研究者
J-GLOBAL ID:201601002531051420   更新日: 2021年10月26日

五藤 大輔

ゴトウ ダイスケ | Goto Daisuke
所属機関・部署:
職名: 主任研究員
ホームページURL (2件): https://www.nies.go.jp/chiiki/goto_daisuke.html#tab0http://www.nies.go.jp/chiiki/en/goto_daisuke_en.html
研究分野 (3件): 大気水圏科学 ,  環境影響評価 ,  環境動態解析
研究キーワード (7件): 大気環境 ,  気象 ,  気候 ,  大気化学 ,  大気汚染 ,  物質輸送モデリング ,  エアロゾル
競争的資金等の研究課題 (12件):
  • 2021 - 2026 高分解能気候モデルを用いた短寿命気候強制因子による気候変動の定量的評価(S-20-1(3))
  • 2019 - 2024 階層的数値モデル群による短寿命気候強制因子の組成別・地域別定量的気候影響評価
  • 2020 - 2023 高時空間分解能観測データの同化による全球大気汚染予測手法の構築
  • 2019 - 2022 SGLI等によるエアロゾルデータ同化を活用した大気汚染予測システムの構築
  • 2018 - 2021 原子力事故データの総合解析による事故時の有害物質大気中動態評価法の高度化(1-1802)
全件表示
論文 (62件):
  • Sheng Fang, Shuhan Zhuang, Daisuke Goto, Xiaofeng Hu, Li Sheng, Shunxiang Huang. Coupled modeling of in- and below-cloud wet deposition for atmospheric 137Cs transport following the Fukushima Daiichi accident using WRF-Chem: A self-consistent evaluation of 25 scheme combinations. Environment International. 2022. 158. 106882-106882
  • Yueming Cheng, Tie Dai, Daisuke Goto, Hiroshi Murakami, Mayumi Yoshida, Guangyu Shi, Teruyuki Nakajima. Enhanced Simulation of an Asian Dust Storm by Assimilating GCOM-C Observations. Remote Sensing. 2021. 13. 15. 3020-3020
  • Tie Dai, Yueming Cheng, Daisuke Goto, Yingruo Li, Xiao Tang, Guangyu Shi, Teruyuki Nakajima. Revealing the sulfur dioxide emission reductions in China by assimilating surface observations in WRF-Chem. Atmospheric Chemistry and Physics. 2021. 21. 4357-4379
  • Chihiro Kodama, Tomoki Ohno, Tatsuya Seiki, Hisashi Yashiro, Akira T. Noda, Masuo Nakano, Yohei Yamada, Woosub Roh, Masaki Satoh, Tomoko Nitta, et al. The Nonhydrostatic ICosahedral Atmospheric Model for CMIP6 HighResMIP simulations (NICAM16-S): experimental design, model description, and impacts of model updates. Geoscientific Model Development. 2021. 14. 2. 795-820
  • Hao Wang, Tie Dai, Daisuke Goto, Qing Bao, Bian He, Yimin Liu, Toshihiko Takemura, Teruyuki Nakajima, Guangyu Shi. Simulating and Evaluating Global Aerosol Distributions With the Online Aerosol-Coupled CAS-FGOALS Model. Journal of Geophysical Research: Atmospheres. 2020. 125. 24
もっと見る
MISC (27件):
もっと見る
書籍 (1件):
  • Environmental Contamination from the Fukushima Nuclear Disaster
    Cambridge University Press 2019 ISBN:9781108475808
講演・口頭発表等 (39件):
  • 地球に存在する大気汚染物質を高解像度で計算可能なシミュレーションモデルの開発
    (SATテクノロジー・ショーケース 2021)
  • Multi-model ensemble simulation constrained by measurement datasets of atmospheric radioactive cesium released from the Fukushima accident
    (SNA+MC2020 2020)
  • Development of multi-model ensemble method for radionuclides released from Fukushima nuclear accident
    (2019 American Geophysical Union (AGU) Fall Meeting 2019)
  • Global aerosol simulations with a cloud-system resolving model
    (8th International EarthCARE science workshop 2019)
  • 全球高解像度エアロゾルシミュレーションを 対象としたモデル解像度の影響評価
    (日本気象学会2019年度秋季大会 2019)
もっと見る
学歴 (2件):
  • 2004 - 2009 東京大学大学院理学系研究科 地球惑星科学専攻
  • 2000 - 2004 京都大学理学部
学位 (1件):
  • 博士(理学) (東京大学大学院理学系研究科地球惑星科学専攻)
経歴 (3件):
  • 2016 - 現在 国立研究開発法人国立環境研究所 地域環境保全領域(旧地域環境研究センター) 主任研究員
  • 2012 - 2016 国立研究開発法人国立環境研究所 地域環境研究センター 研究員
  • 2009 - 2012 東京大学 大気海洋研究所 特任研究員
委員歴 (5件):
  • 2021/04 - 現在 名古屋大学宇宙地球環境研究所共同利用・共同研究委員会 専門委員会委員
  • 2016/07 - 現在 日本気象学会 SOLA編集委員
  • 2015/07 - 現在 大気環境学会 都市大気環境モデリング分科会幹事
  • 2014/06 - 現在 気象庁観測部 静止衛星データ利用技術懇談会•ひまわりデータ利用のための作業グループ(大気)委員
  • 2014/06 - 現在 茨城県科学技術振興財団 つくばサイエンスアカデミー会誌編集委員
受賞 (5件):
  • 2019/05 - 日本地球惑星科学連合 The Most Downloaded Paper Award 2019 Model depiction of the atmospheric flows of radioactive cesium emitted from the Fukushima Daiichi Nuclear Power Station accident
  • 2019/05 - 日本地球惑星科学連合 The Most Cited Paper Award 2018 Model depiction of the atmospheric flows of radioactive cesium emitted from the Fukushima Daiichi Nuclear Power Station accident
  • 2018/05 - 日本地球惑星科学連合 The Most Accessed Paper Award 2016 The Non-hydrostatic Icosahedral Atmospheric Model: description and development
  • 2018/05 - 日本地球惑星科学連合 The Most Cited Paper Award 2017 The Non-hydrostatic Icosahedral Atmospheric Model: description and development
  • 2015/10 - 一般財団法人高度情報科学技術研究機構 平成26年度HPCIシステム利用研究課題優秀成果賞 全球規模大気環境汚染に関わる統合環境モデリング
所属学会 (5件):
日本地球惑星科学連合 ,  日本大気化学会 ,  大気環境学会 ,  米国地球物理学連合 ,  日本気象学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る