研究者
J-GLOBAL ID:201601002536816808   更新日: 2024年07月12日

仲屋 友喜

ナカヤ ユウキ | Yuki Nakaya
所属機関・部署:
研究分野 (3件): ウイルス学 ,  分子生物学 ,  獣医学
研究キーワード (2件): 肝炎ウイルス ,  内在性レトロウイルス
競争的資金等の研究課題 (10件):
  • 2024 - 2027 cccDNA排除を目的とした新規レポーターウイルスによるHBs抗原放出阻害剤の探索
  • 2022 - 2025 免疫賦活およびウイルス宿主免疫抑制機構の抑制によるB型肝炎治療の開発
  • 2022 - 2025 Nucleotide analog製剤の宿主免疫賦活能を利用してB型肝炎のHBs抗原消失率向上を目指す治療法の開発および創薬に関する研究
  • 2021 - 2024 内在性レトロウイルス由来RNA核外輸送タンパク質の生理学的機能の解明
  • 2022 - 2023 HBV根治療法の開発に向けたHBVと宿主因子の相互作用の解明
全件表示
論文 (26件):
  • Yuki Nakaya, Daichi Onomura, Yuji Hoshi, Tomoko Yamagata, Hiromi Morita, Hiroaki Okamoto, Kazumoto Murata. Establishment of a hepatitis B virus reporter system harboring a HiBiT-tag in the PreS2 region. The Journal of Infectious Diseases. 2024
  • Ryogo Shimizu, Kazuhisa Murai, Kensuke Tanaka, Yuga Sato, Naho Takeda, Saki Nakasyo, Takayoshi Shirasaki, Kazunori Kawaguchi, Tetsuro Shimakami, Kouki Nio, et al. Nucleos(t)ide analogs for hepatitis B virus infection differentially regulate the growth factor signaling in hepatocytes. Hepatology Communications. 2024. 8. 1
  • Yuki Nakaya, Tsutomu Nishizawa, Hironori Nishitsuji, Hiromi Morita, Tomoko Yamagata, Daichi Onomura, Kazumoto Murata. TRIM26 positively affects hepatitis B virus replication by inhibiting proteasome-dependent degradation of viral core protein. Scientific Reports. 2023. 13. 1. 13584
  • Masato Yasuura, Yuki Nakaya, Hiroki Ashiba, Takashi Fukuda. Investigation on the applicability of a long-range reverse-transcription quantitative polymerase chain reaction assay for the rapid detection of active viruses. BMC Microbiology. 2022. 22. 1. 300
  • Yuki Nakaya, Takashi Fukuda, Hiroki Ashiba, Masato Yasuura, Makoto Fujimaki. Quick assessment of influenza a virus infectivity with a long-range reverse-transcription quantitative polymerase chain reaction assay. BMC INFECTIOUS DISEASES. 2020. 20. 1. 585
もっと見る
MISC (34件):
  • TRIM26 helps HBV replication by inhibiting proteasome-dependent degradation of HBV core protein. 肝臓. 2023. 64. Suppl.2. A530-A530
  • 仲屋 友喜, 本多 政夫, 村田 一素. 肝細胞特異的に高発現する内在性レトロウイルス由来因子の肝癌抑制機能. 肝臓. 2023. 64. Suppl.1. A398-A398
  • 仲屋 友喜, 村田 一素. 宿主免疫逃避機構の抑制による抗HBV効果の解析. 肝臓. 2022. 63. Suppl.2. A604-A604
  • 仲屋 友喜, 福田 隆史, 芦葉 裕樹, 安浦 雅人, 藤巻 真. 紫外線ランプによるインフルエンザウイルス殺菌効果の迅速評価手法-Examination of the sterilization effect of UV irradiation on influenza virus infectivity without cell culture-光・量子デバイス研究会・パワー光源システム技術. 電気学会研究会資料. OQD = The papers of technical meeting on optical and quantum devices, IEE Japan / 光・量子デバイス研究会 [編]. 2020. 2020. 41-45. 25-28
  • 安浦 雅人, 仲屋 友喜, 藤巻 真. 外力支援近接場照明(EFA-NI)バイオセンサによるインフルエンザウイルスの検出. 「センサ・マイクロマシンと応用システム」シンポジウム論文集 電気学会センサ・マイクロマシン部門 [編]. 2018. 35. 4p
もっと見る
特許 (2件):
講演・口頭発表等 (2件):
  • TRIM26 supports HBV replication by protecting core protein from proteasome-dependent degradation
    (10th Korea-Japan-Taiwan HBV RESEARCH SYMPOSIUM 2024)
  • HEPATITIS B VIRUS HIJACK HOST TRIM26 TO AVOID PROTEASOME-DEPENDENT DEGRADATION OF VIRAL CORE PROTEIN
    (The Liver Meeting® 2023 2023)
学歴 (2件):
  • 2008 - 2011 京都大学 大学院医学研究科 博士課程
  • 2002 - 2008 岩手大学 農学部獣医学科
学位 (2件):
  • 博士(医学) (京都大学)
  • 学士(獣医学) (岩手大学)
経歴 (10件):
  • 2022/10 - 現在 自治医科大学 医学部 感染・免疫学講座ウイルス学部門 講師
  • 2021/04 - 2022/09 自治医科大学 医学部 感染・免疫学講座ウイルス学部門 助教
  • 2019/04 - 2021/03 国立研究開発法人産業技術総合研究所(産総研) センシングシステム研究センター 主任研究員
  • 2017/10 - 2019/03 産業技術総合研究所 光センシンググループ 産総研特別研究員
  • 2017/04 - 2017/09 富山県農林水産総合技術センター 畜産研究所 養豚課 研究員(獣医師採用)
全件表示
受賞 (6件):
  • 2022/10 - 日本消化器関連学会機構 優秀演題賞 宿主免疫逃避機構の抑制による抗HBV効果の解析
  • 2013/04 - 独立行政法人日本学術振興会(学振) 日本学術振興会特別研究員(SPD)
  • 2011/10 - World Congress of Reproductive Biology Centre for Reproductive Genomics Poster Award
  • 2011/03 - 日本獣医学会 第151回日本獣医学会学術集会大会会長賞
  • 2010/04 - 独立行政法人日本学術振興会(学振) 日本学術振興会特別研究員(DC2)
全件表示
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る