研究者
J-GLOBAL ID:201601003530480456   更新日: 2021年07月18日

八木 謙次

八木 謙次
所属機関・部署:
職名: 講師
研究分野 (1件): 脳神経外科学
競争的資金等の研究課題 (1件):
  • 2015 - 2018 脳梗塞発症後のマクロファージ活性化とその制御による脳保護作用
論文 (61件):
  • Hirai S, Yagi K, Hara K, Kanda E, Matsubara S, Uno M. Postoperative recurrence of chronic subdural hematoma is more frequent in patients with blood type A. Journal of neurosurgery. 2021. In press
  • Koyama Hiroshi, Yagi Kenji, Hara Keijiro, Matsubara Shunji, Tao Yoshifumi, Uno Masaaki. Combination therapy using prothrombin complex concentrate and vitamin K in anticoagulated patients with traumatic intracranial hemorrhage prevents progressive hemorrhagic injury: a historically controlled study. Neurologia medico-chirurgica. 2021. 61. 1. 47-54
  • Yagi Kenji, Tao Yoshifumi, Hara Keijirou, Kanda Eiichiro, Hirai Satoshi, Takai Hiroki, Kinoshita Keita, Mimani Yukari, Miyazaki Yuko, Oyama Naoki, et al. Increased plasma plasmin-alpha2-plasmin inhibitor complex levels correlate with postoperative rebleeding after endoscopic surgery for spontaneous intracerebral hemorrhage. Acta neurochirurgica. 2020. 162. 12. 3129-3136
  • Koyama Hiroshi, Fujiwara Mika, Okita Shinya, Shirakawa Norihito, Yamada Hirotsugu, Ito Hiroyuki, Takagi Yasushi, Uno Masaaki, Yagi Kenji, Matsubara Syunji, et al. Cardiogenic cerebral embolism caused by a severe hypoglycemic attack: a case report. The Journal of Medical Investigation. 2020. 67. 3.4. 362-364
  • Yamada Shodai, Yagi Kenji, Hirano Kazuhiro, Uno Masaaki. Spontaneous improvement of secondary empty sella syndrome due to re-expansion of an intrasellar cyst: a case report. Surgical Neurology International. 2020. 11. 282. 1-4
もっと見る
特許 (1件):
  • イブジラストを有効成分とする脳動脈瘤の予防、 形成抑制又は治療剤
書籍 (5件):
  • 新人ナースがはじめに出会う脳卒中治療のくすり30 4.脳浮腫治療薬「Brain Nursing」
    メディカ出版 2019
  • 原因別、病型別の再発予防-脳出血-「脳卒中後の管理と再発・重症化予防」
    日本医事新報社 2019
  • 第12脳神経「後頭蓋窩の開頭とCEAとに必要な解剖」「第32回日本微小脳神経外科解剖研究会講演集」
    メデット 2018
  • 術後管理の基本「パーフェクトマスター 頸動脈狭窄症」
    メジカルビュー社 2017
  • 最新のエビデンス(外科系) STICH「分子脳血管病」
    先端医学社 2006
講演・口頭発表等 (16件):
  • 高齢者の頸椎・頚髄疾患
    (第33回日本老年脳神経外科学会 2020)
  • 繰り返し手術を行った脳性麻痺患者の頚髄症の1例
    (第34回日本脊髄外科学会 2019)
  • 脳出血患者における術後再出血とBlend sign の関係
    (Stroke 2019(第48回日本脳卒中の外科学会学術集会) 2019)
  • シャントを用いたCEA
    (Stroke 2019(第48回日本脳卒中の外科学会学術集会) 2019)
  • IC/MC tandem occlusionに対する血栓回収療法 -頸部病変に対するCAS firstの検討-
    (Stroke 2019(第44回日本脳卒中学会学術集会) 2019)
もっと見る
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る