研究者
J-GLOBAL ID:201601002924486356   更新日: 2019年09月07日

重村 美帆

shigemura miho
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (2件): 子ども学、保育学 ,  教育学
研究キーワード (3件): 保育者養成 ,  カリキュラム ,  保育学
論文 (6件):
  • 原井輝明, 重村美帆, 弘中陽子, 久光明美, 當銘美菜. 保育内容の指導における科目間連携の必要性. 人間生活科学研究. 2019. 54・55. 39-46
  • 重村美帆, 當銘美菜. 保育者理解から見る学生の保育観 -保育科学生は「保育原理」から何を学ぶのかー. 人間生活科学研究. 2019. 54・55. 29-37
  • 廿麻乃, 重村美帆, 久光明美, 徳永良枝. 「保育内容総論」を通した実習日誌の記述の変化. 人間生活科学研究. 2019. 54・55. 9-16
  • 重村美帆, 當銘美菜, 三島瑞穂. 「環境と生活をつなげる保育」に対する保育者の意識 -保育者の捉える三つの「環境」-. 人間生活科学研究. 2019. 54・55. 1-8
  • 弘中 陽子, 重村 美帆. 幼児の運動能力調査を行う保育現場の実態. 宇部フロンティア大学短期大学部人間生活科学研究. 2017. 53. 69-76
もっと見る
MISC (1件):
  • 江本 美帆. 幼児期後期における自己コントロールの発達と集団関係. 教育学研究紀要. 1999. 45. 1. 495-499
講演・口頭発表等 (7件):
  • 保育内容指導法における保育場面を想定した実践に向けた取り組み ~三領域「健康」「環境」「表現」の科目間連携によるワークシート作成~
    (日本保育学会 2019)
  • 子どもの「育つ力」を考える-10の姿の示す道筋-
    (私立幼稚園教育研究大会(山口県) 2018)
  • 乳幼児期の自己コントロールの発達と教師の指導力の質とは
    (私立幼稚園教育研究大会(山口県) 2017)
  • 保育科学生は保育原理から何を学ぶのか~保育者理解から見た保育観の変容~
    (日本保育学会 2017)
  • 保育記録から読み解く保育者の視点~からだの動きを楽しむ子どもの姿をどのように捉えるか~
    (日本発達心理学会 2017)
もっと見る
学歴 (2件):
  • 1998 - 2000 山口大学大学院 学校教育専攻学校教育専修
  • 1996 - 1998 山口県立大学 社会福祉学科
学位 (1件):
  • 修士(教育学) (山口大学大学院)
経歴 (2件):
  • 2009/04 - 現在 宇部フロンティア大学短期大学部
  • 2001/04 - 2009/03 社会福祉法人 藤山保育園
委員歴 (2件):
  • 2018/10 - 現在 宇部市教育委員会 教育委員
  • 2016/05 - 現在 宇部市子ども・子育て審議会 会長
所属学会 (3件):
日本保育者養成教育学会 ,  日本発達心理学会 ,  日本保育学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る