT遺伝子及びその利用
書籍 (1件):
  • 『作物栽培大系』第3巻 麦類の栽培と利用
    朝倉書店 2011
講演・口頭発表等 (38件):
  • Effects of the two major seed dormancy QTL from wild barley’H602’ (Hordeum vulgare spontaneum) in the genetic background of the malting cultivar ‘Kanto Nakate Gold’.
    (14th International Symposium on pre-harvest sprouting in cereals 2019)
  • Grain dormancy genes responsible for preventing pre-harvest sprouting in barley and wheat
    (6th Seed dormancy symposium 2018)
  • 野生オオムギの種子休眠QTL解析
    (第21回穂発芽研究会 2017)
  • Pre-harvest Sprouting (PHS) Tolerance in Barley and Wheat
    (The 132nd meeting of the Japanese Society of Breeding. International workshop W01: Barley and wheat orthologous genes, their structure, function and application. 2017)
  • East Asia is a nursery for Pre-Harvest Sprouting (PHS) tolerance genes in wheat and barley.
    (33rd IPSR international symposium and 9th symposium on plant stress sciences 2017)
もっと見る
学位 (1件):
  • 博士(農学) (京都大学)
経歴 (5件):
  • 2016/04 - 現在 農研機構 次世代作物開発研究センター
  • 2002/04 - 2016/03 農研機構 作物研究所
  • 1997/04 - 2002/03 農林水産省東北農業試験場 品質評価研究室
  • 2000/06 - 2001/05 カリフォルニア大学サンタバーバラ校 分子、細胞、発生生物学部門 客員研究員
  • 1995/04 - 1997/03 農業生物資源研究所 科学技術特別研究員
委員歴 (4件):
  • 2019/08 - 現在 国際穂発芽シンポジウム 第15回国際穂発芽シンポジウム開催委員長
  • 2018/02 - 現在 Frontiers in Plant Science 編集委員(Review Editor in Plant Evolution and Development)
  • 2016/09 - 現在 国際穂発芽シンポジウム 国際委員
  • 2013/07 - 2015/07 人事院 国家公務員採用総合試験 試験専門委員
受賞 (2件):
  • 2016/03 - 日本育種学会 論文賞 Molecular and genealogical analysis of grain dormancy in Japanese wheat varieties, with specific focus on MOTHER OF FT AND TFL1 on chromosome 3A
  • 2012/09 - 農業・食品産業技術総合研究機構 NARO Research Prize 2012 小麦の種子休眠性を制御する遺伝子の同定と対立遺伝子を判別するDNAマーカーの開発
所属学会 (1件):
日本育種学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る