研究者
J-GLOBAL ID:201601003088228440   更新日: 2020年08月25日

山下 大介

ヤマシタ ダイスケ | Yamashita Daisuke
所属機関・部署:
職名: 助教
研究分野 (3件): 腫瘍診断、治療学 ,  腫瘍生物学 ,  脳神経外科学
研究キーワード (8件): 老化 ,  アンチエイジング ,  バイオマーカー ,  エクソソーム ,  グリオーマ幹細胞 ,  マイクロRNA ,  グリオーマ ,  脳腫瘍
競争的資金等の研究課題 (4件):
  • 2020 - 2021 グリオーマの腫瘍辺縁における再発様式の解明と治療戦略
  • 2015 - 2017 グリオーマ特異的miRNAの性状解析に基づいた新規治療法および診断マーカーの確立
  • 2015 - 2017 集束超音波による血液脳関門解放下での遺伝子導入による新たなグリオーマ治療の開発
  • 2015 - 2016 髄液中エクソソームのmicroRNA解析によるグリオーマ新規診断マーカーの開発
論文 (18件):
  • Daisuke Yamashita, Mutsuko Minata, Ahmed N Ibrahim, Shinobu Yamaguchi, Vito Coviello, Joshua D Bernstock, Shuko Harada, Richard A Cerione, Bakhos A Tannous, Concettina La Motta, et al. Identification of ALDH1A3 as a viable therapeutic target in breast cancer metastasis-initiating cells. Molecular cancer therapeutics. 2020
  • Daisuke Yamashita, Joshua D Bernstock, Galal Elsayed, Hirokazu Sadahiro, Ahmed Mohyeldin, Gustavo Chagoya, Adeel Ilyas, James Mooney, Dagoberto Estevez-Ordonez, Shinobu Yamaguchi, et al. Targeting glioma-initiating cells via the tyrosine metabolic pathway. Journal of neurosurgery. 2020. 1-12
  • Joshua D Bernstock, Stuart Ostby, Brandon Fox, Houman Sotoudeh, Andrew Janssen, Yun Jee Kang, Jason Chen, Veeranjaneyulu Prattipati, Galal Elsayed, Gustavo Chagoya, et al. Cauda equina syndrome in an ovarian malignant-mixed müllerian tumor with leptomeningeal spread. Clinical case reports. 2019. 7. 12. 2341-2345
  • Joshua D Bernstock, Omid Shafaat, Andrew Hardigan, Brandon M Fox, Lindsay S Moore, Gustavo Chagoya, Galal Elsayed, Florian Gessler, Adeel Ilyas, Daisuke Yamashita, et al. Angiosarcoma of the Temporal Bone: Case Report and Review of the Literature. World neurosurgery. 2019. 130. 351-357
  • James Mooney, Joshua D Bernstock, Adeel Ilyas, Ahmed Ibrahim, Daisuke Yamashita, James M Markert, Ichiro Nakano. Current Approaches and Challenges in the Molecular Therapeutic Targeting of Glioblastoma. World neurosurgery. 2019. 129. 90-100
もっと見る
MISC (89件):
  • 渡邉 英昭, 久門 良明, 田川 雅彦, 井上 明宏, 松本 調, 高野 昌平, 末廣 諭, 山下 大介, 瀬野 利太, 西川 真弘, et al. 【血行再建術1:CEA】高齢者におけるcarotid endarterectomy(CEA)の治療成績の検討. 脳卒中の外科. 2018. 46. 6. 416-421
  • 西川 真弘, 瀬野 利太, 麻生 健伍, 末廣 諭, 山下 大介, 高野 昌平, 松井 誠司, 水野 洋輔, 北澤 荘平, 國枝 武治. 側脳室内に発生したPilocytic astrocytomaの1例. Brain Tumor Pathology. 2017. 34. Suppl. 134-134
  • 西川 真弘, 瀬野 利太, 麻生 健伍, 末廣 諭, 山下 大介, 高野 昌平, 松井 誠司, 水野 洋輔, 北澤 荘平, 國枝 武治. 側脳室内に発生したPilocytic astrocytomaの1例. Brain Tumor Pathology. 2017. 34. Suppl. 134-134
  • 山下 大介, 田川 雅彦, 高野 昌平, 大上 史朗, 國枝 武治. Embosphereを用いた術前栄養血管塞栓術の検討. 脳血管内治療. 2016. 1. Suppl. S96-S96
  • 田川 雅彦, 山下 大介, 松本 調, 西川 真弘, 麻生 健伍, 柴垣 慶一, 渡邉 英昭, 久門 良明, 國枝 武治. 頸動脈ステント留置術時の術中IVUSの有用性. 脳血管内治療. 2016. 1. Suppl. S226-S226
もっと見る
特許 (1件):
講演・口頭発表等 (37件):
  • 複数本のEnterprise VRDを用いて治療した破裂椎骨動脈解離性動脈瘤の1例
    (STOROKE 2016 2016)
  • 神経膠腫の悪性度診断におけるMRSの有用性-連続100例による検討-
    (第39回 日本脳神経CI学会総会 2016)
  • エクソソーム内microRNAプロファイリングによるグリオーマ幹細胞特異的microRNAの同定
    (第33回 日本脳腫瘍学会学術集会 2015)
  • miR-340 acts as a tumor suppressor in tumorigenesis of human glioma-initiating cells by targeting tissue plasminogen activator
    (20th Annual Scientific Meeting and Education Day of the Society for Neuro-Oncology 2015)
  • 自験例によるanaplastic hemangiopericytoma の臨床病理学的特徴に関する検討
    (第74回 日本脳神経外科学会学術総会 2015)
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 2015 愛媛大学大学院 博士課程
  • - 2006 愛媛大学 医学科
学位 (1件):
  • 医学博士 (愛媛大学)
経歴 (8件):
  • 2020/04 - 現在 愛媛大学大学院 医学系研究科 脳神経外科学 助教
  • 2017/11 - 2020/03 アラバマ大学バーミングハム校 脳神経外科 博士研究員
  • 2017/04 - 2017/10 ブリガムアンドウィメンズホスピタル / ハーバード大学 脳神経外科 博士研究員
  • 2014/04 - 2017/04 愛媛大学大学院 医学系研究科 脳神経外科学 助教
  • 2014/06 - 2014/07 北海道大学 遺伝子病制御研究所 幹細胞生物学分野 特別研究学生
全件表示
受賞 (5件):
  • 2017/02 - 愛媛県医師会 第25回愛媛医学会賞
  • 2016/03 - 愛媛大学大学院医学系研究科 優秀論文賞
  • 2015/03 - 愛媛大学大学院医学系研究科 研究奨励賞
  • 2014/12 - 第32回 日本脳腫瘍学会学術集会 会長賞(優秀ポスター)
  • 2013/03 - 第5回 愛媛大学大学院医学専攻研究発表会 優秀研究賞
所属学会 (12件):
米国脳腫瘍学会 ,  日本脳腫瘍の外科学会 ,  日本神経内視鏡学会 ,  日本癌学会 ,  日本脳卒中学会 ,  日本脳腫瘍学会 ,  日本脳腫瘍病理学会 ,  日本脳神経外科コングレス ,  日本脳卒中の外科学会 ,  日本脳神経CI学会 ,  日本脳神経血管内治療学会 ,  日本脳神経外科学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る